タクシン前首相

(2007/12/26)


 


※12月26日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「タクシン前首相」。

総選挙で勝利し
復権に向けた流れが加速してきた
   タイのタクシン前首相。

1949年生まれの
        58歳です。

もともとは
警察官だったんですが
在職中にコンピューターの
  レンタルや販売事業を開始。

その後、携帯電話など
事業をどんどん拡大して、
「タイの通信王」と
呼ばれるまでになりました。

政界に進出したのは
     1994年のこと。

外務大臣や副首相を経て
2001年には
    首相に就任しましたが
去年9月、
クーデターによって
首相の座を追われています。

なお、イギリスの
サッカー・プレミアリーグの
マンチェスター・シティーを
買収したことでも
      知られています。

以上、気になるコトバでした。


サンタクロースの由来

(2007/12/25)


 


※12月25日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「サンタクロースの由来」。

皆さんは
サンタクロースの由来を
      知っていますか?

日本唯一の公認サンタである
パラダイス山本さんによると
むかしむかし、
今のトルコのあたりにあった
ミラという町に
ニコラスという人がいたそうです。

あるとき、
貧しくて娘をお嫁に出せない、
という人が町にいるのを知った
         ニコラスは
窓からその家に
金貨を投げ入れてあげました。

その結果、娘は無事に
   お嫁に行けたんですが、
このことが町に広がり
ニコラスは
尊敬されるようになりました。

その後、ニコラスは
セント・ニコラス、と
呼ばれるようになったんですが
その後、これがなまって
「サンタクロース」に
    なったんだそうです。

ちなみにニコラスが投げた
金貨が偶然靴下の中に
       入ってたので、
靴下を吊す習慣が
      できたそうです。

以上、気になるコトバでした。


国債

(2007/12/24)


 


※12月24日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「国債」。

国債は
税金だけでは
  お金が足りないというときに
    国が発行するものです。

何年間で
どのくらいの利子が付くのかが
発行するときに決められていて
たとえば5年ものを購入すれば
半年ごとに5年間
利子を受け取り続けることが
         できます。

最低1万円からでも
      購入が可能な上に
元本と利子の支払いを
日本政府が
  責任を持って行なうので、
安全性が極めて高い
  金融商品とされています。

国債で資金を調達することで
国は足りない予算を
   補うことができますが、
将来的には国民に
返さなければいけない
      性質のものなので
乱発しすぎると
      国の借金が増えて
信用が低下することになります。

以上、気になるコトバでした。


スターフライヤー

(2007/12/21)


 


※12月21日現在です。
続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「スターフライヤー」。

飛行機の中でも
ケータイを使えるように、という
   計画を明らかにした
      スターフライヤー。

福岡県北九州市に本社を置く
         航空会社で
去年3月に新しく
  航空業界に参入しました。

現在は
東京の羽田と北九州の間、
さらに
羽田と関西空港の間で
1日に30便を
     就航させています。

早朝や深夜の便を
    設けているのが特徴で
羽田から北九州に向かう最終便は
羽田発が午後11時10分、
北九州着が
午前1時という遅さです。

また
通常170席ある座席を
140席あまりにまで減らして
座席の間隔を広くするなど
ほかの航空会社との差別化に
     力を入れています。

以上、気になるコトバでした。


観光庁

(2007/12/20)


 


※12月20日現在です。
続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「観光庁」。

国土交通省が
あらたに設置することを
     求めている観光庁。

観光振興の担当部署を
    統合するというもので
観光立国を推進する体制を
強化しようというのが狙いです。

具体的には
海外で日本観光をPRして
  外国人客を誘致することや
地域観光の振興事業、
さらに
観光ビザ発給手続きの
        緩和についても
関係省庁と調整を
  おこなうということです。

なお政府は2010年までに
日本を訪れる外国人旅行者を
1000万人にするなどとした
「ビジット・ジャパン・
    キャンペーン」計画を
        進めています。

以上、気になるコトバでした。


社外取締役

(2007/12/19)


 


※12月19日現在です。
続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「社外取締役」。

社外取締役は
平成14年の商法改正により
初めて、商法上での定義が
     明確となりました。

その会社の業務に関係しない人が
     取締役になることで
客観的な立場から
経営判断できるというのが
    最大のメリットです。

また
第3者が目を光らせることで
経営の透明性を
  確保することもできます。

この社外取締役、
現在では上場企業のおよそ4割で
     導入されていますが
一方で、お飾り的な存在になって
しまっているケースも
      見受けられます。

以上、気になるコトバでした。


台湾新幹線

(2007/12/18)


 


