ご挨拶

(2011/04/18)

東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


①.jpg          

日曜日に行いました、「日テレ気象予報士&そらジローの募金活動」、
本当に多くの方々にお越し頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
お預かりした募金は、「24時間テレビ東日本大震災緊急募金」へ募金させて頂きます。
皆様、ご協力ありがとうございました。

②.jpg

今の自分にできる事はとても小さな事ですが、
小さな事の積み重ねが大きな力になると信じて、これからも行動していきます。

救援、復旧作業が迅速に行われるためにも、どうか天気が穏やかでありますように。
そして、四季折々の花が咲き誇り、笑顔があふれる国へ復興することを願っています。


おしまいに私事で恐縮ですが、
この度3月末をもちまして日テレNEWS24を卒業致しました。
番組をご覧頂いている方々、支えてくれたスタッフ、
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

③.jpg


投稿者 寺田あかり


寒い日には  寺田あかり

(2011/03/04)

3月だというのに、この寒さ、
暖かさを味わった後なので、余計体にこたえますね。
外出するのが億劫な日に、うってつけの趣味を見つけました。
それは、「羊毛フェルト手芸」

写真①.JPG

フェルティングニードルという専用の針で、
羊毛フェルトをチクチク刺していくうちに、
カワイイ小物やお人形が出来上がるというもの。

写真②.JPG

チクチク具合によって、羊毛フェルトの風合いが変わってきます。
優しい肌触りとふんわりした可愛さ、あっという間にとりこ♪

写真③.JPG   

これらは、私と母の合作。
親子揃って黙々とチクチク針作業、
なんとも奇妙な光景に、父は苦笑。
そんな父の携帯ストラップは、もちろん羊毛フェルト(笑)

写真④.JPG

昨日はひな祭り、羊毛フェルトでおひな様を作れば良かったな~
来年チャレンジしてみようか・・・何せ、飽き性なもので、
この創作意欲が来年まで持続しているかどうかは、
誠に疑問です(汗)


投稿者 寺田あかり


モロッコ旅行記〈後編〉   寺田あかり

(2010/12/17)

モロッコで楽しみにしていたのが、
邸宅ホテル、「リヤド」に泊まること。

写真1.jpg

この小さな扉がリヤドの入り口、隠れ家みたいです。
自力でたどり着くことはもちろん出来ず、表の通りまで迎えに来てもらいました。
まるで一般家庭に遊びに来たような、温かいおもてなし。

写真2.jpg

客室はあわせて6室と、本当に小さなホテル、
その真ん中に、モロッコ建築が美しいパティオがあります。

写真3.jpg     写真4.jpg

パティオのプールでのんびりする時間はなく、
スークでの買い物のあと、急いで向かったのは、
スペシャルディナー「アラビアンナイト」。

写真5.jpg

レストランまでは、係の人に連れられて、テクテク歩いて移動。

写真6.jpg   

楽器の生演奏を聴きながらモロッコ料理を堪能したあとは、
出てきました、ヘビ使いのおじさん!

写真7.jpg           

ほれ~触ってみろ~と、どや顔のおじさんに、
触るくらい平気!と、人生初めて、へびにタッチ。
予想以上にザラザラ!思わず悲鳴を上げてしまった!!

写真8.jpg

続いて、胸元に置かれたものは、何でしょう・・・

写真9.jpg

さそりです。
改めて写真を見たら、鳥肌が立ちました。
だって、さそりですよ!!!
決して真似しないで下さいね(⇒しないかっ!?)

写真10.jpg

私のやせ我慢の笑顔で、まだ余裕があると思われたのか、
次は、へびを首に巻いてみろ、キスをしてあげろ、とまで!
それは、さすがに顔が引きつる・・・

写真11.jpg

その場のノリ!?Noといえないタイプ!?
とにかく、私、すべてやりましたよ!
アラビアンナイトで、本当に楽しみにしていたのは、
ベリーダンス☆

写真12.jpg

最後の最後に登場した、セクシーなベリーダンサー。
一緒に踊ろうと、声をかけてくれました。
マレーシアで体験レッスンを一度受けただけのド素人な私ですが、
見よう見まねで、踊りました。あ~楽しかった♪

写真13.jpg

    
モロッコでは、マラケシュのほか、
ワルザザートや、砂漠の町メルズーガにも足を延ばしました。
アトラス山脈を越える途中、
初めて飲んだモロッコのミントティー、

写真14.jpg     写真15.jpg

あまりの甘さに絶句したけど、
その後、様々な場所でミントティーをご馳走になり、
ベルベル人のお宅で頂いた際には、何杯もおかわりしました。

写真16.jpg     写真17.jpg

タジン鍋で有名なモロッコ料理、
チキンの煮込み、クスクスなど、とても美味しかったです。

写真18.jpg

写真19.jpg

写真20.jpg

さすがにタジン鍋は重すぎて、買って帰るのは断念・・・
小さなタジン鍋の置き物をいくつか購入。
割れないようにしっかり包んでくれたお店のおじさん、
無事に日本へ持ち帰りましたよ。

写真21.jpg      

今回の夏休みは、いつも以上に、
現地の人との交流が心に残った旅行でした。

スークでのアラブ式商談と、
ベリーダンスを完全にマスターしたら、また訪れたいな♪
あ、へびやさそりとの触れ合いは、当分結構です(笑)


投稿者 寺田あかり


モロッコ旅行記  寺田あかり

(2010/12/09)

今年の夏休みは、
アフリカ大陸の北西端に位置するモロッコ王国へ。
モロッコに決めた理由・・・?
・・・大好きな映画のロケ地になっていたから。
ハイ、本当にそれだけ。
旅の動機は、いつも単純なのです(笑)

①.jpg

マラケシュのメナラ空港、
この空港もロケ地になっていて、
空港に降り立った瞬間から、テンション上がりまくり!
モロッコ滞在中は、毎日がエキサイティング、
驚きの連続でした。

②.jpg

マラケシュ観光は、ジャマ・エル・フナ広場からスタート。
マラケシュのシンボル、「クトゥビア」を目印に、
あちこち歩き回りました。
昼間は、落ち着き払っている広場が、夜になると・・・

③.jpg     ④.jpg

屋台が並び、多くの人が集まって、一気にお祭りムード!
白い煙や湯気が立ち上り、熱気ムンムン!

⑤.jpg

たくさんある屋台の中で、
私が何回も利用したのが、オレンジジュースの屋台。
安くて新鮮で、本当においしかったです♪

⑥.jpg

レストランからの眺めも、これぞ異文化!

⑦.jpg

右に小さく見える塔が「クトゥビア」、夜空には月が輝き、
エキゾチックな雰囲気に酔いしれたのでした。

⑧.jpg
 
この広場の北側にはスークが広がっていて、世界最大とも。

⑨.jpg

丸2日、ショッピングに費やしましたが、全然時間が足りなかった!
スークの中は、まさに迷路で、同じお店に戻るのが至難のわざ。

⑩.jpg

品物には値札がついていないので、
すべてお店の人との交渉で値段が決まります。
これが思いのほか、時間がかかる(汗)

⑪.jpg     ⑫.jpg

「タカダノババ~」「サヨナラ~」「ノリコ~」
知っている限りの日本語を使って話しかけてくるモロッコ人。。。
高値で売りつけられたらどうしようと、
はじめはビクビクしていましたが、
買い物スイッチが入っちゃうと、もう無理!
誰か、私を止めてくれ~~~!

⑬.jpg     ⑭.jpg

お店の人も呆れ顔、どれにするか決めかねて、
このお店では、かごバッグを3個購入。
他のお店でも見つけて、合計6個ゲット。

⑮.jpg     ⑯.jpg

お店の人が、必ずといっていいほど、
最後に言う言葉は、「Are you happy?」
値段交渉しあって、最後にお互いハッピーだったら、
それですべてOK!という考えみたい。

⑰.jpg     ⑱.jpg

日本でも流行っているモロッコ雑貨、バブーシュやストールなど、
いろいろ購入してたら、あっという間に日が暮れてた。。。

⑲.jpg

やばい、やばい、このあとの予定が詰まってる!
急げ、急げ!

次回に続く。


投稿者 寺田あかり


土日メンバーで  寺田あかり

(2010/12/03)

ランチ会をしてきました。
塚田キャスターと小越キャスター、そして私、
日テレNEWS24、土日の夜メンバーです。

cafe.jpg

私たち、年齢が違いますし、星座もばらばら、
血液型も違えば、出身地も異なる。。。
違うからこそ、話が弾む、弾む♪
女子会らしく、「好みのタイプは?」の話でも盛り上がりました。
もちろん、3人とも全く違ったタイプ(笑)

それでも何か共通点はないかと、
プロフィールをチェックしてみた・・・
⇒ http://www.news24.jp/news24/caster.html

小越キャスター、苦手なことが「地図を見て歩くこと」
それ、わかるわ~!私も大の苦手(汗)
以前、小越さんとお店の前で待ち合わせしたとき、
私のほうがお店にたどりつけず、先に到着していた小越さんに
携帯電話でナビしてもらったことがある。。。私のほうが上をいってる!?

塚田キャスターは、どれどれ?・・・・・
「ヘビ・ヤモリ・トカゲ」
同感!私も苦手~!共通点あった~!と思ったら、
得意なものだった!!マジで!?
目を疑ったけど、確かに得意なものの欄に書いてある。。。
得意になった経緯が気になる~~~今度詳しくきいてみよう☆

ところで、決して得意にはなりませんでしたが、
私も先日、ヘビと触れ合ってきたんです。
次回のブログで報告します。
遅くなりましたが、夏休みの旅日記です。


投稿者 寺田あかり


晴れた日には  寺田あかり

(2010/11/11)

稲村ヶ崎.jpg

夕日を見に稲村ヶ崎へ行ってきました。
これだけ言うと、なんだかお洒落な感じに聞こえます!?
実際は、ただ寝坊しただけ(汗)

どういう事かといいますと、
文化の日といえば、晴れの特異日、
今年もやっぱり晴れて行楽日和だったわけですが、
その文化の日に、私が起きたのは午後1時30分。
いつも以上に寝坊してしまって自己嫌悪。
このまま一日を終わらせてしまってはダメだ、
せっかくの晴天を楽しもうと、
苦しまぎれに考えついた、おでかけプランなのです。

日の入りが早まっているこの時期、
果たしてサンセットまでに到着できるのか、かなり焦りましたが、
ご覧の通り、間に合った!

夕日1.jpg

自分の目にもしっかり焼き付けて・・・

夕日②.jpg

向かって右に見えるのが江の島です。

夕日③.jpg

とりあえず、目標を達成できてよかった。
ほっとしたのか、お腹がぐ~~~。。。
朝から何も食べていませんでした。

食堂.jpg

海沿いの食堂に入り、
新鮮なしらす丼と湘南風ロコモコを食べて、
お腹も満足。

しらす.jpg     ロコモコ.jpg

店を出る頃にはもう真っ暗で、そのまま家路についたのですが、
もっと早く起きていれば、
出かける前に洗濯できただろうし、
夕日の前に鎌倉の大仏を見る時間があったかも・・・
やっぱり「早起きは三文の徳」ですね!


投稿者 寺田あかり


終わる夏、終わらない夏  寺田あかり

(2010/08/23)

あまり夏らしくなかった去年に比べて、
今年の夏は、もう本当に暑すぎます!
冷房の効いた部屋でダラダラしてるに限るわ~~~

・・・そんな私ですが、急に思い立って行ってきました、
全国高等学校野球選手権大会。
そうだ!甲子園へ行こう!と決めたのは、試合の前夜。
朝いちの飛行機を手配して、いざ甲子園へ。

写真1.jpg

ちなみに、この日は、
神戸で久しぶりに猛暑日が復活、
大阪では、この夏初めて37度を超えた日。
普段、最寄りの駅に向かうだけで、
近所のスーパーに買い物に行くだけで、
へとへとにばててしまうのに、
この暑さ、果たして我慢できるのか・・・

相当な覚悟と、
思いつくすべての暑さ対策で臨んだので、
恐れていたほど、つらくはなかったです。

潮の香りを帯びた、甲子園名物の「浜風」が、
時折、すーっと涼しさを運んでくれたし、
なにより、高校球児のナイスプレーと勝利の喜びで、
暑かったことなんて、一気に吹っ飛んでしまいました。

久しぶりに訪れた甲子園球場は、
外壁のツタがなくて、なんだか新鮮。

写真3.jpg

通路を通って、球場内に入ったときの開放感とか、
アルプススタンドの一体感、
一試合も負けられない緊迫感、
すべてを生で感じることができて、本当によかったです。

先週で高校球児の夏は終わりましたが、
今年の暑い夏は、まだ終わりません。
もう暑いのはうんざりという方も、
まだまだ夏を満喫したい方も、
熱中症には十分ご注意を。


投稿者 寺田あかり


プーケット続編  寺田あかり

(2010/06/18)

写真1.jpg

しょっぱな、不気味な写真ですみません・・・
プーケット滞在中のある晩、部屋のあかりが消えました。
私の部屋だけでなく、ホテルの大部分が停電!
まあまあ、旅にアクシデントはつきものです(笑)

停電の間は、ホテルの敷地内にあるレストランへ。
ここは停電を免れた様子。

写真2.jpg

過去訪れた外国の中で、
食べ物が美味しかった国はたくさんありますが、
それでも、帰る頃には必ず日本食が恋しくなります。。。

写真3.jpg

うーん!美味しい!!!
今回は、帰国した今でも、タイ料理が食べたくてたまらない!
辛い料理、あまり得意じゃなかったんですが、
汗をかきながら辛いものを食べる人の気持ちが
やっとわかりました。
辛いけど止められない美味しさ、納得です。

写真4.jpg     写真5.jpg

写真6.jpg     写真7.jpg

タイ料理を味わっていると、照明が暗くなり、
キャンドルライトがロマンチック~~~~って、
はい、ここも一時停電しました(笑)

写真8.jpg

タイといえば象乗り、ということで、サファリツアーへ。
象の背中に揺られながら、ジャングルを散歩。

写真9.jpg     写真10.jpg

象のショーをみたり、えさをやったり、
半日まるまる、象と過ごしました。

写真11.jpg     写真12.jpg

さらに、タイといえば、微笑みの国。
ホテルの従業員さん、食料品店のおねえさん、
パトンビーチですれ違ったムエタイ選手も、
みんな最高の笑顔☆

写真13.jpg    写真14.jpg

写真15.jpg

タイ語のあいさつ、「サワッディー・クラップ(カー)」、
ありがとうの意味、「コップン・クラップ(カー)」、
この響きが何とも耳に心地よく、
言葉にも癒された今回の旅。

さあっ!次は、どこのビーチリゾートへ行こうかな。。。
おススメの場所があったら教えてください♪


投稿者 寺田あかり


至福のビーチリゾート  寺田あかり

(2010/06/10)

年々、東南アジアのビーチリゾートにひかれていく私・・・
今回は、アンダマン海の真珠と呼ばれる、
タイのプーケットに行って来ました。

写真1.jpg     写真2.jpg

今までは、なんちゃってスイマー、
ちょこっと足をつけておしまいでしたが、
今回は結構長い時間、海に入っていました。

写真3.jpg

私が訪れた時期は、
まだモンスーン(季節風)が弱くて、本当に穏やかな海。
青空に浮かぶ雲を眺めていると、
海からあがるタイミングが見つからない!

