満開へ向けて...桜も私も

(2016/03/28)

今年は、いつもより早く桜が咲き始めました。
さぁお花見へ!と思ったら寒さが戻り、開花のペースはスローダウン。
でも今週は暖かくなって再び満開に向け、桜前線がスピードアップしそうです。
ソメイヨシノが終わっても、遅咲きの桜だってありますよね。

もし私自身を桜にたとえるなら、行きつ戻りつしながら、
まだ五分咲きの遅咲き桜でしょうか?!
一本でも人々を魅了できる満開桜となれるよう、
勢いをつけて歩き出さなければいけない時がやってきたようです。

わたくし、この春をもちまして日テレNEWS24を卒業することになりました。

私にとって、初めてのテレビのお仕事。
最初は大事な気象情報をみなさんにお伝えするどころか、
カメラの前で話す自分のことだけで精一杯でした。
そんな私を温かく見守り、支えてくださった
制作スタッフのみなさん、
技術スタッフのみなさん、
ヘアメイクのみなさん、
スタイリストさん、
そして一番近くで助けてくださった気象センターのみなさん、
本当にありがとうございました。

女子会では、先輩の気象キャスターの方々に、いつも励まされ、
元気をいただきました。


201603281.jpg


やっとキャスターとしてやっていけそうな気がしてきた2014年秋。
気象情報に新コーナー"里奈のぴったリ~ナ"をつくっていただきました。
エンディングまでのわずか30秒あまりで、私なりの言葉で天気のメッセージを
届けようと奮闘してきましたが...
振り返ればいつも、隣りのニュースキャスターのみなさんに助けられてきました。
このコーナーのおかげで、私は気象予報士として防災を最優先し、
一人でも多くの人の役に立ちたいという思いが、いっそう強まりました。

これからも天気と真剣に向き合い、
専門家として満開の花を咲かせられるよう、
全力で前進していこうと思います。

日テレNEWS24とともに迎えた5回目の春に、
まだ五分咲きの私はさらなる進化のために旅立ちます。

今まで応援してくださった視聴者のみなさん、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

桜は一度散っても、また次の春には綺麗な花を咲かせます。
ここで満開とはなれなかった私ですが、
また来る春には見頃を迎えられるように頑張ります。

あっ、お礼を言い忘れていました!
そらジロー
くもジロー
ぽつリン
仲良くしてくれて、ありがとね☆

気象予報士 尾崎里奈


201603282.jpg

投稿者 尾崎里奈


始まりの季節

(2016/03/28)

各地で平年より早く桜が開花し、いよいよ春本番ですね。
私は、たくさんの桜の木の下で賑やかにお花見をするより、一本だけ咲いた桜を静かに
眺めるほうが好き。東京タワーのふもとにひっそり咲く桜は、控えめだけど存在感が光る、
魅力的な姿です。

これは昨年撮影しました。


20160328.jpg


ひっそり咲く桜といえば、
昨年4月に訪れたドイツのデュッセルドルフで、街中に一本の桜を見つけました。
日本とは違い、4月でもまだダウンコートが手放せない寒さの中で、ピンクの花を見て
ホッとしたのを思い出します。

春は別れの季節でもありますが、新たな始まりの季節でもある。
力強く咲く一本の桜は、前向きな気持ちにさせてくれます。

日曜日と月曜日を担当してきた日テレNEWS24の気象キャスターを今月で卒業します。
この3年間、残念なことに気象災害が何度も起き、気象予報士としてできること、
しなければいけないことを幾度となく考えさせられました。
災害を未然に防ぐという、予報士の最大の役割が機能できなかった時は、悔しさと無能さ
で自分を責めることもありました。自然のパワーには到底、人間は追い付けません。
でも、学習することはできる。これまで起きた災害の二の足を踏むことがないよう、
私たちは過去の事例を学んで、今後に生かしていかなくてはいけません。
だから一生勉強しなければいけないのだと思います。

日テレでの3年の間に、私個人としては、結婚して妊娠し、大きな変化がありました。
でも気象センターに来ると、いつものメンバーがいて、アットホームな空気が漂っていて、
変わらない居心地の良さが嬉しかったです。産休中は、視聴者として気象情報を時には
厳しく、時には楽しみながらチェックしたいと思います。
日テレでの多くの経験と学びは、これからも私の財産です。前向きに生かしていきます!
3年間ありがとうございました。

投稿者 山本志織