※12月18日現在です。
続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「台湾新幹線」。

ことし1月に開業した
        台湾新幹線。

台湾北部にある最大の都市、
           台北と
南部にある第2の都市、高雄とを
         結んでいて
およそ345キロを
   最短90分で結んでいて
最高時速は300キロです。

日本の新幹線の技術が
        使われていて
車両は
JR東海とJR西日本が
  共同開発した700系が
    もとになっています。

ただし台湾の気候や地形に
          あわせて
空調システムやモーター、
ブレーキが強化されています。

またフランスからも
     技術が輸入されていて
ちなみに一番列車の運転士は
     フランス人でした。

以上、気になるコトバでした。


温泉法

(2007/12/17)


 


※12月17日現在です。
続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「温泉法」。

温泉法は
温泉の保護と利用促進を
       目指したもので
1948年に制定されました。

しかし2004年の夏に
白骨温泉や伊香保温泉など
        各地の温泉で
入浴剤の使用や
水道水を沸かしていたことなどが
        次々と発覚。

そこで2005年の2月に
温泉法施行規則の一部が
      改正されました。

それまでは
温泉成分の表示だけが
義務付けられていましたが
現在では
加水や加温、循環装置の利用、
      入浴剤の使用など
細かい情報まで表示することが
    義務付けらています。

ちなみに法律では温泉について
「摂氏25度以上の温度、または
 法律に定める成分を有する、
 地中から湧出する温水、鉱水、
 水蒸気、ガス」と
       定めています。

以上、気になるコトバでした。


ACミラン

(2007/12/14)


 


※12月14日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「ACミラン」。

浦和レッズを破り、
   決勝へと駒を進めた
        ACミラン。

元イタリア首相である
ベルルスコーニ氏が
      会長を務めていて
1899年創設という
    長い歴史を持ちます。

イタリア・ミラノにある
サン・シーロ・スタジアムを
      本拠地としていて
同じスタジアムを本拠地とする
      インテルの対決は
ミラノダービーと呼ばれるなど
宿命のライバル関係にあります。

セリエAの八百長疑惑では
      処分の対象となり
2006ー2007シーズンの
ポイントを8点減点されました。

なお、昨シーズン、
UEFAチャンピオンズリーグを
       制覇しましたが
これは
4年ぶり7度目のことでした。

以上、気になるコトバでした。


診療報酬

(2007/12/13)


 


※12月13日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「診療報酬」。

診療報酬とは、文字通り
診療を行なった
    医療機関などに対して
医療保険から支払われる
      報酬のことです。

診察や検査、看護、調剤など
医療行為にかかる費用については
国が基準価格を定めています。

1点を10円として計算していて
たとえば
初診料は270点なので
        2700円、
静脈内注射は30点なので
        300円など
  細かく定められています。

この診療報酬に従って
必要な金額が
医療保険から病院や薬局へと
  支払われることになります。

診療報酬は
ほぼ2年置きに
   金額が見直されていて、
最近では
去年の4月に改訂されていますが
ここ数年、
引き下げられる傾向が
       続いています。

以上、気になるコトバでした。


道路特定財源

(2007/12/12)


 


※12月12日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
     「道路特定財源」。

現在、見直しが進められている
     この道路特定財源。

より多く道路を利用する人が
より多く、
道路整備にかかる費用を
負担するべきだ、
    という考えに基づいて
昭和28年以来、
    続けられてきました。

自動車重量税や、自動車取得税、
  石油ガス税、揮発油税など
自動車やガソリンにかかる税金が
    その対象となっていて
この税収については
道路整備のためだけに
     使われてきました。

しかし公共事業費の削減により
財源に余剰が生じたため
政府与党は2008年度からは
道路整備で使い切れずに
     余った分については
道路以外にも使えるように
     変更されています。

以上、気になるコトバでした。


JAS制度

(2007/12/11)


 


※12月11日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「JAS制度」。

JAS、とは
日本農林規格の英語表記の
    頭文字をとったもので
おととし6月に
      改正されました。

このJAS規格による
検査に合格した製品に
JASマークを
つけることを認める
     「JAS規格制度」。

そして、農林水産大臣が決めた
品質表示基準に従った表示を
すべての製造業者や
    販売業者に義務づける
「品質表示制度」の
   2つからなっています。

ちなみに
JAS規格については
ことし3月現在、
即席麺やしょうゆ、
      ドレッシングなど
72品目について
220規格が定められています。

また品質表示については
たとえば加工食品の場合は
原材料名や賞味期限、
       保存方法などが
細かく定められています。

以上、気になるコトバでした。



改正遺失物法

(2007/12/10)


 

