ふるさとケータイ事業

(2008/12/18)


 

(※2008年12月18日現在です)

続いては気になるコトバ。
きょうはこちら、
「ふるさとケータイ事業」。

ふるさとケータイは、
全国の自治体が携帯電話を活用し、地域の活性化や、
地域住民へのサービス向上などを
目指す事業のことです。

総務省が支援しているこの事業。
具体的には、
自治体が携帯電話会社から
通信回線を借り、
例えば、
高齢化が進んでいる地域などでは、お年寄りにも使いやすい
専用端末を開発するなど
地域の実情に合わせたサービスの提供が期待されています。

モデル事業として、
2009年度中のサービス開始を
目指す地方自治体を公募で選んでいて、
すでに先月から
京都府内の4つの市や町で
実証実験が始まっています。

以上、気になるコトバでした。
 
 

< 前の記事へ次の記事へ >