龍蛇無鱗

(2008/09/02)


 

※08年9月2日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
        「龍蛇無鱗」。(りゅうにへびのいろこなし)

これは、きのう辞任を表明した
福田康夫総理大臣の
        好きな言葉です。
意味ですが、
福田総理によりますと
「龍には数十万枚もの鱗がある。
 しかし、
 その中にたった一枚でも
       ヘビの鱗があれば、 
それは本物の龍ではなく、
 ヘビが
  龍に化けたニセものである」と
      いうことなんだそうです。

つまり、これを政治に例えると
「いくら立派に見える政策でも
 そこに一つのウソがあれば、
 国民の目をごまかせない」
     ということなんだそうです。

福田総理は、このことばに加え、
国民が
政治に安全と安心を実感できれば、  
次に政治を信頼してくれると
先週木曜日に
自らのメールマガジンに
    アップしたばかりでした。

以上、気になるコトバでした。

< 前の記事へ次の記事へ >