写真4.jpg       

ぷっかぷっかと海に浮かんでいると、なんでしょう、
地球に抱きしめられているような大きな安らぎを感じます。

写真5.jpg
           
デッキチェアで過ごすのも、楽しいひととき。
まわりは、本を読みながらくつろいでいる人が多く、
私も試してみましたが、せっかちなこの性分には合わない。。。(汗)

写真6.jpg

写真を撮ったり、フルーツをもらったり、人間観察したり・・・

写真7.jpg     写真8.jpg

せーので、船を沖に出す人達、大きなじゅうたんを売りに来る人、

写真9.jpg       

洋服を売る女性も突然現れて、
あれよあれよという間に、このドレスを着せてくれました。
でも、あまり似合っていないような。。。(笑)

写真10.jpg

ビーチでマッサージは、さすがに日焼けがやばいんじゃ!?
と不安に駆られつつも、結局、その場でマッサージを受けました。

写真11.jpg

照り返しの強いビーチで、何時間も過ごした割には、
それほど焼けていませんでした。
進化し続ける日焼け止めクリームに感謝♪

普段の生活でも、
しっかりUV対策しなくちゃ・・・
と、思いつつ、長くなってきたので、
プーケット日記、次回に続く。


投稿者 寺田あかり


20数年ぶり!  寺田あかり

(2010/05/10)

ゴールデンウイーク直前、ビーチリゾートに行ってきました。
でも、いまだに写真の整理がつかないので、
旅日記は近日公開!(→大げさ!?)

GWに入る前に体力とお金を使ってしまったので、
連休中はのんびりしようと思っていたのですが、
外に出かけないでいるには、もったいないほどの日差し・・・

東京、今年のGW(4月29日~5月5日)の天気を振り返ってみると、
1985年以来、25年ぶりの晴天続きとなりました。

そんな中、救いのメールが・・・
都内に一軒家を購入した友人が、
お披露目BBQパーティーを開いてくれました。
屋外でちゃんとしたバーベキューをするのは、
本当に久しぶり(→おそらく、23年ぶり!?)

といっても、私がした事といえば、
炭に火をつける友人を見守り。。。

写真1.JPG

せっせとお肉を焼く友人を背に、
モリモリ食べて飲んで。。。

写真2.JPG     写真3.JPG

庭の緑と風があまりにも気持ち良く、気分はinハワイ!?
友人からフラを習ってみたり。。。

写真4.JPG

楽しいGWの思い出ができました♪

今年の大型連休、最長で11日間という方も、
きょうからは、さすがにお仕事でしょうか。
連休中は、日に日に暑さが増していましたが、今週はクールダウンです。
うっかり薄着で、風邪をひかないようにしてくださいね。


投稿者 寺田あかり


久々の更新です!  寺田あかり

(2010/05/06)

こちらのブログ、すっかりごぶさたしておりました!

前回、私が更新したのは、お正月の話題・・・
気づけば、今年の3分の1が過ぎ去ってしまったんですね(汗)
はやい時の流れに、切なさと焦りを感じつつ、
この冬から春にかけての自分を振り返らせて頂きます。。。


結婚式1.JPG

結婚式2.JPG

1月のよく晴れた日、盛大な結婚披露宴に出席してきました。
美男美女のカップルにうっとり。
ご新婦のお母さまから、「いつも番組みてますよ~」と、
お声をかけて頂き、ダブルで幸せな気持ちになりました♪


東京タワー1.JPG

東京タワー.2.JPG

2月、母が遊びに来て、東京タワーのたもとで、ケーキをぺろり。
今回のメインイベントは、お笑いライブ。
親子そろってお笑い好きなのです。
エレベーターホールで、お目当ての芸人さんにばったり遭遇、
ちょこっと会話もできて、これまたハッピー♪


友人宅1.JPG

友人宅2.JPG

3月には、海のそばに新築の家を建てた友人を訪ねました。
もうすぐ出産予定の友人は、とってもキラキラしていました。
パスタ、サラダ、焼きたてのパンが美味しかった♪

4月は・・・これは、ちょっと長くなるので、
次回のブログで報告します。


気象的には、気温の変動が大きかった時期、
私的には、穏やかな時間が流れていたことを再確認・・・
いや!大きく変動したものがありました、体重です(涙)
おいしい物を食べ過ぎました~!


投稿者 寺田あかり


年末年始の行事  寺田あかり

(2010/01/14)

去年のブログで、
我が家のお雑煮は穴子がメインと紹介しましたが、
http://www.news24.jp/blog/weather-column/2009/01/post_140.html
もちろん、お餅も、なくてはならないもの。
お餅作りは、子供の頃からの年末行事です。

昔は、ちゃんと臼と杵でお餅をついていましたが、
ここ最近は、便利な餅つき機にお任せ。

写真①.JPG    

つきたてのお餅を、小さくちぎって、
丸い形にしたり、お手製のあんこを入れて、
あん餅を作ったりするのは、今も手作業。
これが結構な重労働で、時間もかかるのです。

写真②.JPG

片栗粉でセーターが真っ白になりながら、
お餅を丸め続けて6時間、
全部で8升分のお餅を作り終わった時には、
どっぷり日が暮れていました。

写真③.JPG

作業の途中、
出来たてホヤホヤのあん餅を食べるのが、至福のとき♪
・・・こんなことをしてるから、
お餅に負けないくらい、まん丸な顔になるんだな~(汗)

写真4.JPG


そして、年始の行事は、もちろん初詣。
三が日を避けて行ったにもかかわらず大勢の参拝客、
道路も大渋滞で、本堂どころか、
駐車場にも、なかなかたどり着けないでいるとき、
懐かしい顔を発見!
大学時代のクラスメイトでした。

写真⑤.JPG        

思いがけない再会に、新年早々幸せな気持ちになりました。

写真⑥.JPG

境内にはたくさんのお店が立ち並び、
おいしい香りが漂ってきて、食欲をそそります・・・
寒い中、アッツアツのたこ焼きを食べました♪

食べてばかりのお正月が終わり、
1月も半分が過ぎようとしていますが、
2010年もどうぞよろしくお願いします。


投稿者 寺田あかり


あたたかい結婚式  寺田あかり

(2009/11/30)

ここ最近、週末になると、大きな紙袋を片手に持ち、
キラキラと着飾った人たちを多く見かけます。
天気が比較的安定している11月は、結婚式シーズンなんですよね。

私も先日、結婚式に出席してきました。
招待してくれたのは、前の職場の同僚K氏、
年下だけど本当にしっかりしていて、いつも頼りっぱなしでした。

写真①.JPG

一緒に写真を撮っているのは、
新郎を含めて、ほとんどが気象予報士。
日本テレビお馴染みの方々も・・・

写真②.JPG

藤富郷さん、この日ばかりは、
被写体を「電車」から「人」に変えて、
素敵な写真をいっぱい撮ってくれました☆

写真③.JPG

日テレNEWS24(当時NNN24)の初代気象キャスター、
伊藤みゆきさんと一緒に♪

写真④.JPG

ズームイン!!スーパーの平井史生さんとも記念撮影。

写真⑤.JPG

スピーチを頼まれていた平井さん、
式が始まる前、司会者さんのところに行って、
何か確認されている姿は、なんとなくソワソワ?
・・・その理由を書こうと思ったら、
平井さん自ら、「緊張」というタイトルで、報告されていました。
ぜひ、こちらをご覧ください。
http://www.ntv.co.jp/zoomin/blog/otenki/text/12982.html

私がもし同じ状況になったら、
恐ろしいほどパニックになると思いますが、
今回は何の役目もなく、終始リラックス~。

写真⑥.JPG

背後から藤富さんがシャッターを押していたことにも
まったく気づかず、写真を撮りまくってました!

平井さんのブログにもありましたが、
二十四節気の立冬に行われた結婚式、
冬は名ばかりで、暖かい陽気に。
気温が上がっただけでなく、気持ちもポッカポカ、
ハートウォーミングな素晴らしい結婚式でした。


投稿者 寺田あかり


夏休み3か国目  寺田あかり

(2009/11/12)

今回の夏休みは、地中海を行ったり来たり・・・
ギリシャ、エジプトの次は再び地中海を越えて、
アジアとヨーロッパにまたがる街、
トルコのイスタンブールへ。

ブルーモスク①.JPG     ブルーモスク②.JPG

尖塔が美しいモスク、内部を彩る青いタイルから、
ブルーモスクの愛称で呼ばれています・・・
ということを、後で知ったので、
内部のタイルには、注目してなかった~(涙)

アヤソフィア①.JPG     アヤソフィア②.JPG

アヤソフィアは、もともとキリスト教会堂として建てられ、
のちに、イスラム教のモスクとして使われるようになった、
とてもユニークな歴史をもつ大聖堂。
で、内部の写真は・・・ありません。
この日はお休みでした~(涙)

メドゥーサの首.JPG     地下宮殿.JPG

メドゥーサの首が発見されて、一躍有名となった地下宮殿。
外は暑かったけど、地下宮殿の中はヒンヤリしてて気持ちよかったです。

そのほか、トプカプ宮殿など、
街の名所は、ほとんどが旧市街に集中しているので、
すべて徒歩でまわることができました。

坂道.JPG     トプカプ宮殿.JPG

トプカプ宮殿にある大理石のテラスからは、
左手にヨーロッパ・サイド、右手にアジア・サイドと、
東西文化の架け橋といわれるイスタンブールを、
見渡すことができました。

トプカプ宮殿のテラス.JPG

旧市街も良かったのですが、
私が一番楽しみにしていたのは、○で囲んだ場所、オルタキョイ。
その場所に行ってみると・・・・

オルタキョイ.JPG

オルタキョイ・ジャミイと、ボスフォラス大橋が、
絵葉書のような風景を作り出しています。

泊まったホテルはここから歩いてすぐ。
ボスフォラス海峡に面したホテルのカフェで、
朝日を浴びながら飲んだコーヒーは格別でした!

ホテルのカフェ.JPG

昼間のオルタキョイも素敵ですが、
夜になると、モスクも橋もライトアップされ、
さらにエキゾチックな雰囲気に染まります。
ずっとずっと眺めていたい景色でした・・・・・・

ライトアップ.JPG

・・・・・・オルタキョイの魅力は、
景色だけでなく、買い物も楽しめるところ!
行った日の夜は、露店がたくさん立ち並び、
ブレスレットやネックレス、ストールなど、
安くて可愛い物がずらり!
それまでの旅の疲れも吹っ飛ぶくらい、
楽しく買い物ができました♪

露店①.JPG     露店②.JPG

お店の人はみんな親しみがあって、
親戚のおばちゃんと話してるみたい。

お店の人①.JPG     お店の人②.JPG

実は、トルコは当初予定になかったのですが、
無理やりスケジュールに組み込みました。

土曜日夜にオンエアされている「世界!弾丸トラベラー」、
夏休みをとる直前に、トルコ編を観て、
どうしても行きたくなったのです。
かなりのタイトスケジュールで、
まさに弾丸でしたが、本当に行ってよかった!
食べ物もおいしかったし♪

トルコ料理.JPG

4回にわたってお送りした夏休み日記は、これでおしまいです。
お付き合い頂き、ありがとうございました!


投稿者 寺田あかり


夏休み2か国目  寺田あかり

(2009/11/09)

ちょっと間があいてしまいましたが、
夏休みの続きです。

アテネから飛行機で2時間、
さらに空港から車で1時間ほど移動した後、
車窓から見えてきたのは・・・

車窓①.JPG     車窓②.JPG

そうです!ピラミッド!
ギリシャの次に訪れたのは、エジプトです。

クフ王①.JPG     クフ王②.JPG

ギザにある3つのピラミッドの中で、
最も大きい、クフ王のピラミッド。

石.JPG

私の肩ぐらいまである、こんなに大きな石を、
長い年月をかけて積み上げたなんて、
考えただけで気が遠くなります。

カフラー王①.JPG     カフラー王②.JPG

カフラー王のピラミッドは、帽子をかぶったような姿、
私との2ショットよりも、
スフィンクスとセットのほうがしっくりきますね。

スフィンクス①.JPG     スフィンクス②.JPG

スフィンクスの横顔はこんな感じで、鼻の部分が欠けています。
それに胴体部分には何本も溝がありますが
これ、模様ではなくて、雨の跡なんだとか。
何千年も風雨にさらされているため、傷みが激しいそうです。

パノラマポイント①.JPG     パノラマポイント②.JPG

3つのピラミッドを見渡すことができるパノラマポイント、
ここから眺めると、真ん中のカフラー王が一番大きく見えますが、
カフラー王のピラミッドはクフ王よりも高台にあるため、
大きく見えるだけ。

ラクダ①.JPG

パノラマポイントからメンカウラー王のピラミッドまでは、
念願のラクダに乗りました。
ラクダの上からでも、値段交渉は怠りませんよ~。

ラクダ②.JPG     ラクダ③.JPG

エジプト滞在中は、連日35度以上、
日本でいう猛暑日続きでしたが、空気が乾いていて、
それほど、つらい暑さではありませんでした。
ただ、ちょうど訪れた時期が、「ラマダーン」、
日の出から日没まで飲食が禁止されるという、
宗教的行事の真っ最中だったのです。
もちろん、観光客には、まったく関係ないのですが、
自分だけガブガブ水を飲むのは、なんとなく気が引けて。。。
とか言いつつ、ちゃんと水分をとりましたけどね(笑)
砂漠の真ん中で、熱中症で倒れてしまっては大変ですから!

