ハロウィン

(2007/10/31)


 


※10月31日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「ハロウィン」。

毎年10月31日に
    行われているんですが
なぜこの日なのか、
   みなさんご存じですか?

実はハロウィンは
2つの行事がもとになったと
      いわれています。

まず1つ目ですが
紀元前5世紀ごろの
     ケルト民族の暦では
11月1日が
  新年となっていたんです。

そこで、
この前日である10月31日が
       大晦日にあたり
特別な日として祝っていました。

一方、2つ目ですが
キリスト教にとって11月1日は
すべての聖人と殉教者を祝う
「万聖節」にあたります。

このため
10月31日には
前夜祭が行われていたそうです。

日本で言うとお盆のような日で
この日には
亡くなった人の魂がよみがえると
      考えられています。

そこで
悪霊たちが人間界に
   戻ってくるのを防ごうと
子供たちが
魔女やお化けの格好を
       するそうです。

以上、気になるコトバでした。


山田洋行

(2007/10/30)


 


※10月30日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「山田洋行」。

防衛庁の守屋前次官をめぐる
         接待問題で
名前がたびたび登場する
       この山田洋行。

防衛や航空、宇宙の分野を
      専門に扱う商社で
創業は戦前の1936年です。

山田洋行の会社案内によると
これまでに扱った実績があるのは
戦闘機用のエンジンや
高性能のレーダーを搭載した
          軍用機、
護衛艦に搭載するための
         機関砲など
多岐に渡っています。

主な取引先としては
電機や製鉄の大手民間企業と共に
警察庁や海上保安庁、
そしてもちろん
防衛省などの名前が
     あげられています。

日本だけでなく
アメリカとドイツにも
     拠点を構えていて、
最新のデータでは
売上高は
351億6700万円と
       なっています。

以上、気になるコトバでした。


中教審

(2007/10/29)


 


※10月29日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「中教審」。

正式名称を中央教育審議会という
        「中教審」は
文部科学省に設置された審議会で

文部科学大臣から
与えられたテーマについて協議し
    提案するのが役目です。

1953年の誕生以来
数々の提言を行なっていて
現在のゆとり教育も
もちろんそのひとつです。

現在の委員は
劇作家の山崎正和さんや
女子ソフトボール日本代表の
元監督である宇津木妙子さんら
全部で30人。

教育制度、生涯学習、
初等中等教育、大学、
スポーツ青少年という
   5つの分科会が設けられ
審議を行なっています。

なお、中教審が審議している
次の学習指導要領をめぐっては
ゆとり教育、について
どう判断するかに
   注目が集まっています。

以上、気になるコトバでした。


日産GT-R

(2007/10/26)


 


※10月26日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「日産GT-R」。

日産の伝説的な車である
         GT-Rが
生産終了から5年ぶりに復活、
東京モーターショーで
      発表されました。

これまでは
「スカイラインGT-R」と
    いうのが正式な名称で
主に日本国内でのみ
   販売されてきたGT-R。

しかし今回の新型からは
世界的には知名度の低い
スカイラインという名称を外し、
「日産GT-R」として
世界各国で
販売されることになりました。

パワーは480馬力、

最高速度は
300キロといわれる
       スーパーカーで
価格は777万円から
  834万7500円まで。

日本国内では
12月6日に
発売されるということです。

思うように国内販売がのびない
         日産ですが
はたして新型GT-Rの投入が
  起爆剤となるでしょうか。

以上、気になるコトバでした。


横綱審議委員会

(2007/10/25)


 


※10月25日現在です。

続いては気になるニュースです。

きょうはこちら、
「横綱審議委員会」。

最近
ニュースに登場する機会の多い
この横綱審議委員会。

相撲協会の諮問機関で
1950年に発足しました。

メンバーには
各界の有識者が就任していて
      定員は15人以内、
任期は1期2年、
最長で5期10年までと
       なっています。

本場所前に稽古総見を、
また本場所後には
   定例委員会を開きます。

さらに内規に従って
横綱に昇進させてもよいと
         思う力士を
      理事会へと推薦。

横綱が成績不振となったり
  問題が起きたときなどには
注意や激励、引退勧告などを
       おこないます。

なお、現在は
前のNHK会長である
       海老沢勝二氏が
横綱審議委員会の委員長に
      就任しています。

以上、気になるコトバでした。


レッドソックス

(2007/10/24)


 


※10月24日現在です

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「ボストン・レッドソックス」。

松坂投手、岡島投手の活躍で
見事、大リーグの
ワールドシリーズへの進出を
          決めた
ボストン・レッドソックス。

球団が創設されたのは
なんと今から106年も前の
      1901年です。

本拠地は
マサチューセッツ州の
       ボストンにある
   フェンウェイ・パークで
これは1912年にオープンした
メジャーで
もっとも古い球場と
       なっています。

最後の4割打者である
テッド・ウィリアムズや
ホームラン王ベーブ・ルースなど
数多くの人気選手が誕生していて
日本人では
あの野茂英雄選手が
在籍したこともあります。

なおもっとも最近の
ワールドシリーズ優勝は
        2004年。

これは86年ぶりという
     劇的なゲームでした。

以上、気になるコトバでした。


東京国際映画祭

(2007/10/23)


 


※10月23日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「東京国際映画祭」。

毎年この季節に行われている
      東京国際映画祭。

国際映画製作者連盟が公認する
  世界映画祭のひとつです。

第20回となることしは
渋谷のBunkamuraと
       六本木ヒルズが
メイン会場となっています。

世界の注目を集める
伝統的なコンペティションなど
主に4つの部門があり
期間中には300を越える作品が
       上映されます。

ちなみに最高の賞は
最終日の28日に発表される
「東京 サクラ グランプリ」。

コンペティション国際審査委員が
           決定し、
賞金として5万ドルが
送られることになっています。

ことしはどの作品が
    受賞するでしょうか。

以上、気になるコトバでした。


NY原油

(2007/10/22)


 


※10月22日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「ニューヨーク原油」。

最近の原油価格高騰を巡る
      ニュースの中で
よく登場するコトバです。

「ニューヨーク原油」というのは
           通称で
正確には「米国産標準油種」、
もしくは「WTI」といいます。

その名の通り
アメリカのテキサス州などで
採れる原油のことを指していて
産出量は
  それほど多くありません。

しかし
事実上、この原油の価格が
世界の原油価格の
    基準となっているので
その取引が
   注目されているんです。

ちなみにニューヨーク原油は
この10日間だけで
およそ13%も値上がりし
史上初めて90ドル台に
       乗せています。

これから冬になり
灯油やガソリンの需要が
        増えますので
私たちの生活への影響も
    気になるところです。

以上、気になるコトバでした。


証人喚問

(2007/10/19)


 


※10月19日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「証人喚問」。

政治家のスキャンダルや
企業の不祥事があったときに
          行われる
       この証人喚問。

議院証言法に基づいて
証人を国会に
    呼ぶというものですが
証人には出廷の義務があり
基本的には
断ることができないというのが
      一番の特徴です。

また証言する際には
真実を述べるという趣旨の
       宣誓をするため
ウソを述べた場合
のちに偽証罪で
 告発されることもあります。

似たようなコトバに
参考人招致、というのが
         ありますが
こちらの場合は、
呼び出しに応じて
     出頭するかどうかは
本人の判断に
    ゆだねられています。

また仮にウソを話したとしても
罪に問われることがないと
     いうのも特徴です。

重めの証人喚問と
     軽めの参考人招致。

覚えておきましょうね。

以上、気になるコトバでした。


WBC

(2007/10/18)


 


