2008年11月11日

フェアトレードのマーケッティング

アジア経済研究所の佐藤寛氏が
フェアトレードのマーケティング戦略について解説する。
前回、フェアトレードについて仕組みや役割、その現状などを説明した。
さらに今回は踏み込んでフェアトレード商品を売る仕組みを考える。

フェアトレードでは仕入れ価格が通常の貿易よりも高くなる。
その高い商品を消費者は果たして買うのか?
先進国の市場でフェアトレード商品を買ってもらう為に必要な事を整理する。
どのようなマーケティング戦略を取るべきなのか。
佐藤氏は「物語性」が有効だと分析する。

どのような「物語」を商品に埋め込むのか?
さらにこの「物語」を自分たちの商品のマーケティングに活用しようとする大企業の存在にも触れ
フェアトレードの発展性にも言及する。


投稿者: アジア経済研究所|コメントを読む/書き込む (0)

calendar