湯けむり紀行♪草津編

(2018/09/17)

秋の虫の声も聞こえるようになりました。
皆さん、いかがお過ごしですか?
厳しい暑さとなった今年の夏、疲れがどっと出やすい時期でもあります。
そこで、身体を癒やしに先日、草津へ行ってきました!


201809171.jpg


青森のテレビ局に勤めていた際に温泉の魅力にはまり、
時間があれば、車を自ら運転して東北の温泉地を巡り
温泉ソムリエの資格を取得するほど温泉好きなんですが、
実は"初"草津温泉!


201809172.jpg


浴衣を着て、湯巡りをすると、様々なサービスが受けられるということで
旅館の浴衣を着用しました。


201809173.jpg


ちなみに、
このようなかわいらしい浴衣を借りられるところもありましたよ!


201809174.jpg


さて、まず訪れたのは温泉図書館です。
温泉に入る前に、その土地の成り立ちや歴史を知りたいので行ってきました。


201809175.jpg


一般書も置いてありましたが、温泉に関する本も沢山。


201809176.jpg


そして、図書館の一角には草津温泉の歴史に関する資料が展示してありました。
資料には草津温泉の源泉は古くから皮膚病や傷病等に効果が高いといわれ、
多くの湯治客が訪れたことや泉質はもちろん、湯量も豊富で温泉地の中心には
「湯畑」があり、温泉街の各宿のお風呂に掛け流しされていて、楽しめると
書いてありました♪

また、草津温泉の源泉は大変熱く、刺激の強い酸性泉であるため、
湧きたての熱い湯を「湯もみ」をすることで温度を下げ、3分単位で入浴する
『時間湯』という独自の入浴習慣が江戸時代から行われるようになったことも
分かりました。


201809177.jpg


その「湯もみ」は見学、体験することもできます!


201809178.jpg


草津温泉の歴史や入浴方法を学び終えたところで、いざ温泉へ♪


201809179.jpg


やはり、お湯は酸性が強く浸かると少しピリッとしましたが
私にはそれが気持ち良かったです。
そして、湯上がりは...やはりこれですよね!


2018091710.jpg


「湯けむりサイダー」を手に宿へ戻ると、女将さんが話しかけて下さいました。

『草津は初めてですか?』

「はい、そうです!草津は以前、噴火があって、人が少ないかと思いましたが
焼き鳥も並んで買いましたし、想像以上に人が多くてほっとしました!」

とお伝えすると

『いえ、観光客の方、まだまだ少ないんです。
いつもの草津は"原宿の竹下通り"くらいになるんですよ!
でも、商売ができるのも自然のおかげ。今は仕方ない。
こうやって来て下さることが嬉しいよ!』

と、仰っていました。


2018091711.jpg


自然のお湯と、そこに暮らす人たちの気持ちに、
少しですが触れられた旅となりました。


投稿者 鈴木理香子


季節の味覚

(2018/09/10)

こんちには、キャスターの土谷映未です。
つい先日まで残暑が厳しい日が続いていましたが、
朝晩は少しひんやりとした空気が流れ、だんだんと秋の気配がしてきましたね。

今年は猛暑でいつも以上に食欲がなくなっていた私ですが、
今は食欲が戻ってきています。
(ちなみに昨日の夜ご飯は、さんまと炊き込みご飯。)

そんな食欲の秋の本格的な到来を前に、この季節の味覚をいただきました。
それは...


201809101.jpg


葡萄♪

お世話になっている山梨の方からいただいたものです。
こちらの葡萄、甘さはもちろん、ハリがあって食感が良く、みずみずしさもあり、
これぞほっぺたが落ちるほどの美味しさです!

あまりの美味しさに、朝起きてまず葡萄、
お弁当箱に入れてお昼の後に葡萄、
夜ご飯のあとに葡萄。

日本一の葡萄の産地からの頂き物で、贅沢な葡萄三昧の日々を送っています。
見るのも楽しい鮮やかな色合い♪


201809102.jpg


人気が高く、洋菓子にもよく使われるシャインマスカットや、
食べ応えがあり、甘さも香りも抜群のクイーンニーナなど、
種類も様々です。

以前、取材で葡萄農家の方にお話を伺ったことがあり、
夏場は細心の注意を払わなければいけない、
そして猛暑や台風を乗り越えて出来上がった一房は、我が子のように感じる
とおっしゃっていたことを覚えています。