運転手さん.JPG

「お水、気にせず飲んでください」と、
逆に気をつかってくれた、タクシーの運転手さん。

ジュース.JPG
 
ホテルに戻った直後、
人目を気にせず飲んだオレンジジュースがおいしかったこと! 

ホテルは、ピラミッドのすぐそばにあって、
部屋の窓から、プールサイドからと、
常に、私の視界にはピラミッドが・・・

ホテルの部屋.JPG     プールサイド.JPG

だんだんピラミッドのある風景に慣れてしまい、
ピラミッドそっちのけでパソコンしたり、
ピラミッドを背に、スイスイ泳いだり。。。

パソコン.JPG     平泳ぎ.JPG

エジプトまで来て、平泳ぎしてる場合か!?
と、今思えば、飽き性の自分にちょっと後悔(涙)

まだまだ謎だらけのピラミッド、
日本に戻ってからも興味が増す一方です。


投稿者 寺田あかり


ギリシャ・アテネ  寺田あかり

(2009/10/30)

アテネの第一印象は、
予想以上に都会で、交通量も多い!
ギリシャの首都ですから、当然と言えば当然ですが、
ミコノス島でリゾート気分にどっぷり浸かっていた分、
そのギャップにちょっとした衝撃・・・

衛兵さん.JPG

衛兵さんの横に立ち、
シャキッと背筋を伸ばした後は、いざ、遺跡巡りです!

アクロポリスの丘①.JPG     アクロポリスの丘②.JPG

アテネのシンボルはみなさんご存知、アクロポリスの丘。
世界中から訪れる観光客で、入り口は長蛇の列。

行列①.JPG     行列②.JPG

行列の先には、
パルテノン神殿が堂々たる姿を見せていました。

パルテノン神殿①.JPG     パルテノン神殿②.JPG

アクロポリスのほか、古代アゴラ、
オリンピア・ゼウス神殿、ハドリアヌスの門など、
街に点在する遺跡をまわるには、
相当な時間と体力がいるだろうと覚悟していましたが、
これが意外や意外、公共の交通機関を使って、
スムーズに移動することができました。

地下鉄.JPG

2004年のアテネオリンピックをきっかけに、
空港のほか、高速道路、地下鉄の整備が行われたそうです。

競技場.JPG

1896年の近代オリンピック第一回大会が開催された競技場、
パナシナイコスタジアム。
その108年後の2004年には、ここがマラソンのゴールとなり、
野口みずき選手が金メダルを獲得。感動が蘇ってきますね~

犬①.JPG     犬②.JPG

そうそう、ミコノス島がネコの楽園だったのに対し、
アテネは、犬だらけ。それも、かなりの大型犬。
遺跡の階段や入り口など、
わざわざ人の出入りが激しい場所を選んで、寝そべっていました。

ギリシャ料理①.JPG     ギリシャ料理②.JPG

最後は、
ライトアップされていくアクロポリスを眺めながら、
ギリシャ料理を堪能しました。

ライトアップ①.JPG     ライトアップ②.JPG

近代的な建物と古代遺跡が混在するアテネ、
また行く機会があれば、
今度はもっとギリシャ神話を勉強してから行こうと思います!


投稿者 寺田あかり


ギリシャ・ミコノス島  寺田あかり

(2009/10/27)

今年の夏休み、
最初に訪れたのはギリシャのミコノス島。
日本からの直行便はないため、
飛行機を3回乗り継ぎ、ようやくたどり着いたその場所には、
私が長年イメージしていたエーゲ海の風景が、そのまま広がっていました・・・

飛行機.JPG     空港.JPG

空港でさえ、こんなに白いとは!!

白い建物①.JPG     白い建物②.JPG

「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」、その別名の通り、
ミコノス島は、青い空と紺碧の海に映える真っ白な建物が特徴です。

街並み①.JPG     街並み②.JPG

白壁は、強い日差しを遮ってくれる上、
その塗料に、雨水を除菌してくれる効果があるんだとか。

風車①.JPG     風車②.JPG

ミコノス島のシンボルは、風車。
風車がたつのも納得・・・ミコノス島は、本当に風が強い!
風車が並ぶこの丘は、
特に強い風が吹き荒れていて、髪ぐっちゃぐちゃ!

髪.JPG     カメラ.JPG

写真を撮るときも、足をふんばっていないと、
体ごと吹き飛ばされそうでした。

ビーチ①.JPG     ビーチ②.JPG

世界有数のビーチリゾートとして知られるミコノス島、 
私も、久しぶりに水着を購入、泳ぐ気満々でしたが・・・
結局、その水着を着用したのは、
プールサイドにあった温水ジャグジーでのみ。
日差したっぷりで、気温は高くても、
風が体温を奪っていくのです・・・

ジャグジー.JPG

でも、バカンスに訪れているみなさんは、
風が少々強いくらいじゃ、お構いなし。
のんびり本を読みながら、日光浴を楽しんでいました。

のんびり過ごしていたのは人間だけではありません。
カフェの椅子、洋服屋さんの箱の中など、
街の至るところにネコ・ネコ・ネコ!

ネコ①.JPG     ネコ②.JPG

猫ものんびりくつろげるビーチリゾートを後にし、
次に向かったのは、ギリシャの首都、アテネ。
ミコノス島から高速船で2時間半、
港からアテネ市内までは路線バスで1時間ほど。

高速船.JPG     バス停.JPG

飛行機なら35分で到着できる距離ですが、
同じ国とは思えない、
まったく違った風景が待っていました。。。


投稿者 寺田あかり


○○天気予報  寺田あかり

(2009/10/05)

ズームイン!!サタデーの「ドラマーチック天気予報」、
気象予報士の杉江勇次さんが、
ドラムを叩きながら天気予報を伝えるという斬新なコーナーなんですが、
私、このコーナーが大好きで毎週欠かさず観ています。

この度、杉江さんが夏休みということで、
ピンチヒッターは、
ズームイン!!スーパー担当の気象予報士、平井史生さん。
平井さんには、前の職場で、気象の仕事を一から教わり、
いわば私の師匠なのです。

そんな平井さんが、
「けん玉天気予報」なるものをやっているではないですか!!!
けん玉をやりながら天気予報を伝えている師匠の姿・・・
予想外の展開に大衝撃!そして大爆笑!

平井さん1.JPG

番組終了後、けん玉の手ほどきを受けました。
これまで、あのけん玉の先に入れたことは一度もなかったのですが、
平井さんに教わったとおりやってみると、
人生で初めて成功したんです!
仕事だけでなく、けん玉を教えてもらうことになるとは。。。

平井さん2.JPG

今度は杉江さんにドラムを教わろうかと思っている次第です♪
毎週土曜日朝の「ドラマーチック天気予報」、ぜひお見逃しなく。
お天気のポイントに合わせて、ドラムのリズムや音色が毎回違うんですよ!

杉江さん.JPG

私にも何か特技があればな~~~
チアリーダー天気予報なんてどうですか!?
「ミニスカートが見るに堪えない!」、なんて思ってるあなた!!
・・・その通りです!(涙)

冗談はさておき、
私も先日夏休みを頂きまして、3カ国を旅してきました。
次回は、旅ブログにお付き合いくださいませ。


投稿者 寺田あかり


歴史の旅~会津若松~  寺田あかり

(2009/08/27)

暑い夏の日、会津若松に行って来ました。
急勾配の階段をひたすら上ります。

階段.JPG

ここは、飯盛山。
白虎隊記念館、そして、白虎隊が眠るお墓がある場所です。

記念館.JPG     白虎隊.JPG

戊辰戦争で白虎隊が自刃した日は、
前日の雨が止み、霧も晴れて、雲間から日も差したそう。
飯盛山から見た炎を、
落城と思い込んでしまった白虎隊、
雨が止まず、霧も立ち込めたままであったのなら、
歴史はまた違っていたのかもしれません。

鶴ヶ城.JPG

飯盛山や鶴ヶ城には、
たくさんの子供たちが訪れていました。
私も子供の頃、夏休みを利用して
歴史ある場所を訪れたことを思い出します。
教科書上で学ぶことを、
実際に見て、聞いて、体験することで、
より深く記憶に残りますよね。

鶴ヶ城の中には、「お姫様になってみませんか?」と、
豪華な着物を着て記念撮影するコーナーがありました・・・

着物.JPG

子供たちに紛れて列に並び、
写真を撮ってしまう私をどうぞお許しください。


投稿者 寺田あかり


甲子園に連れてって!  寺田あかり

(2009/08/14)

夏の高校野球がはじまりましたね。
天候不順に悩まされている今年の夏ですが、
あの響き渡るサイレン、球児たちの熱い眼差しには、
真夏を感じずにはいられません。

「甲子園に連れてって!」
このフレーズ、言うのが夢でした。
・・・ご想像の通り、この言葉を発することがないまま、
時は流れ、学生時代はあっけなく終わってしまったわけで(涙)

キャッチボール.JPG

なので、
キャッチボールに付き合った小学生に頼んでおきました!
まさか、私の中学時代の同級生の息子に、
お願いすることになるとはね~(笑)
未来の高校球児、今から楽しみです!

蝉とり.JPG     公園.JPG

キャッチボールしたり、蝉とりしたり、
喉が渇いたら公園の水をがぶ飲みしたり・・・
子供の頃の思い出が、そのまま蘇ってきました。

来週にかけては、
全国的に晴れて暑さが続く見通しです。
今まであまり夏らしくなかった分、
これから夏の思い出作りに大忙しですね。


投稿者 寺田あかり


結婚式  寺田あかり

(2009/07/27)

写真ー1.JPG

友人の結婚式に出席してきました。
この日は朝から本降りの雨・・・
でも、二人の幸せパワーはすごかった!
お庭で乾杯をする直前にピタッと雨が止んで、
晴れ間も見られたんです。
芝生が少しでも湿っていたら、
外でのセレモニーは中止になる予定だったそう。

まさに、「雨降って地固まる」
雨が、二人の門出をより一層ドラマティックに
演出してくれました。

お庭で乾杯、フラワーシャワーも終わって、
いよいよ、ブーケトス。
よーし、キャッチするぞー!カモーン!!

写真ー2.JPG

・・・と思ったら、主役の二人は披露宴の準備のため、
階段を上っていきました。。。
ブーケトスをしないのは、
最近の傾向なのかな!?


ブーケトスといえば・・・

写真ー3.JPG

こちらは、また別の日曜日。従弟の結婚式でした。
ブーケトスをしたのは、従弟、つまり、新郎。
男性がするのが今時の流行!?

でも、中身はお花ではなく、「アフロヘア」。
受け取った友人がアフロをかぶって写真撮影・・・
・・・なんでやねんっ!!
関西人カップルなので、一応ツッコミをいれておきます。
ちなみに、新婦はブーケプルズをしてました♪

写真ー4.JPG


結婚式は本当にいいものです。
新しくスタートをきった二人の表情をみるだけで、
幸せな気持ちになります。
プラス、オシャレして、おいしい食事が食べられて、
うれしい事尽くし!


投稿者 寺田あかり


バリ島パート2                        寺田あかり

(2009/07/02)

バリ島でのお楽しみ、これをせずには帰れない事・・・
それは、癒しのスパです♪

スパのお店は本当にたくさんあって迷ってしまいましたが、
おもしろいプランがあったので、こちらのお店に決めました。

スパ.JPG

スパ・マッサージを受ける前に・・・
着ちゃいました!民族衣装!!

民族衣装.JPG

どうです?
結構似合っていると思いませんか!?(自画自賛)

民族衣装2.JPG

ポーズも決まってるでしょ!?(自己満足)

スパのプランには、
民族衣装の試着、メイク、さらに写真撮影も含まれていたんです。
それも、すごくお手頃な値段で。
お店には、日本人観光客がたくさん訪れていましたが、
民族衣装を着ている人は他に見当たらず・・・
コスプレ好きなのは私だけでした(笑)

バリは海沿いだけでなく、
内陸にも魅力的な観光スポットがたくさんあります。

タマン・アユン寺院は、バリで2番目に大きな寺院。
到着した時は、ちょうど村の祭事が行われていました。

寺院.JPG     祭事.JPG

タマン・アユンは、インドネシア語で美しい公園という意味だそうで、
メルと呼ばれる塔が整然と連なる姿は、
本当に美しく、心を落ち着かせてくれました。

メル.JPG

バリ島に魅了された理由は、まだまだあります。
ナシゴレン、ミーゴレン、ナシチャンプルなどインドネシア料理が絶品!

ナシゴレン.JPG     朝食.JPG

そして、出会う人みんなが優しくてフレンドリー!

ダンサー.JPG     スマイル.JPG

帰国してから随分経ちますが、
ガイドブックを眺めたり、写真を見返したり、
今でも、バリ島の思い出に浸っています。


投稿者 寺田あかり


バリ島                             寺田あかり

(2009/06/24)

ちょっと前の話になりますが、
インドネシアのバリ島に行ってきました。

バリ.JPG

バリ島は例年4月から乾期に入ります。
滞在中はずっとブルースカイ、スコールもなし。
最高気温は30~31度くらい、風が少しあって快適。
そして夜は満天の星、
この手でつかめそうなくらい、星を近くに感じました。

泊まった場所は、バリ島南部にあるヌサ・ドゥア地区、

車.JPG     警備.JPG

警備員に囲まれているこの写真、どこかに収容されそうですが、
ただ単に、ホテルの敷地に入るだけ。
政府主導のプロジェクトで生まれたリゾートエリアで、
セキュリティーチェックがしっかりしているんです。
銃を持った人、ちょっと怖そうだけど、
チェック後は飛び切りの笑顔を見せてくれましたよ。

夜.JPG

プライベートビーチだから、真夜中に散歩してもぜ~んぜん怖くない!
夜なら日焼けも怖くないしね(笑)

今回も極力日差しを避けての旅を目指しましたが、
海が、空が、砂浜が、あまりにもきれいで、
我慢しきれず、しばし散歩。

ビーチ1.JPG     ビーチ2.JPG

ビーチリゾートに来た証、海辺のショットを撮ったあとは、
楽しみにしていた民族ダンスの鑑賞ツアー。

バロン.JPG

「バロンダンス」
獅子舞を巨大化した感じ。
巨大なバロンがステージを動き回る姿に圧巻!

レゴン.JPG

「レゴンダンス」
バリ舞踊の中でもっとも華麗といわれていて、
目の動きや指先の動きが独特!

ジェゴグ.JPG

「ジェゴグ」
巨大な竹筒でできた打楽器の演奏は迫力満点!
途中から、私も参加させてもらいました。

木琴の下.JPG

木琴.JPG

ダンス.JPG

ジェゴグの真下で深い竹の音を聞き、
小学校の音楽発表会を思い出しながら、実際に楽器に触れ、
ダンスにも参加。楽しかったです!
最後は、みんなで記念撮影。

記念撮影.JPG

この衣装、着てみたいな・・・
次回へ続く。


投稿者 寺田あかり


ルーヴル美術館展                      寺田あかり

(2009/06/10)

上野の国立西洋美術館で
「ルーヴル美術館展」がスタートしたのは、2月の終わり。
開催期間が終わりに近づくほど、きっと混むんだろうな~
早めに行かなきゃな~と思いつつ、こんな間際に。

美術館の入り口に着くと、待ち時間の表示は驚異の100分!
期間がまだあれば、別の日に出直すところですが、
なんせ閉幕まであと一週間・・・
日差しさんさん、蒸し暑い中、待つことに。

写真1.JPG     写真2.JPG

待てば待つほど、観たときの感動は大きくなりますよね!
結局2時間待ってようやく入れた館内は・・・涼しかった~

パリのルーヴル美術館は過去2回訪れたことがありますが、
絵画で覚えているのは、まず「モナ・リザ」、
それから、えーっと・・・自分の記憶力に唖然(涙)
今回は、絶対に忘れないよう、
71点の傑作を、この目に焼き付けるように
じっくりじっくり鑑賞しました。

すでに、ご覧になったみなさん、お気に入りの作品はどれですか?

私の一番は、フランス・ポスト「ブラジル、パライーバ川沿いの住居」。
ブラジルの大地、広がる空と雲の色合いに吸い込まれそうになりました。

まだ、ご覧になっていない方、
最終日は6月14日、まだ間に合いますよ!
長い時間待っても、観る価値ありです!!

写真3 040.JPG


投稿者 寺田あかり


入学式に桜                          寺田あかり

(2009/04/08)

今週、入学式や始業式をむかえた学校が多いかもしれませんね。
私の姪もこの春から小学生、
ランドセルを背負っている姿はすっかりおねえさん。

ランドセル.JPG 

今年の桜は咲き急いだものの、
直後に訪れた寒の戻りと、満開後も比較的安定している天気で、
いつもの年より長く楽しませてくれています。
新生活の門出を、桜も一緒にお祝いしてくれているみたいです。

アップ.JPG

私は、お花見のタイミングをよく逃してしまいますが、
今年はお花見日和の中、満開の桜を眺めることができました。
近所の桜から都内の桜の名所までハシゴ状態。

「青空と桜」  

青空.JPG

「東京タワーと桜」

東京タワー1.JPG

「ちょうちんと夜桜」

夜桜.JPG

淡い色合いのソメイヨシノは、
色々なものと自然に溶け込んで美しい景色を作り出してくれます。

ブルーシート.JPG

そして、桜の下での宴会も、お花見の醍醐味ですよね。
ブルーシートの上に手作りの弁当を広げて、みんな楽しそう♪
実は、私のお花見、ここ数年は「立ち見」ばかりなんです。
ぶら~と散歩するだけで、
ちょっと、いや、かなり味気ない(涙)

今週末にかけては高気圧の通り道、
全国的に晴れて暖かい陽気が続きます。
すでに満開を迎えている場所でも、まだ楽しめそうです。
私ももう一回くらいお花見できたら良いな・・・
今度こそはブルーシートとお弁当を持って!!!


投稿者 寺田あかり


KにはOで対抗!                      寺田あかり

(2009/03/20)

今週は久しぶりに晴天が続いてくれましたね。
ただ、この時期は晴れても手放しで喜べません・・・
「春は4Kにご用心」

1.強風 2.乾燥 3.花粉 4.黄砂

すべてK、か行で始まる言葉、
春に注意しなければいけないことばかりです。
今週中頃は風が強めに吹き、空気はカラカラ、
花粉の量も多く、さらには大陸から黄砂も飛んできて・・・
4Kすべてが揃ってしまいました。

春は意外とトラブルが多くて、どちらかというと苦手な季節なのですが、
仲間と過ごす時間は、憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれます。

先日、親友と都内のホテルに一泊してきました。

写真1.JPG     写真2.jpg

ホテル内のレストランでおいしいイタリアンを満喫した後は、お風呂へ。
こちらのホテル、最上階に大浴場があるんです。
大きな湯船にのんびり浸かれるのは至福のとき。
部屋では東京タワーを眺めながら、エスプレッソで乾杯。
ホテルに泊まると、終電の時間を気にしなくて良いのがうれしいですよね。
夜遅くまで思う存分おしゃべりできました。

そしてまた別の日、チーム花粉症メンバーの小越キャスター、
前にこちらのブログでも書いた、よさこいメンバー&気象センターのYさんと、
四国の家庭料理が味わえるお店に行ってきました。

写真3.jpg     写真4.JPG

おいしい食事を頂きながら、3人でおしゃべり。
あっという間に閉店時間になってしまいました。
楽しかったです♪

4つのKに悩まされる春だけど、

1.温泉(お風呂) 2.おいしい食事 3.おしゃべり
私はこの「3つのO」で、春を乗り切ろうと思います!

・・・我ながら無理やりだな~(笑)
そうだ!無理やりついでに、
「お花見」のOも加えて、「4O」にしちゃいましょう!

苦手な春だけど、お花見はこの時期外せないイベントです!
桜の開花前線は、平年よりもはやいペースで北上中です。
今年のお花見、どこに行こうかな~♪


投稿者 寺田あかり


河津桜まつり                         寺田あかり

(2009/02/20)

2月13日に春一番が吹いた後、14日は春というより初夏の陽気。
チョコもとろけてしまうようなバレンタインデーとなりましたが、
今週はまた真冬の寒さに逆戻り!なんとも忙しいこの頃です。
みなさん、お体を崩されませんように。

私は春一番が吹く前日、静岡県で開催されている河津桜まつりに行ってきました。
この日は、ダウンジャケットがじゃまになるくらいの暖かさ。

写真(桜).JPG

一足早く春を楽しもうと、平日にもかかわらずたくさんの人で賑わっていました。
川岸に並ぶ河津桜、そのすぐ脇で菜の花が満開に!
まさに花を添えていました。

写真(川岸).JPG     写真(3色).JPG

空のブルー、桜のピンク、菜の花のイエロー、
3色が作り出す光景は春そのものですね。

写真(原木).JPG    

そして、こちらが河津桜の原木です。
川沿いの桜は満開まであと一歩といった感じでしたが、
原木はご覧の通り、あふれんばかりの花びらたち!あっぱれ!

写真(看板).JPG

看板にあった「河津桜原木物語」によると、
こちらのお宅のご主人が、河津川沿いに芽吹いていた桜の若木を偶然見つけて、
庭先に植えたのが始まり。のちにそれが新種の桜だとわかり、
昭和49年に「河津桜」と命名されたそうです。

庭先に植えてから花が咲き始めるまで、約10年もかかったのだとか。
なかなか花を咲かせない木、私だったら途中で水遣りを止めてしまうだろうな・・・
いつか花咲く日を夢見て、あきらめずに毎日努力する、
人生と重ねて考えさせられます・・・私も頑張るぞ~!

写真(桜アップ).JPG


投稿者 寺田あかり


屋鋪要さん                          寺田あかり

(2009/02/16)

写真1.JPG

昨年秋に幕を閉じた「スポ天ワイド」、
元プロ野球選手の屋鋪要さんを解説者に迎え、
日本テレビのアナウンサーと一緒にスポーツ&お天気をお伝えしてきました。

写真2.jpg     写真3.jpg

国内だけでなく海外のスポーツにも目を向けて、現地のお天気を解説。
大きな天気マークを使って、わかりやすく!
スポーツ番組なので、元気に明るく!
本当に楽しかったです。

いろいろな思い出がありますが、
中でも印象的だった放送はこの日、
番組内で屋鋪要さん、寺島淳司アナウンサー、山本真純アナウンサー、
3人の意外な共通点が発覚したんです!
ヒントは・・・

写真4.JPG

わかりました? 3人とも、

6月11日生まれ、O型!

すごい偶然、というより、もうまさに奇跡です!

「ちなみに、寺田さんは?」

・・・5月13日生まれ、B型、
全然違う~~~~~~~~(涙)

「星座ぐらいは?」、と訊かれましたが、
ふたご座とおうし座、これも微妙にずれてる・・・
なんだか本当にすみません(笑)


奇跡といえば、こちらも相当なミラクル!
屋鋪さんが、この度、私の祖父母の家に遊びに来てくれたんです♪

その訳は・・・

屋鋪さんは、鉄道雑誌でコラムを連載されているほどのSL愛好家。

そして、私の祖父は、およそ40年間、国鉄マンとして駅に勤務。
鉄道をこよなく愛していた祖父は、
SLや電車の写真、帽子、信号機、駅名のプレート、閉塞器など、
鉄道にまつわる様々な物を収集していました。
その祖父自慢のコレクションを屋鋪さんが見に来てくださったんです。

写真5.JPG     写真6.JPG

私は仕事だったので、その場にいることは出来ませんでしたが、
屋鋪さんから「おじい様の鉄道への愛をひしひしと感じました」と、
有り難いお言葉を頂き、家族みんな感激、涙うるうる。
天国の祖父もきっと喜んでいることでしょう。
おじいちゃん、良かったね!


投稿者 寺田あかり


ドレスデン                           寺田あかり

(2009/02/06)

ドイツのドレスデンへは、プラハから列車で2時間10分、
世界遺産に登録されているエルベ川流域を走ります。
食堂車でコーヒーを飲みながら、車窓の景色を楽しんでいると、
あっという間に到着。

1食堂車.JPG     2ドレスデン城.JPG

ドレスデンで一番楽しみにしていたのはクリスマスマーケット。
1434年から続く世界最古のクリスマスマーケットで、
広場の中央にあるクリスマス・ピラミッドは世界最大、
ギネスブックにも登録されているそうです。

3クリスマスピラミッド.JPG     4クリスマスピラミッド・アップ.JPG

プラハではホットワイン、ドレスデンではホットビールで体を温めました。
見知らぬ人とテーブルを囲んで乾杯~!

5ホットビール.JPG

クリスマスマーケットで楽しい時間を過ごすのは、大人だけではありません。
この日は、サンタクロースが登場。
子供たちはステージ上に座ったり、肩車してもらったりして、
サンタさんのお話を熱心に聴いてました。
その姿が可愛くて、私は子供たちに釘付け!

6子供たち.JPG     7サンタクロース.JPG

8肩車.JPG

ドレスデンはクリスマス菓子、シュトレン(シュトーレン)発祥の地といわれています。
お土産に買って帰りましたが、自分用をすっかり忘れてしまい・・・
「こんな感じで頂いたよ」と、友人が写真を送ってくれました。

9シュトレンのお店.JPG     10シュトレン.JPG

ドレスデンは、第2次世界大戦中に大空襲を受けた場所。
18世紀半ばに建てられたフラウエン教会も、空襲によって破壊されました。
戦後もずっと瓦礫のまま放置されていましたが、
1994年に修復作業が始まり、2005年に完成。

11フラウエン教会.JPG     12フラウエン教会(外壁).JPG

外壁をよく見ると、白い部分と黒い部分がつぎはぎになっています。
黒い石は、瓦礫の山になっていたもの。
崩れ落ちた石を一つ一つ元の場所に組み込むという、
複雑な復旧作業で蘇った教会なのです。

13川岸.JPG     14朝の風景.JPG

戦争での崩壊から再生し、美しさを取り戻したドレスデン。
またいつか訪れてみたいです。
でも、今度は暖かい時期が良いな~♪
プラハでの激痛ほどではなかったものの、
ドレスデンでも足腰に痛みが!
ずっと立ちっぱなしで広場に繰り出していたため、
足元から冷えきってしまったようです(涙)

ヨーロッパ同様、日本の寒さも体にこたえますよね(涙)
立春を過ぎて、「光の春」は少しだけ感じられるようになりましたが、
やっぱり「気温の春」が待ち遠しいこの頃です。


投稿者 寺田あかり


プラハ                             寺田あかり

(2009/01/30)

チェコ・プラハへ行ってきました!
…といっても、去年12月にお休みを頂いて旅したヨーロッパの続編です。
年をまたいでしまいましたが、もう少しお付き合いくださいませ(笑)


プラハの街に一歩足を踏み入れると、そこはまるでおとぎ話。
中世の時代にタイムスリップしたような錯覚に陥りました。

1坂道.JPG     2街並み.JPG

小高い丘からの眺めは、昼も夜も、ため息がでるほどの光景。

3昼.JPG     4夜.JPG

1992年、その美しさから市の歴史地区が世界遺産に登録、
「黄金の街」とも呼ばれています。

5ヴルタヴァ川.JPG

街の中心を流れるのはヴルタヴァ川、ドイツ語で「モルダウ川」です。
スメタナ作曲「わが祖国」の交響詩の一曲、
「ボヘミアの川よ、モルダウよ~♪」は、日本でもよく親しまれていますね。

6プラハ城.JPG     7大聖堂.JPG

丘の上には、プラハ城、聖ヴィート大聖堂がそびえたち、
あちらこちらに衛兵さんの姿が。
プラハ城の中にある大統領官邸を24時間体制で守っています。
この日の最高気温は2℃!
寒いはずなのに寒い顔はもちろん見せません、さすがです!

8衛兵さん1.JPG     9衛兵さん2.JPG

クリスマスの時期は、旧市街広場にマーケットが出現。
みんなホットワインを飲みながら、郷土料理を楽しんでいました。
私が一番感動したのはこちら、「TRDLO」というパン。

10パン.JPG     11パンのお店.JPG

鉄の棒にぐるぐる生地を巻きつけて焼き、
まわりにはたっぷりのシナモンシュガーがついていました。
出来立てホヤホヤ、アッツアツの味は
ほっぺたが落ちそうでした。

ずっと前から来てみたかった念願のプラハ、
時が経つのを忘れ、街中を夢中で散策、楽しかった~♪

ホテルの部屋に戻り、気が抜けたのか・・・・・
いたたたたたーーーー! 腰から足にかけて激痛が!!!

慣れない寒さと固い石畳、
ウォーキング用ではない普通のブーツでひたすら歩いたのが原因です。
体は本当に正直です(涙)
このまま歩けないんじゃないか?と思いましたが、
とりあえず一晩寝たら治りました、ほっ。

12ホテル.JPG     13プラハ駅.JPG

次に向かった場所もかなりの寒さ、ドイツのドレスデン。
不安を抱きつつ、列車に乗ったのでした。

次回に続く。


投稿者 寺田あかり


年明け早々                          寺田あかり

(2009/01/16)

年末年始は毎度のこと広島の実家に帰省し、
これぞ、寝正月!穏やかに年を越しました。
気持ちも新たに東京に戻ってきたら、
年明け早々、ショックな出来事が!

テレビが壊れました。

スイッチを入れても、画面は真っ暗のまま。
とりあえず一晩寝かせてみても変化なし。
二晩、三晩寝かせてもやっぱりダメだーーーーーー
うんともすんとも言わなくなりました。

こ~んなに厚みがあって頼れるテレビだったのに(涙)

厚いテレビ.JPG

このテレビ、5年前に友人が海外留学するときに譲り受けた代物、
留学を終えて帰国してきた時に返そうとしたら、
予想通り断られたので、その後もずっと大切に使っていました。

藤森キャスターのブログをみて、私もバーゲンで冬のコートがほしい!
…その気持ちはぐっとこらえて、電器屋さんにむかいました。
今更ながら、今時のテレビってこんなに薄いんですね!

薄いテレビ.JPG

テレビが壊れたのはショックでしたが、
地上デジタル移行の2011年までに買い替えができたので
良かったことにします。

ところで!
武岡キャスター、もとい、武岡部長が
デイプラMONO事業部のブログに書いてくれました。
http://www.news24.jp/blog/mono/2009/01/post_40.html

そうなんです、我が家のお雑煮には
必ず焼き穴子が入っています。
年末に新鮮な穴子をたくさん買って、香ばしく焼く!
お正月を迎えるための一大行事です。

メイク室で武岡部長と話すまでは、
穴子入りのお雑煮はごくごく一般的だと思っていました。
ちょっと気になって、地元の友達何人かにきいてみたら、
牡蠣、サトイモ、大根・・・と、穴子入りのお雑煮はゼロ。
私の地元でも穴子入りのお雑煮は珍しいみたい!

知らなかった~
珍しいなら写真を撮っておけばよかったな…
で、母に頼んで、ブログ掲載用に再現してもらいました。

こちらが、我が家のお雑煮です。

お雑煮.JPG

しっかり穴子が入ってるでしょ?
お餅は穴子に埋もれています。お餅よりも穴子がメインです!

・・・穴子と同じくらい目立っている蒲鉾には「合格」の文字が。
本来ならお正月用の蒲鉾、松竹梅の模様を使うべきところ、
すでに1月も半ば、お正月用の蒲鉾はスーパーになく、
「合格祈願用の蒲鉾で代用したわよ」と、母。

そうでした!
受験生にとっては今が正念場、受験シーズンなんですよね。
この土日は、大学入試センター試験もあります。
受験生のみなさん、がんばってください!


投稿者 寺田あかり


エッフェル塔                         寺田あかり

(2008/12/26)

遅い夏休みを頂き、ヨーロッパに行ってきました。

まず訪れたのはフランスのパリ、
パリのシンボルといえば、やっぱりエッフェル塔ですよね。
そのエッフェル塔、今回はいつもと違う装いでした。

エッフェル塔(昼).JPG     エッフェル塔(星).JPG

近づいてみると、星がついているのがわかります。
1、2、3、、、と数えると12個の星。

そして、夜になると・・・
12個の星は黄色く輝き、全体はブルーに。
普段のエッフェル塔と比べると、こんなに違います。

エッフェル塔(青).JPG     エッフェル塔(ゴールド).JPG

がらっと変身、そのわけは、
フランスが2008年後半の欧州連合(EU)の議長国だからだそうです。
EUの旗は、青地に12個の星。
これを、エッフェル塔全体で表現しています。
ちなみに、シャンゼリゼ通りや凱旋門にも普段と違って
EUの旗が掲げられていました。

EUカラーのエッフェル塔は12月いっぱい、
来年1月からは、またゴールドの光を放ちます。
普段のエッフェル塔も暖かみがあって、私は大好きです。

エッフェル塔は、一時間ごとに仕掛けられているフラッシュライトが
キラキラときらめくのですが、それはこのブルーカラーでも一緒。

エッフェル塔(点滅).JPG

ただ、一時間ごとに10分間点滅していたのが、今年からは5分間に短縮。
環境問題の観点から、エネルギー節約を呼びかけるメッセージ強化の一環だそうです。
「エコ」は全世界共通のテーマです。


投稿者 寺田あかり


感動をありがとう                       寺田あかり

(2008/09/19)

食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋と、これから楽しみなことが満載ですが、
その前に、この夏をもう一度振り返らせて下さい!

私にとって、今夏のキーワードは「感動」

まずはこちら、「広島市民球場」

広島市民球場(外).JPG

「夢と感動をありがとう」とありますが、
半世紀近くの歴史をもつ広島市民球場、老朽化等の事情により
今年限りでその幕を閉じることになりました。
幼い頃は何度もやってきて、かき氷を食べながら応援した思い出の球場、
その最後の姿をこの目に焼きつけておこうと思ったんです。

最近はドーム球場が増えてきましたが、
青空、夜空のみえる球場も開放感があって大好きです。
この日は、広島対巨人戦、
「スポ天ワイド」にゲストとしてお越し頂いている
上原投手がしっかり抑え、巨人の勝利となりました。

広島市民球場(中).JPG

プロ野球はクライマックスシリーズに向けて、
今がまさにクライマックス!まだまだ目が離せません!!

さて、続いての感動は、「北京オリンピック」
時差がほとんどなかったからか、
こんなにまんべんなくすべての競技を観たのは生まれて初めて。
家にいる時だけでなく、移動中もワンセグに夢中。
さらにお盆休みに越後湯沢へ出かけたときも、
温泉につかるのはほどほどにして、ほとんどTVに釘付け。

バレーボール.JPG

このときに観ているのはバレーボール、あ、私、学生時代に
バレーボールやってました。だから、選手と一緒に構えのポーズです。
決して、腰を悪くしたわけではありません。

プール.JPG

北島康介選手、2つめの金メダル獲得の直後は、
なぜか私も泳ぎました!!超気持ちいい!!

今回もっとも夢中になった競技、ソフトボールの決勝は
残念なことに飛行機の中。
飛行中のモニター画面にはアニメが流れていたので、
情報源はラジオのみ。

ヘッドフォン.JPG

ヘッドフォンをつけた顔が非常に怖いですが、
雑音を避けるように集中して聴いていると、ついついこんな顔に・・・

お隣の見知らぬおじ様が応援に付き合ってくれて、
金メダルが決まった瞬間は、思わず二人でハイタッチしました!
飛行機の中、初対面の方と感動を分かち合えてうれしかったです。

さらなる感動は、「よさこい」

よさこい.JPG

気象センターのYさんが、「スーパーよさこい2008」に参加するということで、
見に行ってきました。勇壮かつ優雅な踊りに華やかな衣装、
さらに、みんなで一つのものを作り上げるチームワークに感動しました。

そして最後は「虹」、
今年の夏は本当に雷雨が多かったですね。
私も、軽井沢に行ったとき、急な雨にうたれました。
でも、その直後にはきれいな虹があらわれたんです。

虹.JPG

こんな具合に感動しまくりの今年の夏……
と、去年書いたブログを読み返してみたら、
去年は去年で24時間テレビのチャリティーマラソンに心底感動していました!
暑い夏は、気持ちも熱くなるみたいです。

夏よ、毎年感動をありがとう!


投稿者 寺田あかり


マレーシア続編                       寺田あかり

(2008/07/17)

1海.JPG     2砂浜.JPG

目の前に広がる真っ白なビーチと青い海、
日焼けのことなど忘れて泳いでしまおうかと一瞬思いましたが、
そこは何とか気持ちをおさえて……

今回のマレーシア旅行で、一番楽しみにしていたのが、サンセット。

3サンセットバー.JPG     4サンセット.JPG

こちらは夕暮れ時限定でオープンするサンセットバー、
夕日が正面に沈む特等席に座り、刻々と沈む夕日をのんびり眺めました。
こんなにじっくり夕日を見たのは、生まれて初めて。
あまりの美しさに涙が出るほどでした。

5マジックアワー.JPG

夕日が沈んだ直後が、特に幻想的でした。
これこそ、まさにマジックアワー!!

南シナ海に沈む夕日をこの目にしっかり焼き付けた後は、
ホテル内のスパ・マッサージを体験。

6マッサージ前.JPG     7マッサージ後.JPG

マッサージを受ける前に、ちょっとしたアンケートに記入、
そうすると、よりいっそう自分に適したマッサージを受けることができるとか。
好きな色、好きな味、一日の中で好きな時間帯、
そして苦手な気象条件……
セラピストさんに、
「それなら、なぜマレーシアに来たの?」
と思われることを覚悟で、正直に“高温多湿”にチェック!
アンケートの甲斐もあって、大満足!気分爽快!
本当に気持ちよかった~~~
病み付きになりそう。

次の日は、ベリーダンスのレッスンに参加。
腰の振り具合に悪戦苦闘しながらの1時間、
良い汗をかきました。

8ベリーダンス全体.JPG     9ベリーダンス一人.JPG

はじめは控えめにワンピースを着ていましたが、
⇒炎天下でのレッスンだとは思ってもいなかったですし…(汗)
あまりの暑さと楽しさで、
ワンピースを脱ぎ捨て、下に着ていたダンス用のコスチュームに。
あの腰に巻くヒップスカーフも用意しておけばよかった!!!
あ~後悔(涙)

日焼けはしない!と言いつつ、
結局は、衝動に駆られて肌を露出してしまいましたが、
SPF50+の日焼け止めクリームを塗りたくっていたので
何とかセーフでした。

良い汗をかいたあとは、この旅2度目のサンセット。

10二度目のサンセット1.JPG     11二度目のサンセット2.JPG

今回のマレーシア、私にとっては初のアジア旅行。
飛行時間が短く、時差も小さいので、
思った以上に気楽に旅ができました。
アジア周辺諸国、もっともっと開拓したくなりました。
次はどの国にしようかな~

気になっているのがブルネイ。

なぜかというと、
ベリーダンスを一緒に踊っていたマダムに、
「あなた、ブルネイから来たんでしょ?」と声をかけられ、
「いえいえ、日本人ですよ。」と答えると、
「本当に?信じられない!ダンスを踊っている間、
絶対ブルネイ人だと思ってたのよ!」

……ブルネイには私みたいな顔が多いのかしら???
いつか自分の目で確かめようと思います。

マレーシアの人にも何だか親近感がわきました! 

12ツーショット.JPG


投稿者 寺田あかり


マレーシア                          寺田あかり

(2008/07/03)

常夏の国、マレーシアに行ってきました。

私が訪れたのは、ボルネオ島にある「コタキナバル」
日本からは直行便で約5時間半、機内でひと眠りしたらあっという間に到着。
ホテルにチェックインしたあと、すぐに腹ごしらえ。
マレーシア初日の夕食はなぜかイタリアン……

1イタリアン.JPG

2日目の夕食はビーチでハンバーガー……

2ハンバーガー.JPG

せっかくマレーシアに来たのに、
「欧米かっ!」と突っ込まれそうですが、
本場マレーシア料理、ナシゴレンもちゃんと堪能しましたよ。

3マレーシア料理.JPG     4ナシゴレン.JPG

トロピカルフルーツもおいしかったです♪
これは、「ベリンビン」というフルーツ、
切り口が星型になるので別名「スターフルーツ」と呼ばれています。

5トロピカルフルーツ.JPG     6スターフルーツ.JPG

さて、マレーシアといえばビーチリゾート、
海辺のデッキチェアに横たわって、昼寝したり、読書したり、優雅なひとときを…
な~んて事、私にはあり得ません!
何度もブログに書いているように、
私、過去の苦い経験から日焼けはもう二度としない!そう心に誓ったのです。

「じゃあ、何をしに行ったの??」

こんな感じで何度きかれたことか(笑)

確かに!!

私も正直、現地に行くまでは時間を持て余してしまいそうで不安だったんですが、
これがあるある!
日焼けを避けながらの楽しい事、興味深い事、盛りだくさん!

まず私が会いに行ったのは、「森の人」。

7森.JPG

みんなでぞろぞろ森の中を探索、10分ほど歩いた先にいたのは、

8オランウータン.JPG

「オランウータン」、マレー語で「森の人」。
熱帯雨林の伐採で、近年オランウータンの数が急速に減っているそうです。
ここはオランウータンリハビリセンター、
5匹の赤ちゃんオランウータンが野生に戻る訓練を受けていました。
オランウータンの愛くるしい姿に、一人だけ暑くるしい格好の私も、
暑さを忘れて見入ってしまいました。

9オランウータンと飼育員.JPG     10オランウータン看板.JPG

そして次に向かったのは「モスク」、
マレーシアの国教はイスラム教、
コタキナバルにもいくつかイスラム教の寺院があります。
その中の一つ、サバ州立モスクへ。

11モスクの外.JPG     12モスクの中.JPG

黒のマントは無料で貸し出し。
モスク内の親切な警備員さんがいっぱい写真を撮ってくれました。
マレーシアの人々は、本当に陽気で親しみやすい人たちばかり。

13ウェイターさん.JPG     14楽器演奏.JPG

イタリアンレストランでは笑顔のステキなウェイターさん。
ホテルのエントランスでは、いとこ同士の二人が民族楽器の演奏でお出迎え、
真ん中に座って記念撮影しては?と誘ってくれました。
こんな風に、人とのふれあいが一番心に残りますよね。

たった3泊4日の旅行でしたが、まだまだ書きたいことがあるので次回に続く。


投稿者 寺田あかり


夢の国ディズニー                      寺田あかり

(2008/04/16)

春の日差しが降り注ぐ中、友達とディズニーランドに行ってきました。
今回は近隣のホテルに前泊して、気合も十分!

