• トップ
  • エンタメ
  • 平野綾、声優花澤香菜にたじたじ「駅のトイレで紙を食べた」

平野綾、声優花澤香菜にたじたじ「駅のトイレで紙を食べた」

2010年5月1日 16:06

声優の平野綾らが1日、都内で劇場版「“文学少女”」の初日舞台あいさつに出席。物語の鍵を握る少女・朝倉美羽役の平野は、ひと癖ある役柄に「まったくこういうジャンルは初めてで。心に残る役でした」

記事全文

声優の平野綾(22)らが1日、都内で行われた劇場版「“文学少女”」の初日舞台あいさつに出席した。同名人気ライトノベルが待望の劇場版アニメとなりスクリーンに登場。文学を愛するあまり、本を食べてしまう主人公・天野遠子の声を担当する声優の花澤香菜(21)は「めちゃめちゃいいよ」とPR。遠子役のオーディションに挑むにあたり「とにかく出たいと思って。遠子は紙を食べるから、オーディション前に駅のトイレで紙を食べました。しょっぱかったー。おすすめしません」と衝撃の告白。物語の鍵を握る少女役の平野は、「私、実はオーディションは遠子さんで受けていて。でも、やっぱり私は美羽だなぁ」と花澤の気合いにたじたじだった。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら