« アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長に聞く | メイン | メニコン・田中英成社長に聞く »

ネクスト 井上高志社長に聞く

(2007/02/09 OA)


 

 2月、新年度に向けた引っ越しシーズンがスタート。日当たり良好、1LDK、最寄り駅から徒歩5分、駐車場に、シャンプードレッサー、ロフトもついて、家賃10万円以内。こんなこだわり条件の物件を一気に検索してくれるのが、インターネットの不動産検索サイトだ。

 駅前の不動産屋でも、客の8割がネットを見て、好みの物件があるかどうかを確認してから来店するという。今や、不動産の物件探しは、情報誌からネット検索に取って代わった。そのパイオニアが、不動産検索サイトの「ホームズ」。97年の設立から10年で売上高27億円、提携不動産会社7000以上、掲載物件数100万を超え、日本最大級となった。

 9日の『まーけっとNavi』「江上剛の汐留リーダーズEYE」では、ホームズを展開する「ネクスト」井上高志社長をゲストに迎え、ネットベンチャーの成功戦略の裏側に迫る。去年、上場を果たし、さらなる事業拡大を進めるネクストにとって、次の課題は知名度のアップ。そのための秘策はネーミングライツ。どんな作戦を取るのか、井上社長が明らかにする。


★★ 経済部長が見た舞台裏の感想!!
         「経済部長 タカミンスキーの眼」 ★★

いやー、井上社長のバイタリティーにはホント、圧倒されました!これが素直な印象です。
38歳で社長。。。私より10歳も若いんですよね。
ふ~む。この差は、いったいどこから来るんだろう?
思うに、「信念と情熱」の差かな。。。起業に懸けるパワーは、並じゃないと思います。
第一、目の付けどころが素晴らしい。
「不動産選びは住宅情報誌で」というのが一般的だった時代に、ネット検索の可能性をいち早く予見していたとは!
いや、予見するだけではなくて、それをビジネスモデルとして確立してしまうあたりが素晴らしいのです。社長ご自身は、「私はホント普通の人ですよ」と謙遜されてましたが、そんなことはないのです!
今、世を挙げて起業ブームですが、アイディアだけではダメ。
大切なのは「実行力」だということを改めて実感した「タカミンスキー」でした。