1食事.JPG
               
食事を終えて部屋に戻り、
次の日に備えて早く寝なくちゃ!と思いつつ・・・
友達の愛娘、3歳になったばかりのひなのちゃんも
私たちと一緒に夜中1時まで起きていました。
無理もないですよね。こんなに大きくなった私だって、
興奮してか、なかなか眠れませんでした。

そして翌日。
すでに春休みに入っていた方が多かったのか、
平日にもかかわらず、園内は人・人・人!
結局アトラクションは2つくらい乗っただけでしたが、
ショーやパレードを楽しんだり、
甘い香りに誘われてポップコーンを食べたり、
ディズニーの雰囲気を思う存分味わいました。

当日はたまたまアメリカから一時帰国していた友達も参加、
みんなでにぎやかな時間を過ごしました。

日中は力強さを増した日差しのおかげで、
コートが邪魔になるくらいの暖かさでしたが、
夕方以降は冷たい風とともに、どんどん気温が下がってきました。
あまりの寒さにイヤーウォーマー(耳あて)を購入。
このイヤーウォーマー、本当におススメ!耳を覆うだけでこんなに暖かくなるなんて!
急に寒くなったとき、私の必須アイテムになりそうです。
私とは対照的に、ひなのちゃんは腕まくりしてますけどね(笑)
本当に寒かったんですよ~(涙)

5耳あて.JPG

そうそう、私たちがディズニーに行ったのは3月12日、
この日付ですぐにピン!ときた方もいらっしゃるかもしれません。
この日は、関東のスギ花粉が大飛散となった日でした。
ある場所では一平方センチメートルあたり600個以上を観測したほど。
今年の春は私もくしゃみの回数が多く、
とうとう花粉症デビューかと思っていたら、
この日はなんともありませんでした。
花粉症を吹き飛ばしてしまうほどのディズニーパワー!?


投稿者 寺田あかり


結婚パーティー                        寺田あかり

(2008/02/18)

先日、親友の結婚パーティーに出席してきました。
お祝いのスピーチを頼まれていたので、
パーティーの数日前からハラハラ、ドキドキ。
お風呂に入るたびに声に出して練習、
駅に向かう途中も、マスクをしているのを良いことに
ブツブツ練習しながら歩いていました。
うっかり声が大きくなって、周囲の人々に聞かれてしまったことも!

そして、これでもう完璧!と臨んだスピーチでしたが、
ウルウル涙目の親友を見た途端に
あれ?、どこまでしゃべったっけ!?と頭が真っ白に!
すぐに思い出して何とか無事にスピーチを終えましたが、
一瞬ヒヤッとしました。
大学時代からの長いつきあいなのに、私は彼女の涙を一度も見た事がなかったんです。
すごく幸せそうな親友を見ることができて、
私も幸せな気持ちになりました。結婚式って本当に良いですね。

スピーチ.JPG

(注)なぜかカラオケで歌っているように見えますが、
まじめなスピーチでした!

パーティー.JPG

親友の職業はキャビンアテンダント、よって新婦側の余興はもちろん、
「○○航空の幸せ空港行きにご搭乗いただきまして、誠にありがとうございます。
到着地の天候は『うわの空』、気温は2人の熱気でむんむんのため
測定不可能となっております」
といった具合の、寿アナウンス!!!
これ、ナマで聞いてみたかったんです!感動しました!

ちなみに、気象予報士の中でも「寿解説」「寿気象情報」というものがあるんですよ!
お察しのとおり、天気予想図を二人の未来予想図に例えて、
二人の幸せ度を解説するんです。
以前、同僚の結婚パーティーに招待されたときに、
二人の男性気象予報士が、この「寿解説」を披露してくれました。
これもかなり盛り上がりますが、1つ問題がありまして・・・
それは、キャビンアテンダントさんと違って、
我々気象予報士には“制服”がないことです。
結婚式にお呼ばれした際に、衣装をどうするかが今後の課題です(笑)


投稿者 寺田あかり


節分に雪                           寺田あかり

(2008/02/06)

2月3日、私も藤森キャスターから雪情報&写真をもらった一人です。
雪の状況を把握するのに、予報士同士のネットワークはとても重要でありがたいのです。

藤森キャスターのコラムにもあったように、
関東の雪予報は本当に難しい!まさに予報士泣かせ!
実際、雪の予報に反して雨さえも降らなかった1月21日は泣きました(涙)

2月2日の夜10時過ぎから、東京大手町では「みぞれ」を観測、
あとは翌朝にかけてどの程度積もるかを気にしつつ、眠りにつきました。

降り出しを確認してから寝たにもかかわらず、
正直、明朝起きてカーテンを開けるまではドキドキでした。

勇気をふり絞って、外を確認しようとした瞬間・・・

「ガリッ、ガリガリッ!」

目で確認するまでもなく、
外から響き渡る独特の音がおしえてくれました。

ああ~、今回は「雪かき」するくらいに積もってる!!

東京大手町の最深積雪は3センチ、3センチの雪が積もったのは2年ぶりのこと。
そのほか、横浜7センチ、千葉6センチ、熊谷6センチ、
宇都宮で8センチの雪が最大で積もりました。

雪道.JPG

ヒールのないブーツを履いて、
ベタ足で一歩一歩踏みつけるように歩いて出勤。

空き地.JPG

近所の空き地には、真っ白な雪がどっさり。
私が大の大人ではなく、仕事前でもなかったら、
大きな雪だるまを作ってはしゃいでいた事でしょう!

雪だるま.JPG

私が見かけた雪だるまはこの1体だけ。
非常に小さくてごめんなさい。
駅のホームからズームしてなんとか撮った写真です。

至ってシンプルな雪だるま。
電線で少々見づらいのですが、
「ツノ」は残念ながら確認できませんでした。


投稿者 寺田あかり


あけましておめでとうございます              寺田あかり

(2008/01/08)

新年あけましておめでとうございます!
みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?
私は広島に帰省して、のんびり年を越しました。

私が生まれ育った場所は、瀬戸内海に面し、比較的温暖な気候。

1_瀬戸内海.JPG

真冬でもあまり雪が降らない場所です。
でも、この年末年始は強い寒気が入り、連日10度に届かない厳しい寒さ、
12月30日には雪が降りました。
積もるほどではありませんでしたが、一時強風を伴って、視界が悪くなりました。

寒さにはめっぽう弱い私ですが、親戚みんなが集まって鍋を囲んだり、

2鍋.JPG

縁側でひなたぼっこをしたり、
(外はビュービュー北風が吹いていても、ここは本当に暖かくて暖房いらず)

3ひなたぼっこ.JPG

実家の猫ちゃん「りの」とこたつで丸くなったり、

4りの.JPG

あたたかいお正月を過ごすことができました。

あ、もうひとつうれしい出来事、
気象センターのスタッフからおとし玉を頂きました。

5おとし玉.JPG

中身は・・・

6そらジロー.JPG

そらジローのシャープペン&ボールペン!
かわいいですよ~♪

そらジロー共々、本年もどうぞよろしくお願いします!


投稿者 寺田あかり


今年の紅葉                          寺田あかり

(2007/12/25)

今年の秋も「デイリープラネット60」の中で、
毎週のように紅葉情報をお伝えしました。
みなさんの紅葉狩りの計画に役立ったでしょうか?

紅葉狩りの思い出といえば、
数年前に紅葉の名所「日光・いろは坂」に行った時のこと。
見渡す限り真っ赤に染まった山々、
カーブ毎に設けられた文字板、い、ろ、は、に、
ぐらいまで数えたあと、そのあとの記憶が・・・
渋滞と車窓から差し込む柔らかい日差しのおかけで、
いつの間にかスヤスヤと眠ってしまいました(涙)

このところ、紅葉を見るために遠出する機会がなかったんですが、
今年はなんとか行けました。

紅葉1.JPG

場所は広島県三原市にある「佛通寺(ぶっつうじ)」
子供の頃によく訪れた場所なのに、これがあまり記憶になく、
新鮮な気持ちで紅葉を楽しむことができました。
赤色、朱色、黄色と、見事な色づき具合。
姪の「こころ」も、すごーい!と感動していました。

紅葉2.JPG

標高でいうと130メートル位のところにある「佛通寺」、
それでも、山の寒さをあまくみてはいけませんね。
この日、余分な上着を持って行かず大失敗、
薄手のコートでは、とてつもなく寒かったです。

慌てて家にたどり着き、
温まる間もなく姪っこが始めたあやとり、
そのうまさに感動!

私「ここちゃん、あやとり上手じゃねー!(⇒広島弁)」

姪「とっちも上手なんよ~(とっち=お父さんのこと、つまり私の弟)」

私「え!そんな趣味があったん!?」

弟「小さい頃、姉ちゃんのあやとりに付き合わされたじゃん」

・・・そうだ、思い出した。

私、二人でするあやとりが好きで、
相手がいないとき、弟を無理やり付き合わせてました(汗)

久しぶりにやってみると、これが意外に覚えていて楽しい!!

あやとり2.JPG

「山」、「川」、「あみ」、
一人あやとりだと、「ほうき」、「ダイヤモンド」、
「四段はしご」、それをちょっと変形させて「東京タワー」!

考えた人、本当にすごいな~!


投稿者 寺田あかり


ホットづくし!                         寺田あかり

(2007/11/19)

豚さん貯金箱.jpg電車をこよなく愛す藤富キャスターの日記を受けて、
まずは、その藤富キャスターと一緒に撮った写真です。

本当に電車が好きなんですね。
うれしそうに手に持っている豚さんの貯金箱、
実は「豚々拍子」という名前で売られている神戸駅の
駅弁だそうですよ。

さて、私たちの夏服からお察しの通り、
この写真は9月はじめに撮ったもの、30℃を軽く超えた
暑い日のことでした。
(随分前の写真でごめんなさい)

9月が終わり、10月に入っても気温は高く、
終わってみれば10月の気温も全国的に平年を上回る結果に。
東京都心の平均気温は19.0℃、平年より0.8℃高くなりました。

このまま、コートの出番がないのでは?と思うくらいでしたが、
今月、立冬を過ぎたあたりからは帳尻を合わせるように気温が
下がってきました。特に朝晩は大分冷えるようになってきましたね。

yumi ちゃん鍋.jpg寒い時期がやってくると、食べたくなるのはやはり「鍋」でしょうか。私も冬といえば鍋!
学生の頃から、しょっちゅうみんなで集まって鍋パーティーを
していました。みんなでワイワイおしゃべりしながら頂く鍋は、
体も心も温めてくれますよね。

友達のユミちゃんが鍋の締めくくり、雑炊を作ってくれて
います。

うさぎちゃんカプチーノ.jpgさらにホットドリンクが恋しい季節です。
こちらは最近見つけたお気に入りのカフェ。カプチーノに
こんなかわいいウサギちゃんを描いてくれるんですよ。
ちなみに友達のカプチーノには「くじゃく」が描かれていました。


ホットな鍋にホットなドリンク、ホットづくしのこの頃ですが、
もう一つホットなものが。それは「ホットパンツ」。
よく見えませんが、上の写真でもはいています。
カフェ.jpg私にとっては、コートや厚手のタイツ、ロングブーツで脚を隠せる
この時期だからこそチャレンジできるアイテムです。
ちなみにこのホットパンツ、「男性の熱い(ホットな)視線を集める」
ということで名づけられたんですって!
ホットな視線を集められる脚ではない私・・・ということは、
私がはいているものは、ただの「半ズボン」じゃないですかー!
失礼しました~(汗)


投稿者 寺田あかり


8月の思い出                         寺田あかり

(2007/09/10)

日本テレビ、夏の一大イベントといえば「24時間テレビ」
今年のランナーは萩本欽一さん、66歳。
猛暑の中、見事走りぬいた欽ちゃんの姿に、
多くの方が感動したのではないでしょうか。
私もその中の一人です。

天然のクーラー.jpg70キロマラソン、スタートを切ったのは8月18日、
この日、関東地方には猛暑を和らげる「天然のクーラー」が
稼動しました。それは、北の高気圧から吹き出した北東の風、
いわゆる「やませ」です。
18日の東京の最高気温は30度、前日より8度くらい低くなり
ました。同じ状況が明日まで続いてくれたら・・・

その願いもむなしく、翌日の19日、「天然のクーラー」は
稼動しませんでした。
北東の風から南よりの熱風に変わり、簾がわりの雲は消滅。
ジリジリと強い日差しが照りつけて気温が上昇、
ランナーにとって非常に過酷な気象条件となりました。
「がんばれ、がんばれ、欽ちゃーん!」
沿道からの温かいエールとハイタッチに後押しされて、
一歩ずつ前に進む欽ちゃん、
「サライ」が歌い終わってから少しして、見事ゴールイン!
猛暑に負けないで走り続けた姿に、とても感動しました。

私自身はというと、この8月は記録的猛暑を言い訳に、
できるだけ冷房の効いた部屋で過ごしていたような気がします。
でも、欽ちゃんの走りに刺激を受けて、このままではいけない!
と思いました。

暑い!暑い!といっている間に8月は幕を閉じ、これからスポーツの秋が
やってきます。70キロマラソンを走るのは難しいですが、自分にあった目標を
みつけて、いい汗をかきたいなと思います。

     スポ天ワイド。.JPG     武岡キャスターと。.JPG

★「スポ天ワイド」、古閑アナウンサー&桝アナウンサーと。
★「デイリープラネット」、武岡キャスターと一緒に。


投稿者 寺田あかり


神戸を満喫                          寺田あかり

(2007/08/07)

先日、神戸に行ってきました。
大学時代を関西で過ごしたため、神戸にはたくさん友達が住んでいます。
卒業してかなりの年月が経ちますが、会った途端にタイムスリップ、
当時の話で盛り上がり、大学生だったのがまるで昨日のように感じます。
もちろん時の流れを感じたことも。それは、かけがえのない命が誕生していること。
キュートな笑顔で、私にもいっぱい微笑んでくれました♪

リカちゃん1歳とコウセイくん9ヶ月です。

     ① りかちゃん.JPG     ②コウセイくん.JPG


今回、神戸で必ず行こうと決めていた場所があります。それは、「平安の間」!
そうです、日本テレビが独占中継した陣内さん&紀香さんの披露宴会場です!
どうしてもここで写真を撮りたかったんです。
「平安の間」の向かいにある日本庭園では、
日差しの具合で、何通りもの色合いを見せてくれる緑がとてもきれいでした。
     ③平安の間.JPG     ④日本庭園.JPG


⑤ハーバーランド.jpg
神戸を語る上で忘れてはいけないのが夜景ですよね。
私が好きなスポットはハーバーランド。
蒸し暑い夜でも、神戸港からの潮風が、とても気持ち良いん
です。




⑥お好み焼き.JPG
さらに、旅行中は、明日への活力!とばかりに食べまくりました。
初日のランチは、関西風お好み焼き。
広島出身なので、自分で作るお好み焼きは広島風ですが、
関西風お好み焼きも大好きです。
ソースとマヨネーズを大量にかけます。




夜は、鉄板焼き。
シェフの手さばきに釘付け!食材が目の前でどんどん調理されていきます。
神戸牛、明石タコ、フォアグラと、普段食べ慣れないものばかり。

     ⑦鉄板焼き.JPG     ⑧鉄板焼き.jpg


⑨ブッフェ.JPG翌日の朝は、ホテルの和洋ブッフェ。
ホットケーキ、フレンチトースト、ご飯、味噌汁、鮭、最後に
コーヒー ・・・ちょっと食べ過ぎたかな!?