※10月18日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「WBC」。

ボクシング団体であるWBC。

正式には
ワールド・ボクシング・
         カウンシル、
世界ボクシング評議会といって、
同じくボクシングの団体である
WBA(ワールド・ボクシング・アソシエーション)、
世界ボクシング協会とは
       別の組織です。

世界でボクシングの団体といえば
ほかにIBF、
国際ボクシング協会や
WBO、
世界ボクシング機構などが
        あるんですが
日本ボクシングコミッションが
      認定しているのは
WBCとWBAの2団体のみ、
      となっています。

もともとは
WBAに一本化されていましたが
そこから別れる形で
       WBCが誕生。

現在ではそれぞれが別個に
世界ランキングを
      発表しています。

以上、気になるコトバでした。


地デジチューナー

(2007/10/17)


 


※10月17日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「地上デジタルチューナー」。

地上波テレビが
アナログからデジタルへと
完全移行するまであと4年。

2011年7月には
現在のアナログ放送にしか
  対応していないテレビでは
地上波が
見られなくなってしまうのですが
まだまだデジタル対応のテレビは
       高いですよね。

そこで総務省の
     情報通信審議会では
現在のアナログテレビに
      取り付けることで
デジタル放送を受信できる
   チューナーを発売するよう
各メーカーに
   求めようとしています。

チューナーの価格は
5000円程度をメドにしていて
2年以内に商品化するよう
    求めるということです。

しかしメーカーからは
5000円程度という価格は
        安すぎるため
現実的ではない、
  という声も出ています。

今後、
さらなる救済策を求める声が
  出てくるかもしれません。

以上、気になるコトバでした。


買収防衛策

(2007/10/16)


 


※10月16日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「買収防衛策」。

買収防衛策とは文字通り
他の企業から一方的に買収を
     仕掛けられた場合に
その買収が失敗に終わるよう
企業が事前に準備しておく
      策のことです。

結果として
買収が失敗に終わればいいので
企業によって様々な
     防衛策があります。

たとえば仮に
過半数の株式を取得され
経営権を
握られそうになった場合でも
新しい株を発行して
    全体の株数を増やせば
相手企業の持つ株式の比率を
減らすことが可能になります。

これは
ポイズンビルと呼ばれる手法で
先日、ブルドックソースが
   発動した買収防衛策は
      これにあたります。

このほかにも
買収されると
解任されてしまうことが
       確実な取締役に
多額の退職金を設定することで
買収を思いとどませる
ゴールデンパラシュートなど
様々な防衛策が存在します。

以上、気になるコトバでした。


東京モーターショー

(2007/10/15)


 


※10月15日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「東京モーターショー」。

東京モーターショーは
北米国際オートショー、
フランクフルトモーターショー
           と並ぶ
世界三大モーターショーの
        ひとつです。

ことしの東京モーターショーは
今月26日から
  来月11日までの17日間
千葉市の
  幕張メッセで開かれます。

全部で
520台の車が出展されますが
そのうち71台は
世界でも初のお披露目に
       なるそうです。

また車を見るだけでなく
実際に試乗もできる場所が
        5つあるなど
これまで以上に、
体験型の企画が充実していると
       いうことです。

ことしのショーは
第40回になるんですが
ちなみに
第1回の東京モーターショーが
        開かれたのは
昭和29年で、
会場は日比谷公園だったと
       いうことです。

以上、気になるコトバでした。


鉄道博物館

(2007/10/12)


 


※10月12日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「鉄道博物館」。

もともと東京・神田にあった
      「鉄道博物館」が
さいたま市で新しく
      オープンします。

これまでと同じように
実際に使われていた車両が
 展示されているだけでなく、
日本最大の模型鉄道ジオラマや
3人が実際に乗ることができる
       ミニ運転列車、
日本初の
  SL運転シミュレータなど
鉄道マニアじゃない人でも
楽しめる内容と
    なっているそうです。

