行定監督ケータイドラマ、台湾映画祭で公式上映の快挙

2010年5月3日 5:00

記事全文

携帯電話専門放送局BeeTVで3月1日から配信中のドラマ「女たちは二度遊ぶ」が、6月25日に開幕する台湾映画祭で公式上映されることが、決まった。相武紗季、水川あさみ、小雪、優香、長谷川京子が、男の記憶に残る“忘れられない女たち”を演じるオムニバス作品。原作は芥川賞作家の吉田修一氏、メガホンは行定勲監督、安室奈美恵が主題歌を担当している。総ダウンロード数は累計900万を突破した人気作だが、劇場公開映画を上映する映画祭でケータイドラマが上映されること自体が快挙。「撮り方も演出も意識もすべて映画と変わっていません」と語っていた行定監督の考えが、海外映画祭に伝わった形だ。7月9日にはDVDリリースも決定している。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら