変わりゆく気象

(2018/07/30)

今月の歴史的豪雨で、大雨特別警報の出ていた日、
私は日テレNEWS24の気象情報を担当していました。

どうすれば、皆さんに危機感や切迫感が伝わり、行動に移してもらえるか...
できる限りの最善は尽くしていますが、時間上、
すべての場所をピンポイントでお伝えすることはかないません。

私たちは いつも必ず、この地域は、いつどんな警戒をすべきか、
という情報をお伝えしていますので、皆さんにもぜひお願いがあります。
ご自身の地域が該当するのを耳にした際は、ホームページで、
ピンポイントの場所の状態を確認する習慣を持っていただきたいのです。

雨雲レーダーで、危険な雨雲はいつ頃来そうか、
土砂災害や浸水害、洪水の危険度など、すべて気象庁のホームページで、
市町村レベルの詳細までリアルタイムで知ることができます。

また、普段からハザードマップで、
自分の住む土地にはどんなリスクがあるのか、把握しておくことも大切です。
山や川の近くでないから大丈夫、と思っていても、意外と危険性があるものです。

雨の降り方や、起こる災害が、これまでの常識で通用しなくなってきた時代、
各自で情報を得るスキルが生死を分けると言っても過言ではないと思います。
ご年配の方にも使い方を教えてあげたり、情報を見てあげてください。


さて、その後の記録的大猛暑も大変なものでしたね。

猛暑でパンダも外で遊べない日が続きましたが、
その分、母娘はいつも以上にじゃれ合っていました。


201807301.jpg


観覧の行列は、猛暑で急激に減りました。

こちらは、猛暑日に買ってみた、溶けないアイス!?


201807302.jpeg


30分ほど持ち歩いて開封したのですが、原型をとどめていてびっくりです!

早くに真夏のやってきた今年ですが、まだこれから8月。
被災地の皆さんにとって、
残りの夏がどうか少しでもやさしいものであるよう、願っています。

投稿者 美濃岡洋子