« 【エジプト】日本でも人気、エジプト原産の「王様の食べ物」 | メイン | 【ロシア】命の危険が指摘される非合法ウオッカ »

【イギリス】英国で日本製ウイスキーの人気が上昇!

(2009/04/22 OA)


 

 イギリス・ロンドンのレストランで、日本とスコットランドのウイスキーを飲み比べるイベントが開かれた。このような“勝負”はイギリスでは初めてだという。

 スコットランドのハイランド地区では、モルトウイスキーなど上等なウイスキーが造られており、世界的に人気がある。ところが、イギリスでは今、日本のウイスキーの人気が急上昇しているという。イベントに参加した人たちは、日ごろはスコッチウイスキーを好んで飲んでいるそうだが、日本のウイスキーに新鮮な驚きを覚えたようだ。

 イギリスで日本のウイスキーを見かけるようになったのは最近のこと。スーパーマーケット「ウエイトローズ」では、去年から日本製のウイスキーを取り扱うようになった。市販のルートが広がったこともあり、「サントリー」のウイスキーは去年、ヨーロッパでの売り上げが前年の2倍にも伸びたという。

 日本のウイスキーが注目されるきっかけをとなったのは、サントリーの「山崎12年」。03年にイギリスの権威あるコンクールで日本のウイスキーとして初めて金賞を獲得した。以降、日本勢の受賞が続いている。

 受賞で高まった関心の波を逃さず、浸透させたいメーカー各社は今、「ブランドづくり」に力を注いでおり、試飲会などは絶好のチャンスとなっている。試飲会などでは、年を追うごとに日本メーカーのブースを訪れる人が増えているという。

 「本場で認められれば、日本国内でもウイスキーが再評価されるはず」「日本の市場を元気づけたい」-そんな願い、大きな目標に向け、日本メーカーのヨーロッパでの挑戦が続く。