大学卒業後、ずっと続けているエアロビクスですが、
神戸旅行から戻った翌週のレッスンで、スパルタ先生から
ひと言。
「あかりちゃん!おなかが出てる!!
レッスン休むからよ!!!」

さすが先生!よく見てらっしゃる~!確かに食べ過ぎました(涙)
ということで、ただいまダイエット中です!
ギャル曽根ちゃんみたいな体質だったらよかったなあ・・・


投稿者 寺田あかり


梅雨入り早々!                       寺田あかり

(2007/06/19)

6月14日、関東甲信地方の梅雨入りが発表されました。
で、これはその翌日15日の写真です。

  6月15日.jpg

青空です!暑いです!東京都心は今年初の真夏日になりました!

私の前を歩く小学生の女の子たち、どうみても日傘ではなく雨傘です。
傘を乾かしているのかな?それとも日傘代わり?
使うはずだった傘がじゃまになったのは確かですよね。
梅雨入り早々こんなに晴れるなんて・・・
でも、梅雨入りの発表の際には、以下のような注意事項が付いてくるんです。

(気象庁発表資料より)
・梅雨は季節現象であり、その入りと明けには平均的に5日程度の
「移り変わり」の期間があります。

・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに
発表する情報です。後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、
その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。

つまり、きょう梅雨入りが発表になったので、きょうからきっかり梅雨です!とは言い切れないんです。
さらに、入りと明けの期日が後日見直される場合もあるとの事。
実際、過去10年間でも、関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明け、それぞれ2回訂正されたことが
あるんです。

<梅雨入りの訂正があった年>
1999年 (訂正前)6月3日⇒(訂正後)6月17日
2001年 (訂正前)6月6日⇒(訂正後)6月5日

<梅雨明けの訂正があった年>
2000年 (訂正前)7月17日⇒(訂正後)7月16日
2001年 (訂正前)7月11日⇒(訂正後)7月1日

ということで、今年ももしかしたら訂正が入るかもしれませんが、
その発表があるのは夏の終わりなので、まだまだ先のこと・・・
高気圧に押され気味だった梅雨前線ですが、着実に本州に接近中です。
天の恵み、雨が適度に降って大地を潤してくれることを願います。

ところで、梅雨入りの発表があった翌日、都心の最高気温は30.9度、
翌々日は更に上がって31.2度、日中は日差しにフェーン現象が加わって真夏の暑さとなりました。
でも、日が傾くとすーっと心地良い風が吹き抜けて、半袖では肌寒く感じました。

わんちゃん.jpgこちらは、ワンちゃんがかわいくて思わず入った子供服のお店。
お店の方によると、ここ数日、お店でお子さんの夏服を買ってそのまま着替えさせて行くお母さんが増えたそうです。朝出かけるときは涼しくても昼間の暑さが強烈で、子供たちもお手上げ状態だったみたいです。
一日の気温差が大きくて、洋服選びが難しいこの頃です。常に調節しやすい服装を心がけるなど、体調管理には注意して下さいね。



投稿者 寺田あかり


連休中のハプニング                     寺田あかり

(2007/06/01)

ウェッジソール.JPGゴールデンウィークの出来事です。
広島の実家に帰省する日、羽田空港でやっちゃいました!
滞在中の広島は晴れて気温も上がる予想で、素足にサンダルがぴったり。買ったばかりのウェッジソールを履くことにしました。

旅の教訓!みなさん、旅には履き慣れた靴が良いですよ~!

羽田空港内、出発ゲートにむかう途中、足をひねってしまったんです。
ほんの少し踏み外しただけなのに、片方のウェッジソール、
足の甲と足首のバンドが両方とも切れて、履いて歩ける状態では
なくなってしまいました。
ウェッジソール②.JPG右足は裸足、左足は高いヒールで、ひょこひょこと歩く羽目に。
連休でたくさんの人でごった返す空港、「まあ~かわいそうに」と、ささやく声がちらほら。
飛行機の中で、客室乗務員の方がガムテープを持ってきて
くれて、一緒に応急処置をしてくれました。
そのガムテープも飛行機を降りたらすぐに取れてしまい、
結局、広島空港でも裸足で歩くことに・・・
旅の恥はかき捨てだぁー!

☆ウェッジソール(wedge sole)は、「楔形の靴底」という意味です。
靴底全体に体の重みが分散されるので、高さがあっても
あまり疲れないのが良いところ。
でも、履き慣れていないと私のように足をひねってしまうのでご注意を。


連休中のハプニングがもうひとつ。

GW.2.JPG以前このコラムに登場した姪が、連休の初日に左腕を骨折。
あっという間に補助輪なしで自転車に乗れたまではよかったのに、運悪く転んでしまったんです。
連休中は片手が使えず不憫でしたが、2週間後には完治して、ギブスがとれたその日に“鉄棒”や“うんてい”で普段どおり
遊んだそうです。
そんなにすぐ動かしても平気なんでしょうか!?
何はともあれ、早く治ってよかったです。


投稿者 寺田あかり


雨の日にもんじゃ                      寺田あかり

(2007/04/24)

もんじゃ3.JPG上京するまで、もんじゃ焼きはどんなもんじゃ・・・
想像もつきませんでした。
初めて食べたときは、その不思議な形状にびっくり!
その味と食感に感動!
この度、人生3度目のもんじゃを堪能してきました。


具を手際よく切り混ぜて、ドーナツ状の土手を作り、その中に生地をどばーっと流し込む。
この工程がおもしろくて、思わず鉄板の上に視線が釘付け。
そして、“はがし”と呼ばれる小さなヘラで押さえつけながら食べていきます。
鉄板の上で焦げ付けば焦げ付くほど、おいしさが増していくんですよね♪

     もんじゃ1.JPG      もんじゃ2.JPG


もんじゃ4.JPG明太子風味、海鮮風味、そしてカレー風味と、3人で3種類の
もんじゃを食べたあと、最後にもう1種類、もんじゃを焼いて
もらいました。具はなんでしょう?

正解は、チョコ、バナナ、生クリーム、コーンフレークの、
デザートもんじゃ。
同じもんじゃでも、デザートとなると別腹です。


さて、もんじゃ焼きを満喫した日の東京は、土砂降りの雨でした。
今年の4月は本当に雨の日が多いですね。
ショップ.bmp東京で雨が降った日(0.0ミリ以上)を数えてみると、
4月23日現在で合計18日。残り一週間で、雨日数はさらに増えそう
です。

雨の日は、雨の音をBGMに部屋でのんびり過ごすのも好きですが、
どうしても行かずにはいられないショップがあります。
なぜかというと、雨の日はポイント2倍!!!
ポイントがたまると、1000円引きになるんです♪
ワンピースがほしいけれど、半袖はまだ早いかな~。


投稿者 寺田あかり


変わりました!                       寺田あかり

(2007/04/23)

左は4月4日、右は翌日5日の東京タワーです。

     4 月 4 日__.jpg      4 月 5 日__.jpg

4日は上空に強い寒気が流れ込んで、大気の状態が不安定になりました。
東京タワーも、天気そして気温の激変に驚いたことでしょう。
辺りはみるみる暗くなり、鳴り響く雷、そして、ついに空から白いものが降ってきました。
東京都心ではみぞれを観測、都心での「4月の雪」は1988年以来19年ぶりのことでした。

翌日の5日は天気が回復し、澄んだ青空が広がりました。
赤&白の東京タワーと青い空のコントラストが、とてもきれいです。

いま何かと話題の「東京タワー」。空の色でこんなに表情が変わるんですね。

ところで、“変わる”といえば、私たちも変わりました!
日テレNEWS24のキャスタープロフィールがリニューアル、
3月某日に撮影が行われました。
私たち気象予報士はシフトで働いている関係上、みんなで集まるチャンスが少ないのですが、
撮影日には、藤森涼子キャスター、小越久美キャスター、藤富郷キャスターと会うことができました♪

あ!!藤森さんの鍛えられた腹筋、触らせてもらうのをすっかり忘れていました!
ショック(涙)

   藤森さん♪.jpg     藤富さん&小越さん♪.jpg


投稿者 寺田あかり


手編みのセーター                      寺田あかり

(2007/02/26)

画像 2月コラム用 012.jpg2007年1月30日~2月17日、東京の最高気温はずーっと10度以上、本来ならこの時期が一番寒くて、日中でも9度そこそこなのに、今年は本当に暖かい!

先日デパートに寄ったら、大好きなモデルさんが雑誌で着ていたコート、まだたくさん残っていました。それもかなりの割引・・・
買おうか、買うまいか散々迷いましたが、やっぱりやめときました。
「バーゲン」という文字にめっぽう弱い私が買うのを思いとどまるくらい、
今年の暖冬は強烈です。


画像 2月コラム用 035.jpg毎年、姪(4歳)に手編みのセーターを送っていますが、これも暖冬のせいで、どうも編む気にならず、「今年は、まあいっかー」と思っていたら、姪が39度の熱を出したとメールが入ったんです。
小さな体で高熱にうなされるなんて、かわいそうでかわいそうで。
遠く離れて暮らしているので何もできない・・・せめてもと、温かいセーターを編むことにしました。

もちろん、完成したときには姪っ子の熱も下がって、すっかり元気に!



こころ① Image009.jpgちなみに姪がかかった病気は咽頭結膜熱、いわゆる「プール熱」だったそうです。
プールを介して感染することが多いので、この俗称がついたそうですが、決して夏だけに起こる病気ではないんですね。

暖冬、暖冬といっても朝晩は冷えますし、突然寒さが戻る日もあります。
みなさん、体調を崩さないようにしてくださいね。


P.S.
姪っ子は何歳まで私の作った服を着てくれるのでしょうか。
手編みなんかやだーーー!と言い出したら、伯母ちゃん泣いちゃうよ~。


投稿者 寺田あかり


グーテンターク!                       寺田あかり

(2006/12/18)

グーテンターク!
遅い夏休みを頂いて、いまウィーンに来ています。
地中海に近いとはいえ内陸のオーストリア、冬は厳しい寒さになります。
寒いぞ、寒いぞー!と覚悟して来ましたが、現在こちらは暖冬傾向。
初日のウィーン、最高気温は9度、思ったほど苦にはならない一日。
快晴の空がほっと気持ちを和ませてくれます。

朝食をとってまず向かったのが、シュテファン寺院。高さ60mの塔を上ると、真っ青な空の下に
ウィーンの街を一望できます。

       シュテファン寺院.JPG     塔からの眺め.JPG


シェーンブルン宮殿.JPG次は、シェーンブルン宮殿,一時間かけて宮殿の中をみてまわりました。
そのあと、宮殿の裏にある小高い丘へ。結構な距離があってヘトヘト状態、丘の上にある離宮の前でぼーっとしていたら、そこに見覚えのある顔が!大学時代のチアのチームメイト、ゆかこでした!ちょうど同じ時期にウィーンを旅していることだけ知っていて、これから連絡をとってみようかなあと思ってる矢先に偶然出会っちゃいました。ウィーンとはいえ、世の中狭いものです。


       ゆかことばったり.JPG     クリスマスツリーの前で.JPG

みんなでお茶しようと、離宮の中にあるカフェへ。ここは、ハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアもよく
朝食をとった所だそうです。
ウィーンでは、コーヒーと一緒にお水を出してくれます。
日本でよくみかける風景だけど、日本の喫茶店がウィーンのカフェを真似してコーヒーと一緒にお水を
出すようになったとか。

       コーヒーとお水.JPG     ゆかことお茶.JPG     

お茶のあとは、王宮庭園にあるモーツァルトの像へ。その近くには国立オペラ座があります。
音楽の都に来たのだから音楽の世界にどっぷりつかろうと、「バレエ」をみました。
クリスマスがテーマの「くるみ割り人形」。生のオーケストラは感動!なにより、オペラ座内の装飾が
豪華!

          モーツァルト像.JPG        オペラ座.JPG


中華料理.JPGちなみにきょうの夕食は中華料理!海外にくると日本にいるとき以上に、ごはんが食べたくなります。

次の日は、スロバキアの首都ブラチスラバへ日帰りで行ってきました。
ブラチスラバは、ウィーンから電車で1時間ほどの、ドナウ川に面した古都。ウィーンはきょうも快晴で気温8度。ブラチスラバでも、ひなたぼっこしながらのんびりお散歩、と期待していたのに…ブラチスラバの最高気温は1度前後、震えながら旧市街を一周しました。
街中にはユーモアあふれる像が点在しています。マンホールの中から顔を出す人、歌っている人。
そして女性2人・・・これは郵便ポストでした。


       マンホール.JPG     歌っている人.JPG


         女性2人=郵便ポスト.JPG         クリスマスイルミネーション.JPG


日本食レストラン.JPGクリスマス一色のブラチスラバ、きれいだったけど寒さに耐えきれず夕方にはウィーンに戻ってきました。さあ晩御飯!やっぱりごはんが食べたい!きょうは日本食レストラン「ほのぼの」へ!コロッケ&野菜炒め定食がおいしかったです。

あすはザルツブルク、「サウンドオブミュージック」の世界に浸ってきま~す!


