東京観光♪

(2018/04/23)

仙台から東京に引っ越してきて5度目の春を迎えました。
学生の頃も東京で過ごしていたので、
東京に住んでいる期間はトータルで10年くらいになるのですが、
先日、初めて「はとバス」に乗りました!
THE東京観光です。

東京タワー周辺や銀座、お台場を1時間ほどかけて回るコース。
銀座はたまにランチに行きますし、
東京タワーは日テレに通う途中によく見かけています。
でも、大きなバスで、ガイドさんの説明を聞きながら通ると、
いつもと少し違った景色に見えました。
新しい発見があったり、楽しめました!

せっかく東京に住んでいるのだから、
もっといろいろ観光しようかなあと思ったのでありました。


201804231.png

投稿者 奈良岡希実子


春からよろしくお願いします。

(2018/04/02)

みなさん、はじめまして。
4月から気象情報を担当させていただくことになりました、
岡田沙也加です。

初めてだらけの春ですが、つい先日、初めてのフルマラソンに挑戦しました。
結果は.........


201804021.jpg


......なんとか完走!!(ごめんなさい。半分は歩きました。)
途中、足が痛くてゴールできるか不安になりましたが、
「頑張ってね」と声をかけてくれた周囲の方々の顔、
「本当に走れるの?」と報告を楽しみにしてくれている相方アナウンサーさんの顔。


201804022.jpg


そして完走賞(なんとティファニーのペンダント)や
途中でもらえる"ういろう"(名古屋名物)を思い浮かべながら、
どうにか6時間36分01秒という制限時間ギリギリのタイムでゴールにたどり着きました。


201804023.jpg


さあ、これで、人生でやりたいことリストの1つを達成できました。
やったね!


201804024.jpg


気象予報士になって4回目の春。
この仕事は出会いも多ければ別れも多くあります。

悔いを残さないよう、毎分毎秒、
目の前の空・人・コトと真剣に向き合っていきたいと思います。

みなさん、これからどうぞよろしくお願いします! 

投稿者 岡田沙也加


2年間ありがとうございました!

(2018/03/29)

皆様へ

今月をもって日テレNEWS24の気象キャスターを卒業することとなりました。


201803291.jpg

201803292.jpg


この2年間、いろんな天気の日がありました。
とっても穏やかな気象予報士いらずの天気の日もあれば、
台風や大雨、大雪の日もありました。
台風が襲来して夜中まで勤務していた時、
仕事の合間に食べたスープの味がとても思い出深かったりもします。

2016年9月のことですが、長く飼っていた愛犬が天国へ行った日に
日テレNEWS24のスタジオ窓から見た空が、私は忘れられません。
今にも泣き出しそうなという表現がしっくりくる、どんよりした曇りの日でした。
その当時は、どうしようもなく辛く悲しく落ち込んでいましたが、
私の天気予報を必要としてくれている方がいると思えたことで、
涙せずにその日を乗り越えることができました。
改めて、お礼を言わせて頂きたいです。

番組をいつも見て下さった皆様、応援して下さった方々、
本当にありがとうございました。

この度、日本テレビを離れますが、
私は気象キャスターの仕事が好きなので、引き続き仕事は続けて参ります。
また、どこかでお目にかかることがあれば、
そのときは温かい目で見守って頂けると嬉しいです。


國本未華



投稿者 國本未華


パンダと復興と

(2018/02/05)

上野動物園の赤ちゃんパンダ、
シャンシャン観覧の抽選は、全期全敗でした。。

その両親であるリーリーとシンシンは、
四川大地震に遭って避難したのち、
来日してわずか2週間ほどで東日本大震災に遭っています。
それを乗り越えて、シャンシャンが誕生したと思うと、感慨深いですね。

震災といえば、こちらも。
神戸の王子動物園、タンタンに会いに行きました。


201802051.jpg


私は、パンダの顔や身体を識別するのがささやかな特技なんですが、
タンタンは小柄で短足なのが可愛いのです!


201802052.jpg


夢のツーショットが撮れるほど、ゆっくり間近で見られます。

タンタンは、2000年に、
阪神淡路大震災の復興を励ますためにやってきました。

帰りに見た神戸の夜景、学生時代より迫力を感じました。


201802053.jpg


あの日からずっと、被災地が前に進んで来た何よりの証拠、
キラキラの街が、その力強さを物語っています。


タンタンは、パンダとしてはもう高齢になってきました。
復興のシンボルとしても、いつまでも元気でいてくれることを願っています。

投稿者 美濃岡洋子


東京大雪

(2018/01/29)

・降ると言って降らないと怒られ
・降らないと言って降れば怒られ
・降ると言って本当に降ると困る・・・・


毎年頭を悩ますのが東京の雪予報です。

今回1月22日の雪は、1週間位前には予想されていて
日にちが近づくと共にどんどん雪→大雪に傾き、、
そして、それがほぼ当たったという(ちょっと降りすぎましたが)
雪予報としては珍しく迷い無く伝えることが出来た雪でした。

私は当日は番組担当では無かったのですが、
雪が降り始めて(当たった・・・)とちょっとホッとし、
どんどん降り始めてドキドキし、
夕方以降は早めに帰宅して、パソコンで気象庁のアメダスを毎時確認しながら
ニュースを見て、外を眺めるという、何とも落ち着かない夜を過ごしました。


201801291.jpg


201801292.jpg


今回は私の見た限りでは、大きなぼたん雪にならず
小さな丸い固いあられが強い風で横殴りで降っていたので
積もり方もいつもの都心の積もり方とは違っていて
上から積もるだけでなく、横からも雪がこびりつき
バス停は訳がわからない状態に、、、電柱も側面に雪がくっついてました。


201801293.jpg


201801294.jpg


枯れ木は、こんもりと綿の花が咲いたようになり、
常緑樹は蔵王のモンスターのように上からも横からも積もるという
雪国のような積もり方となりました。
子供の頃5年間住んでいた札幌のような積もり方でした。


201801295.jpg


201801296.jpg


雪が止んだ深夜3時頃、家の周りをパトロール。


201801297.jpg


決して遊んでいるわけではありません。
雪の質と深さを観測しているのです。


201801298.jpg


しばらく寒い日が続きますので、雪解けは進みそうにありません。
足下に気をつけてお出かけ下さいね。


201801299.jpg

投稿者 藤森涼子