暑さと寒さ どちらが苦手?

(2019/01/07)

気象キャスターの岡田沙也加です。
突然ですが、
暑いのと寒いの、皆さんはどちらが苦手ですか?
先日、この質問に本気で向き合う本に出会いました。

「暑さ寒さと人間ー至適温度へのアプローチ」(中公新書・1977年)


201901071.jpg


この本によると、
まず、人間の体温の上限は42度くらい。
これを超えると細胞のタンパク質が変化してしまうそう。
普段の体温が36度くらいですから、上限は+6度と意外とすぐなんですね。

下限はどうか。
24度くらいまで下がっても蘇生できた例が紹介されていました。
(とは言っても33度以下になると意識障害に陥るそうで危険です)
こちらはケース・バイ・ケースですが、普段の体温と比べると大分低い。

結果、
極論で言えばどちらかというと寒い方に強い?と言えそうですね。

ただ、ですよ。
暑さに弱いからこそ、人間の身体は暑さを冷ますための機能を
しっかり備えています。私たちは、100度近いサウナの中でも、
太陽の下でフルマラソンを走りきっても、何とか生きていますよね?
これが可能な動物は、大量の毛穴から汗をかくなどの冷却システムを持つ
人間くらいだそう(ラクダを除く)。

こう考えると、うーん。
見方によっては暑い方に強い、とも言えるのかもしれません。

と、こんな話をしている中ですが、、、

いずれにしても体温に変化が出てくるような暑さや寒さは
身体に大きな負担がかかります。
そうなる前に、エアコンや毛布などでしっかり身体を気遣ってあげることが大事。
気象情報もしっかり確認して備えてくださいね。

ちなみに私は寒い方が苦手です。

投稿者 岡田沙也加