« 【中国】未来のスター目指し…中国雑伎学校の生徒たち | メイン

【アメリカ】パーティーのゲストに大統領!記者は記念撮影、大統領は車の営業?!

(2009/06/24 OA)


 

 アメリカ・ワシントンで、テレビやラジオの記者が集まる大規模なパーティーが開かれた。年に1度、大統領も出席して行われるこのパーティーを紹介する。

 このパーティーは、ラジオ・テレビ記者協会が主催し、1945年から毎年開かれているもの。もともとジャーナリストを表彰するものだったが、最近では著名人と交流を深める場へと変わってきている。

 特別ゲストは大統領で、今回はオバマ大統領が出席する初めてのパーティーということで約2000人が出席し、会場もホテルからワシントン最大の会議場へと変更された。巨大披露宴さながらの会場は、ドレスやタキシードを身に着けた記者たちであふれ、華やかな雰囲気に包まれた。

 午後8時、星条旗の入場とともにパーティーが始まった。その直後、オバマ大統領の登場で会場のボルテージは一気に最高潮に。今回のパーティーは、もともと4月に予定されていたが、オバマ大統領の外遊と重なったことから2回延期されていた。それだけに、オバマ大統領の姿をカメラに収めようと出席者が殺到、全員「記者」のはずだが、すっかり記念撮影に夢中になっていた。

 しかし、パーティーの楽しみといえば食事。前菜、メーンコース、デザートに食後のコーヒーまで用意されていた。

 そして、最大の目玉は、オバマ大統領のスピーチ。オバマ大統領は「僕の冗談は大したことはないだろうけれど、きょうの出席者も大したことのない人ばっかりだね」と切り出した。この日は記者たちが「取材をしない」ということで、大統領も「失言」まがいのジョークを言うのが慣例となっている。経済や外交など課題山積のオバマ大統領だが、軽快なジョークが次々と飛び出す。

 「ヒラリー(・クリントン国務長官)のケガで、あるうわさを聞いたんだ。(転倒してひじを)骨折する直前に、彼女の部下が道路に油をたっぷりまいたんだって」「自動車会社を経営するつもりはないんだけれど…ゼネラル・モーターズ(GM)の新車は、フランス風の作りで、革のシートで豪華だろ?どうだい?一台買ってみないか!?」-めったに聞けないオバマ大統領のジョークに、会場は爆笑の渦に包まれた。

 午後10時過ぎまで続いたパーティー。余韻を惜しむかのように、出席者の多くは2次会へと流れていった。