最寄り駅は
埼玉新都市交通伊奈線の
「鉄道博物館駅」。

特別に
新幹線の歴史に注目した展示も
行われているということなので、
みなさんも出かけてみては
     いかがでしょうか。

以上、気になるコトバでした。


ノーベル賞

(2007/10/11)


 


※10月11日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「ノーベル賞」。

ノーベル賞は
ダイナマイトの発明者として
          知られる
アルフレッド・ノーベルの
        遺言をもとに
1901年に作られた賞です。

物理学賞、科学賞、
生理学・医学賞、文学賞、
平和賞、経済学賞という
       6部門があって
受賞者には
賞状と金のメダル、賞金が
贈られることになっています。

ちなみに賞金は
ノーベル財団の資金の
運用状況に左右されますが
1億円以上にのぼるそうです。

日本人の受賞者は
1949年の物理学賞、
      湯川秀樹さんから
2002年の化学賞、
田中耕一さんに至るまで
       全部で12人で
これはアジアでは
      最多となります。

なお、
受賞者は毎年この時期に発表され
ノーベルの命日である
       12月10日に
授賞式がおこなわれます。

以上、気になるコトバでした。


思いやり予算

(2007/10/10)


 


※10月10日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「思いやり予算」。

思いやり予算とは
在日米軍の駐留経費のうち
日本側が負担している
    予算のことを指します。

基地従業員の基本給や光熱費、
訓練移転費、施設建設費などに
        分かれており
2006年度の予算案の総額は
2326億円にのぼっています。

もともとは
いまからおよそ30年前の
       1978年度に
当時の日本の物価高騰を受け
「思いやりを持って対処する」と
            して
米軍基地従業員の福利費などを
  負担したのが始まりです。

当時は62億円あまりだったので
この30年で38倍にまで
膨れあがったことになります。

なお去年には
期間を
それまでの5年から
       2年に短縮した
新しい協定が結ばれています。

以上、気になるコトバでした。


新東京タワー

(2007/10/09)


 


※10月9日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「新東京タワー」。

2011年から
現在のアナログテレビ放送が
デジタル化されますが
このタイミングにあわせて
新東京タワーの計画が
     進められています。

民放5社とNHKは
     新タワーの建設地を
「墨田区押上・業平橋地区」に
         最終決定。

ここに高さ600メートル級の
テレビ塔が
  作られることになりました。

予定では
2008年度に建設が始まり
その3年後、
2011年度の完成を
      目指しています。

建設予定地にはタワーだけでなく
商業施設やオフィス、
防災のための広場も
作られることになっていて
開業初年度には
およそ540万人の来場を
見込んでいるということです。

東京に新たな名所誕生と
      なりそうですね。

以上、気になるコトバでした。


販売奨励金

(2007/10/08)


 


※10月8日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「販売奨励金」。

みなさんは自分のケータイを
いくらで買ったでしょうか。

2万円という人もいれば
なかには0円、という人も
     いると思いますが、
実は携帯電話の本当の値段は
     もっと高いんです。

しかし、本来の値段では
買う人が限られてしまいます。

そこで販売奨励金というお金が
携帯電話会社から
販売店に対して
   支払われているんです。

だいたい、平均で
3万5000円から
  4万円程度と言われていて、
このお金の分、
端末は安売りされているんです。

ちなみに携帯電話会社は
この販売奨励金の分を
毎月の通信料金に上乗せして
    回収しているんですが
わかりにくいという指摘が
         されていて
現在、見直そうという動きが
        出ています。

以上、気になるコトバでした。


スー・チー女史

(2007/10/05)


 


