コールトリアージ

(2008/12/05)


 

(※2008年12月5日現在です)

続いては気になるコトバ。
きょうはこちら、
「コールトリアージ」。

救急搬送を適正かつ迅速に
行うため、
主に事故現場で
患者の容態に応じて
搬送の優先順位を判断する
「トリアージ」。

このトリアージを
119番通報の段階で行う
新たな救急システムが
「コールトリアージ」で、
今年10月に
全国で初めて
横浜市が導入しました。

まず通報者から患者の症状を
聞き取った指令員が、情報を
パソコンに入力していきます。

そして、救急搬送の緊急度や
患者の重症度を5段階に、
救急部隊の編成を3段階で識別し、
重症者には手厚く対応する仕組みに
なっています。

緊急性が高い場合には、
救急車とともに救命活動車も
出動するなど、症状に応じて
必要な人員と救急車両の
効率的な配置、運用が
期待されています。

以上、気になるコトバでした。


< 前の記事へ次の記事へ >