クック山

(2008/12/15)


 

(※2008年12月15日現在です)

続いては気になるコトバ。
きょうはこちら、「クック山」。

先日、登山をしていた日本人が
遭難したクック山は、
ニュージーランドの南島にあり、
標高3754メートルで、
ニュージーランドの最高峰です。

山の名前は、
北島と南島の間の海峡を発見した、イギリスの海洋探検家、
キャプテン・クックに
由来しています。

正式には、先住民の
「雲を突き抜ける峰」という
意味の言葉「アラオキ」とあわせ、
「アオラキ・マウントクック」と呼ばれ、
この山を含む国立公園が
世界遺産に登録されています。


以上、気になるコトバでした。

< 前の記事へ次の記事へ >