※10月5日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「スー・チー女史」。

今なお自宅で
   軟禁状態に置かれている
ミャンマーの
アウン・サン・スー・チー女史。

1945年6月生まれで
     ことし62歳です。

出身はヤンゴンですが
その後、イギリスの
オックスフォード大学へ。

卒業後は
日本の京都大学にある
   東南アジア研究所で
       研究員をしたり
ロンドン大学の
アジア・アフリカ研究所に
  勤めるなどしていました。

そんな彼女に転機が訪れたのは
1988年、彼女が
      31歳の時です。

母親の見舞いのため
       帰国した彼女は
そのままミャンマーの
     民主化運動に傘下。

以来、18年のうち11年半以上
  自宅軟禁に置かれるという
過酷な人生を送っています。

ことし5月、
軟禁措置の期限が来ましたが
軍事政権はこれを認めず
1年間の延長を決めています。

以上、気になるコトバでした。


クライマックス・シリーズ

(2007/10/04)


 


※10月4日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「クライマックス・シリーズ」。

クライマックス・シリーズは
これまでは
プレーオフ、と
     呼ばれていたもので
新しく今年から
      導入されました。

セ・リーグでは
巨人が見事優勝をおさめましたが
これで終わったわけでは
        ありません。

今度はセ・リーグの
1位、2位、3位のチームで
全8試合の
クライマックス・シリーズが
    おこなわれるんです。

そして
ここで1位となったチームが
同じくパ・リーグの
クライマックスシリーズで
    1位となったチームと
真の日本一をかけて戦う、
   ということになります。

長い道のりですね。

なお日本シリーズは
今月27日土曜日から
      おこなわれます。

以上、気になるコトバでした。


時津風部屋

(2007/10/03)


 


※10月3日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「時津風部屋」。

稽古中に力士が死亡した問題で
時津風親方に対し
解雇処分が下される
見通しとなっている時津風部屋。

現在、相撲部屋には
大きく分けると
出羽海一門、
ニ所ノ関一門、
時津風一門、
高砂一門、
立浪一門という5つがあって
時津風部屋は
時津風一門に属しています。

もともとは横綱・双葉山が
昭和16年に
「双葉山道場」として
    設立したのが始まりで
双葉山が引退した後
  現在の名称となりました。

現在の時津風親方は
元小結の
双津竜(ふたつりゅう)で
    15代目となります。

部屋には15人の力士が
     所属していますので
親方に対する処分は
彼らにとっても
   大きな問題となります。

以上、気になるコトバでした。


有機EL

(2007/10/02)


 


※10月2日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「有機EL」。

薄型テレビを買うときに
プラズマにするか、
液晶にするかで
悩んでいる人も
    いるかと思いますが、
第3の選択肢として
現在注目されているのが
     この有機ELです。

電圧をかけると
自ら光る物質を
   利用しているのが特徴で
液晶と較べても
明るいにも関わらず
消費電力が少なくてすむという
    メリットがあります。

しかし
価格や寿命などの点で
液晶よりも不利なことから
携帯電話やデジカメなど
画面が小さな製品が中心で
有機ELを使ったテレビは
まだ発売されていません。

ようやくソニーが
世界で始めて
有機ELを使ったテレビを
ことし12月に
発売すると発表しましたが
はたして狙い通りに
技術を普及させることが
      できるでしょうか。

以上、気になるコトバでした。


所信表明演説

(2007/10/01)


 

※10月1日現在です。

続いては気になるコトバです。

きょうはこちら、
「所信表明演説」。

きょう、国会で福田総理が
おこなう予定になっている、
この「所信表明演説」。

よく耳にするコトバですが
なかには
「施政方針演説」と
違いがよくわからないという人も
  いるのではないでしょうか。

国会には通常国会と臨時国会の
    2通りがありますが、
通常国会の冒頭で
総理大臣がおこなう演説のことを
     「施政方針演説」。

一方、臨時国会や特別国会などで
総理大臣がおこなう演説のことを
「所信表明演説」といいます。

施政方針演説は
内閣全体としての
政策の方針や重点課題を
   説明するものなのに対し、
所信表明演説は
どちらかというと
政策や重点課題についての
総理大臣個人の考えを述べるもの
   という違いがあります。

以上、気になるコトバでした。