※12月10日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「改正遺失物法」。

きょう、10日から、落とし物や忘れ物の
取り扱い方法が変わります。

こちらに変更点を
     挙げてみました。

落とし物や忘れ物の保管期間が
これまでの6か月から
      3か月へと短縮。

落とし物や忘れ物の情報が
インターネットで公表され
    探しやすくなります。

携帯電話やカードなど
個人情報が入ったものについては
拾った人が
所有権を主張できなくなります。

傘や衣類など大量、安価なもので
2週間以内に
落とし主が見つからない場合は
売却などの処分が可能に。

このほかにも
犬やネコが遺失物法の
      対象外になるなど
変更点があります。

みなさんも
落とし物、忘れ物には
      注意しましょうね。

以上、気になるコトバでした。


COP13

(2007/12/07)


 


※12月7日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「COP13」。

正式名称を
国連気候変動枠組み条約
第13回締約国会議という
        COP13。

地球温暖化問題への対応を定めた
条約の加盟国によって
毎年開かれている国際会議です。

地球温暖化防止会議、という
   名称でも呼ばれていて、
97年の第3回会議は
        京都で開かれ
京都議定書が採択されたことで
         有名です。

COP13は
インドネシアのバリ島で
       現在開催中で、
およそ190の国と地域の代表ら
   1万人が参加しています。

京都議定書で定められていない
2013年以降の
新たな温暖化対策が
   主なテーマとなっていて
今月14日まで
    会議が続けられます。

以上、気になるコトバでした。


神戸ルミナリエ

(2007/12/06)


 


※12月6日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「神戸ルミナリエ」。

今月17日の月曜日まで開かれる
第13回の神戸ルミナリエ。

神戸の通りや広場が
荘厳な光の芸術作品によって
埋め尽くされるもので
すっかり
この季節の風物詩と
      なりましたよね。

阪神・淡路大震災の犠牲者への
         鎮魂の意と
都市の復興や再生への
        希望を込めて
1995年の12月に
   初めて開催されました。

なお東京では
「東京ミレナリオ」として
1999年から
神戸ルミナリエと同じイベントが
     行われていましたが
東京駅周辺の整備計画に伴い
2005年を最後に
     休止されています。

以上、気になるコトバでした。


「独立行政法人」

(2007/12/05)


 


※12月5日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「独立行政法人」。

各省庁が
統廃合に強く抵抗している
     この独立行政法人。

各省庁の行政活動のうち
  一定の事務や事業を分離して
法人格を持つ
  独立の機関にしたものです。

全部で102あって、
主なものでは
造幣局や国立博物館、
航空宇宙技術研究所などが
         あります。

業務の質の向上や活性化、
  透明性の確保などを目指して
2001年の省庁再編により
       誕生しました。

それまでの特殊法人と比べると
資金調達に
国の保証が得られない、などの
      違いがあります。

なお、独立行政法人の
    統廃合について政府は
年内に改革案を
     まとめる方針ですが
各省庁からの抵抗は強く
  調整は難航する見通しです。

以上、気になるコトバでした。


アジア・太平洋水サミット

(2007/12/04)


 


※12月4日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「アジア・太平洋水サミット」。

大分県の別府市で開かれている
「アジア・太平洋水サミット」。

アジア・太平洋地域の
    水問題の解決に向けて
各国の首脳や
国際機関の代表などが参加し
議論を行なう国際会議です。

この地域には
安全な飲料水に
アクセスできない人が7億人、
基本的な衛生設備を
利用できない人が19億人いて
いずれも
世界の大半を占めるという
  深刻な問題になっています。

また洪水や津波、高潮など
水災害による死者数も
80%以上が
アジア・太平洋地域に
       集中しています。

なおこのサミットは
2~3年に一度
開催されるということです。

以上、気になるコトバでした。


PKK

(2007/12/03)


 


※12月3日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「PKK」。

PKKは
トルコからの分離独立を求める
        武装組織で、
日本語では
  クルド労働者党といいます。

武装闘争を始めたのは、
いまから20年以上前の
        1984年。

1999年に党首が逮捕され
 一時は勢力が弱まりましたが
最近になって再び
爆弾テロが相次いでいます。

PKKが拠点を置いているのは
トルコ国内でなく
取ること国境を接している
   イラクの北部にあります。

このためトルコ軍は
国境を越えてイラク国内で
PKKの掃討作戦を
      展開しています。

なお、一部報道によると
PKKの関連組織は
「我々は地元と外国の観光業者、
 ホテル、旅行・観光代理店を
 標的にする。」との声明を
発表しているということで
治安の悪化が心配されています。

以上、気になるコトバでした。