事務次官

(2008/12/09)


 

(※2008年12月9日現在です)

続いては気になるコトバ。
きょうはこちら、「事務次官」。

各省庁におけるキャリア官僚のトップの役職で、
省庁の事務について大臣を補佐し、
省庁内の指揮にあたります。

事務次官は、
原則的に月曜日と木曜日に
総理官邸で行われる
「事務次官等会議」に出席し、
各省庁間の調整を図る役割も
担っています。

防衛省の汚職事件で逮捕・起訴された
守屋被告のように
4年以上事務次官をつとめたケースもありますが、
任期は慣例として
1年から2年とされています。

そしてこのポストをめぐっては
同期、あるいは後に入省した職員が事務次官になると、
同じ年次のキャリア組は退職することも
慣例となっています。

以上、気になるコトバでした。


< 前の記事へ次の記事へ >