♯118 10月1日は○○の日

(2010/10/04)


 

これはスゴイっっ(☆o☆)!!!!
WCV(ホイールチェアビークル)

F1000252.JPG

まず見た目の格好良さが何と言っても目を惹きます!

F1000255.JPG

名前の通り、「ホイールチェア」=車いすで乗るバイクです!!

F1000254.JPG

もちろん、格好良さだけではありません!!!
その乗り降りのし易さは開発目的がしっかり反映されています。
普段使っている自分の車いすで乗れること。
一人で気軽に中距離の移動が出来ること。
普通自動車免許で乗れ、難しい操作が無いこと。
興味を持たれた方は是非「WCV」で検索してみて下さい。


F1000256.JPG

なかなか斬新な移乗機器です。
この真ん中の板が伸びてきて、お尻の下に入ります。

F1000257.JPG

介護する側が辛いと思う動作の上位に入りそうな動きを
かなり軽減してくれるMONOです。
一方、介護される側も、つり上げタイプの様な恐怖心や、
人が抱きかかえる不安定さに比べると安心感があるンだとか。
そして何より速やかです!!
映像でその仕組みをご覧下さいね!


マジックカーペットは子供達の成長を考えて開発中のMONO
ゲーム感覚で遊びの要素が満点のこちら。

F1000262.JPG

自由に自分の好きなところへ行ける探求心を培うことは
その後の成長に大きなプラスになるそうです。


この写真の構図・・・

F1000266.JPG

どこぞのメーカーが携帯型の音楽再生機を販売した際に作った
お猿さんが耳にイヤホンをして音楽を聴くCMに似てますね・・・
オーバー30の方は遠い記憶におありかと(笑)。

F1000265.JPG

補聴器を使いながら音楽が楽しめるイヤホンです!


おっきなスイッチ!

F1000268.JPG

操作内容を絞ったことで使いやすさが追求されています。
その名も「テレビトコール」
このネーミングが正に操作内容を表しています(^-^)!


健常者としての自分の生活には当たり前の様にある物も、
障害を抱えている人にとっては不便な物事がいっぱいあるということを
あらためて感じた取材でした。
そんな当たり前のことを、使う人の目線・立場に立って考えられたMONO。
ただ、立場によって便利・不便はそれぞれ違うものですよね?
年齢や個人の抱える状況にあうユニバーサルデザインやバリアフリーな生活、
町づくりが何よりの理想であり、理想に近付く努力を行政にも進めてもらいたいですね。


タイトルの「10月1日は○○の日」正解はネット配信でチェックして下さい☆




MONOローグ1.bmp

今回の『国際福祉機器展』も、前回同様おととしのリベンジ戦です。
いかがでしたでしょうか?
個人的にはいずれも『お~!』と思えるモノばかり。
福祉機器のイメージは『生活の支援』というのが大半を占めると思います(自分もそうでした)。
一部の機器で、『色』や『形』に変化が現れていましたが、『楽しむ』とか『遊び』という
感覚が込められたというのは、感動です。
やはり、まだ『福祉機器』に対して、勉強不足、認識不足でした。

『楽しむ』ことに障害のあるなし、年齢は関係ない!
そう考えられることこそ『やさしい』といえるなあと思いました。
でも、こういった機械の存在を知らない人が多いのも事実。
『ヒット商品』『ミリオンセラー』というものではないし、認知はまだまだこれから、という状況。

だからこそ、アンテナを張り巡らせて、ドンドン紹介したい、そう考えます。
もっとおおくの人たちが使えるように。
今までの発想を変えなさい!といわれたようなリベンジ戦でした。(ちょっとまじめ過ぎた?!)


                                 〈MONO事業部~員


《OAの様子はこちら》
http://www.news24.jp/articles/2010/10/01/06167855.html


投稿者 塚田文