岩崎良美30周年コンサートで熱唱。恋の話題には苦笑い

2010年3月4日 23:12

歌手で女優の岩崎良美が4日、都内でデビュー30周年記念コンサート。デビュー曲「赤と黒」、代表曲「タッチ」など21曲を熱唱し、「健康な限り歌っていきます」。恋は?の質問には「全然ないんですよね…」

記事全文

歌手で女優の岩崎良美(48)が4日、都内でデビュー30周年記念コンサートを開催した。250人の拍手と大歓声に声を詰まらせる場面もあったものの、デビュー曲「赤と黒」や代表曲「タッチ」など、全21曲を堂々と熱唱。「これからも、健康な限り歌っていきます!」と宣言し、深々と一礼した。30年間の活動を振り返り「今は歌もお芝居もすごく前向き。こういう時に節目を迎えられてうれしい」と笑顔を見せたが、恋は?の質問には「もう、全然ないんですよね…(男性が)寄って来ないです」とぽつり。昨年4月には姉の岩崎宏美(51)がゴールインしたが「最近『次は(良美の番)』とも言われなくなったんです。あきらめられた?」と苦笑いでため息をついた。

  • PR
  • PR

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら