ギラン・バレー症候群

(2008/12/03)


 

(※2008年12月3日現在です)

続いては気になるコトバ。
きょうはこちら、
「ギラン・バレー症候群」。

先月、女優の大原麗子さんが
この病気が原因で転倒し、
ケガをしたことが報じられました。

ギラン・バレー症候群は、
筋肉を動かす神経の障害で、
急に手や足に力が入らなくなる
難病で、
人口10万人に1人の割合で
発症するといわれています。

発症してから
遅くとも1か月以内に
ピークとなり、その後
多くの場合ほぼ回復しますが、
再発したり、
何らかの障害が残るケースも
報告されています。

このギラン・バレーという名前は、症状を初めて報告した
2人のフランス人医師・ギランとバレーからつけられています。

以上、気になるコトバでした。

< 前の記事へ次の記事へ >