投稿者 寺田あかり


エステデビュー                        寺田あかり          

(2006/10/10)

ワンピース写真.jpg今回は、私の失敗談と初体験をお伝えします。

私にとって今年は「ワンピースの年」。春先からワンピースを買い続けています。それも見事なまでに同じようなワンピース、胸元がVの字にあいているものばかり。
ワンピースって上下のコーディネートを考えなくていいので、とても楽なんですよね・・・


日焼け①写真.jpg私、日常紫外線を甘くみていました。
夏が終わってふと気が付けばうっすら日焼けの後が!
さらに秋に入ってある休日、2、3時間ほど屋外で過ごした日のこと。同じように胸元があいたワンピースを着ていたら、真っ赤に日焼けしてしまったんです!
顔は日焼け止めをばっちり塗って完全防備していたのに、胸元は、まったくの無防備でした。
ちょっとした外出でも「ちりも積もれば山となる」ですよね。
「後悔先に立たず」という諺もありますね~(涙)

エステ写真.jpg
ただ悔やんでいても仕方ない!そこで、この秋、私はエステデビューです。
大学時代の後輩に連絡、「いづみちゃ~ん、助けてくれ~~~!!」
彼女はエステティシャン、ゴッドハンドの持ち主なのです。
美白効果ばっちりのコースで、心身ともに癒されました♪




いづみちゃんと写真.jpg
スポーツの秋に、行楽の秋、屋外で過ごす方が多いかもしれません。
でも、この時期になっても紫外線はまだまだ強いですよ。
日本付近でのオゾンの量は、春に多く秋に少なくなります。ということは、地上に届くまでにオゾンが吸収してくれる紫外線の量も、秋が最も少ないことになります。ですから、地上に届く
紫外線の量は、秋になってもまだまだ多いままなんですね。
過ごしやすい陽気だからといって、油断しないで、しっかり紫外線対策をしたいですね。
私も気をつけます!


投稿者 寺田あかり


夏こそ風邪にご用心!

(2006/07/31)

関東の梅雨明け平年日は7月20日頃。
梅雨明けと同時に夏休み突入、そんな年が多いのですが今年は梅雨前線がしつこく日本付近に停滞、なかなか夏空がみえてきませんでした。九州や四国の梅雨明けも平年より8~13日も遅れましたね。
そのため、日照不足で野菜の価格が上がったり、衣料品の売上げが落ち込んだり、いろいろなところに影響が出ているようです。

湘南.jpgこの写真は、7月末の湘南、遠く見えるのは江ノ島です。どんよりと雲に覆われ、なんとも寂しげな海岸。長梅雨の影響は、海の家にも出ているそうです。

夏空のスタートが遅れた分、8月はおでかけの予定をぎっしり詰め込んでいるかもしれません。でも、体調を崩してしまったら、せっかくの夏休みが台無しですよ。
「夏風邪」には十分な注意が必要です。



夏風邪の対策としては、
①手洗い、うがいをこまめに
 冬の風邪と一緒で、手洗いとうがいは基本中の基本。これだけで、かなりウイルスの感染を防げます。

②エアコンの設定温度は高く
 夏は暑くて湿度が高いから風邪にかかりにくい、というのは屋外での話。エアコンが効き過ぎている室内では、のどが乾燥して風邪にかかりやすくなっています。エアコンの設定温度は高めにしておきましょう。
 高めの設定では暑くて眠れない夜は、風があると涼しく感じるので、扇風機を一緒に使うと効果的。
また、柔らかいアイス枕を使うと気持ちよく眠れますよ。

③しっかり食べてたっぷり寝る
 栄養が不足していたり疲れていたりすると、免疫力が低下して、風邪にかかりやすくなります。栄養を
十分にとり、しっかり寝ることで、免疫力アップを!

natsu.jpg

投稿者 寺田あかり


無題

(2006/05/22)

今年のゴールデンウィークは、本当に好天に恵まれましたね。
私はふるさと広島に帰省して、姪っ子と思いっきり遊んできました。
初夏の日差しで、ほんのり日焼け。でも、これからはますます紫外線が強くなるので、もっと気をつけないと、、、と思っていた矢先、今度は太陽が連休に入ってしまいました。
ゴールデンウィークが明けてからは、くもり、雨、若葉寒と、帳尻を合わせるように本州付近はぐずついた天気が続きましたね。 反対に沖縄の梅雨入りが平年より遅れました。 。

☆梅雨前線は春の空気と夏の空気のぶつかり合い、例年だと、5月上旬は沖縄あたりで違う空気のせめぎあいが起こり、沖縄に雨の季節をもたらします。


今年の場合、夏の空気、つまり太平洋高気圧の勢力が強すぎて、梅雨前線をぐっと北に持ち上げてしまいました。このため、沖縄の梅雨入りが遅れ、かわりに本州付近がまるで梅雨のような空模様となったんです。


奄美地方は5月13日、沖縄地方は14日に梅雨入りしました。 いずれも平年より遅い雨の季節到来です。そのほかの梅雨入り平年日は以下の通り。

さて、梅雨といえば、湿度が高くてムシムシ、ジメジメ。
この湿度、パン作りにも影響があるんですよ。
(⇒気象予報士の仲間に誘われて、かれこれ2年間パン教室に通っています)
パン作りには、湿度50~60%(室温20~25℃くらい)がベスト。
パンの生地はとてもデリケートなので、その日の湿度にあわせて、生地に入れるお水の量を調整します。湿度が高いときは、お水を少なめに。
また、パン生地は乾燥が苦手なので、できるだけ乾燥しないように濡れ布巾をかけるなど、生地を大切に扱います。
(1)生地を丸めて  (2)一時発酵    (3)分割    (4)成形  (5)焼いて出来上がり!

さあ、本州も、いずれ一ヵ月半に及ぶ梅雨本番に突入します。 お気に入りの傘とともに、雨の季節を乗り切りましょう。

投稿者 寺田あかり


春です!チャレンジです!

(2006/03/13)

3月6日、東京では春一番が吹いて気温上昇。ただ、この春一番に「寒の戻り」はつきもの。翌日の東京は一転して寒々しい一日、街行く人々のファッションは、パステルカラーの春色からモノトーンの冬色に早変わりとなりました。こんな風に寒暖を繰り返しながら気温は徐々に上がり、もうすぐコートなしで軽やかに外出できる季節がやってきます。
そこで毎年恒例、この時期に決意することがあります。ダイエットです!
コートに身を包むことで何とかカバーしてきた体のラインが、薄着になって気になり出す季節なのです。
実はこの季節、生理学的にもダイエットに最適な条件がそろっているんです。
気温が下降する秋~冬は、寒さから身を守るために体が脂肪を蓄えるようになっていて、気温が上昇する春~夏の方が、脂肪は体につきにくいようです。一方で、気温が低いほど体温を維持するために多くのエネルギーを消費するので、脂肪を燃焼させやすくなります。つまり、春先の「寒の戻り」の時こそ、両方の条件を満たすダイエットに絶好のタイミングなんです!

突然ですが、日テレダイエット事情!
まずは、宮原キャスターにインタビュー。
最近、プチダイエットをはじめたそうです。その内容は、「毎日食べていたアイスクリームを食べないようにしている」・・・毎日アイスを食べていたのに、その華奢でスリムな体型を維持している宮原さん、そこがすごいと思いますよ~!
原元キャスターは、今まで意識してダイエットをした事はないそうです(うらやましい~!)
ダンスやバレエで体を動かし、さらに去年の体育の日以来ジョギングにはまって、週3回位は走っているそうです。楽しみながら運動、そして自然にシェイプアップ、それが原元さんの美しさをキープする秘訣なのかもしれませんね。

続いては、気象予報士の木原実さん、
日本テレビ「ミラクル☆シェイプ」で、惜しみなくお腹を披露した木原さん、日々の努力で見事ダイエットに成功!でも、木原さんの本当のすごさは、番組の企画が終了してからも、健康的な食事と運動を欠かさず、見事その体型を維持していることです。
ところで、私はというと、ダイエットとリバウンドの繰り返し。痩せた分、食べてしまうんです。そこで、木原さんから効果抜群のダンスを教わりました!
詳しくはこちらのHPをチェック⇒http://www.ntv.co.jp/shape/ 
「修二と彰」ならぬ「みのるとあかり」をご覧下さい!

楽しみながら痩せる!これって一石二鳥、最高ですよね。
大好きな唐揚げ弁当はやめられそうにないので、アミーゴダンスとエアロビクスでダイエット頑張ります!

投稿者 寺田あかり


世界のどこかで

(2006/01/01)

新年明けましておめでとうございます。2006年もどうぞよろしくお願いします。

さて、日本列島は昨年末から、第1波、2波、3波、4波と、次々に押し寄せる大寒波に見舞われています。今年は特に強い寒気が南下しやすいようですが、その原因は、偏西風が蛇行すること。偏西風の蛇行によって、強い寒気が南下しやすい状態になります。偏西風は、地球をぐるっと1周しています。どこかで寒気が南下している時には、どこかで暖かい空気が北上しているのです。つまり、地球のどこかが寒くなると、別のどこかが暖かくなることに。気象用語では「テレコネクション」と呼ばれていますが、世界のどこか1か所で起きた現象が、世界中のいろいろな所に影響を及ぼすことがあります。

【この図は去年の放送で使用したものです】

時を遡って去年の秋、ヨーロッパは記録的な暖かさでした。その時私は、ちょうどスイスとフランスにいました。10月、スイス(バーゼル)の最高気温は13度位、東京が平年で22度前後なので、日本よりずっと寒いはずでした。そこで、寒さに備えて厚手のジャケットをいっぱい持っていったのですが…結局、日本にいる時より薄着ですんでしまいました。10月末になっても最高気温は連日約20度。紅葉も進んでもうすぐ初冬という季節なのに。

【ライン川のほとり】【アルザス(ストラスブール)の街並み】【国境の街バーゼル】


また、パリでは10月中旬から本格的に暖房をつける所が多いようですが…やっぱりパリも暖かく、お土産物屋の店員さんもこんな年は珍しい!と話してくれました。

【暖かな秋のパリ】【雑貨屋さんの前で】【夜のエッフェル塔】


世界は常につながっています。このヨーロッパの暖かさが、日本の寒波の前兆だったのかもしれません。すでに極寒を経験した日本列島ですが、冬本番はまだまだこれから。「雪」そして「寒さ」に対してしっかりとした備えが必要です。


最後に前回のコラムで約束していたこと…こんなん出来ましたぁ。
左:3歳になる姪のために編んだジャケットセーター、暖かそうでしょ?
中央:友達の愛娘(8か月)にはルームシューズ編んでみました♪
右:ひなのちゃん、気に入ってくれたかな?

投稿者 寺田あかり


あかりの日

(2005/10/24)

10月21日は「あかりの日」、私の名前もあかりですが、全く関係ありません。
1879年10月21日は、アメリカの発明王エジソンが白熱電球を完成させた日です。
これにちなんでできた記念日です。
ところで、明るさを表す単位は「ルクス」。厳密にはルクスは「照度」の単位で、ある一定の面積にどれだけの光が届いているかを示すものです。晴天の日で昼の太陽光は10万ルクス、曇りの日でも昼間は3万ルクス位あります。ただ夜は月あかりがあっても1ルクス以下と、夜は照明がなくては何の作業もできません。普段何気なく使っている照明ですが、こう考えると、照明の大切さを実感しますよね。
日ごとに夜の時間が長くなるこの時期は、あかりを灯して過ごす時間も増えます。この時、十分な明るさがないと、目を悪くするばかりでなく作業の効率も落ちてしまうんです。

例えば、勉強や読書には300~1000ルクス必要といわれています。でも、居間の照明では100ルクス前後と、家の中ではなかなか十分な明るさを確保できません。そんな時は、手元を照らすスタンドをあわせて使うのが有効です。



宮原さんは手先がとても器用で、パッチワークは高校時代からの趣味、今はまっているのは和裁で、今年中には浴衣作りにチャレンジするそうです。手芸や裁縫には、750~2000ルクスが必要で、コンビニエンスストアの明るさに匹敵します。宮原さんも最適なあかりを選んで下さいね。


私も一応編み物好き、でも気が向いた時だけやるので、1シーズンに1作品がやっと…今年は何作ろうかな~次回の日記で披露できるよう頑張ります!


毛糸はベージュや生成り、白が好きです。むかって右は、毛糸?ぬいぐるみ?いえいえ、お友達の愛犬「バムセ」です。

投稿者 寺田あかり


真夏の過ごし方

(2005/08/15)

~昼~
立秋を過ぎましたが、残暑が厳しいこの頃です。
去年は、東京都心の真夏日連続日数が40日という驚異的な記録となりましたね。
今年も夏休みに入ってからは連日30度以上の真夏日、さらには35度以上の「酷暑日」も続出!・・・でも、この30度や35度という数字、ちょっと取り扱いに注意が必要です。
というのも、気温は風通しがよく直射日光が当たらない地表1.2~1.5mの高さのところで測定されているんです。このような条件で測定された気温と、直射日光が当たるアスファルトやコンクリートの温度が全然違うのは当然!地面からは熱が放射され、さらに強烈な日射が地面に反射し、その照り返しによって地面近くの空気が熱せられます。だから、地面に近いほど気温はどんどん高くなるんですね。



例えば、天気予報での日中の気温が30度だったとします。このとき、身長1.5mの大人の顔や首あたりの気温は、30度くらいです。でも、身長80cmの子供では、顔や首あたりの気温が40度くらいになってしまいます。さらに、ベビーカーに乗っている赤ちゃんやペットの犬や猫は、気温50度近い過酷な環境にいることになります。
陽射しの強い夏の昼間は、大人よりもお子さんの方が日射病や熱射病にかかりやすいので、十分に気をつけてあげて下さい。


~夜~
さて、東京は夜になっても気温が下がらず、暑いですね。
広島に住んでいたころは、昼間どんなに暑くても夜風がクーラー代わりになり、冷房なしでも充分熟睡できたものです。東京に引っ越して早5年、真夏の夜がこんなにつらいとは! なぜ都会は気温が下がらないか。。。
その答えは、「ヒートアイランド現象」。車やエアコンなどから大量の熱が放出され、さらに都会のコンクリートに囲まれて熱が逃げにくくなっているので、都市部の中心ほど気温が高くなってしまうのです。東京ではこの100年間に年平均気温が3度も上がったみたいですよ。

そんな寝苦しい夜を吹き飛ばすのは、やっぱりお祭り!
先日、盆踊りに行ってきましたが、「東京音頭」は未だに踊れず、楽しそうな輪の中には入れませんでした。


地元広島の「やっさ踊り」だったら完璧!でも、今年は帰省できないので、これまた踊れません。
(←去年の写真)
☆ それと、いつかチャレンジしたいのが高知の「よさこい」。鳴子を持って踊る姿がとても優雅でかっこいい!相当難しそうだけど覚えられたら、かなり大きな充実感・達成感が得られるでしょうね。


来年の夏こそはお祭りに参加したいな。
そんなフラストレーションを吹き飛ばすべく、今夜も日テレの収録スタジオで「マツケンサンバ~♪、オレイッ!」
気分が乗らないときも、このラテンのビートが流れた途端に元気が出る私です。

みなさんも夏バテ・夏風邪には注意して、暑さを一緒に乗り切りましょうね!

投稿者 寺田あかり