そんな生産者の方が丹精込めて作った一粒を、感謝しながら、
しっかりと味わっています。
この時期だからこそ食べられる季節の味覚をいただけて、幸せな秋の幕開けです。

投稿者 土谷映未


スマホ写真を振り返って

(2018/09/03)

厳しい暑さが続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の夏は、本当に暑かったですね・・・
私の家ではエアコンが壊れ、
どれほどエアコンが大切な電化製品なのか、身をもって体験しました。

さて、平成30年度も半ば、
上半期を振り替えようとスマートフォンに保存している写真を見たところ、
私はよくカフェに出かけては、ラテアートを撮影しているなと、改めて感じました。

暦の上では秋。
秋と言えば「芸術」ということで、上半期に撮影したラテアートを紹介しますので、
"芸術の秋"を少しでも感じて頂けたらと思います。

こちらは帰省先の長崎で撮影した写真。
「坂本龍馬」のラテアート。


201809031.jpg


とても技術が高いラテアートです。
もはや飲むことによって作品が崩れることを考えると・・・
飲む気力がそがれてしまうほど。
店員さんが持ってきた際は、思わず驚きの声が出てしまいました。

また、都内の店でもラテアートを頼むと、


201809032.jpg


可愛いうさぎのラテアートが出てきました。
ちなみに、「うさぎ」のラテアートを自ら注文したわけではありません。
こちらのお店では、店員さん次第で絵柄が変わってくるそうです。
またまた、飲むのに勇気がいるものでした。

こんなラテアートもあります。


201809033.jpg


そう!ジュラシックワールドのラテアート。
恐竜のラテアートからは、小さい絵柄ですが迫力が感じられ、
味はカフェラテなのでまろやかなんですが、口にする度に、
エネルギーが身体に取り込まれている気になりました。
恐竜が好きな方には、嬉しいカフェですね。

最後は、今年度の上半期、私が最もオススメするラテアート。


201809035.jpg


そうです!
ペンギンのラテアートになります。
この作品を提供するカフェは都内にあります。
私はうさぎも好きですが、ペンギン好きでもあります。
これまで、うさぎをはじめ、熊や猫、ハートなどのラテアートは見てきましたが、
ペンギンのラテアートを初めて見ました。おそらく、こちらのラテアートは、
キングペンギンの子どものアートだと思われます。

飲み物からも芸術を感じられるな〜っと、実感。

また、こうしてスマートフォンを眺めると、
上半期だけでも様々な写真を撮ってきました。

時には、スマートフォンに保存し続けている写真を振り返って
楽しむのも良いものだと思いました。


201809034.jpg


投稿者 名切万里菜


夏の風物詩

(2018/08/27)

みなさん、こんにちは。
8月も間もなく終わってしまいますが、
みなさんにとっての夏の風物詩と言えば何でしょうか?
花火、お祭り、甲子園、海、かき氷、スイカなどいろいろありますよね!
私にとっては、ヒマワリでしょうか。
夏の太陽に向かって力一杯咲いているヒマワリを見ていると、元気をもらえます。
ひまわり畑に行きたいなと思いながらも、なかなかタイミングがないので、
先日、フラワーショップで購入しました。


201808271.jpeg


お部屋に飾るのも良いものですね!
部屋全体の雰囲気がぱっと明るくなったような気がします。
ヒマワリがあるだけでポジティブな気持ちにもなれます。

ちなみにこのヒマワリをいけているのは「津軽びいどろ」という
お気に入りの一輪挿しです。


201808272.jpeg


「津軽びいどろ」とは青森県の伝統工芸品で、日本を代表するハンドメイドガラスです。
津軽の職人によって一つ一つ丁寧に作られているので、温かみもあります。
このガラスの模様が好きで集めています。一部をご紹介!


201808273.jpeg


201808274.jpeg


201808275.jpeg


これらの食器は夏に高頻度で使用しています。
涼しそうに見えるこれらの食器を使うと、暑さを吹き飛ばしてくれる気がします!

9月に入っても暑い日はまだ続くようです。
そろそろ夏の疲れも出てくる頃かと思いますので、くれぐれも体調管理には
ご注意下さいね。

投稿者 加田晶子


涼しい景色

(2018/08/20)

厳しい暑さが続く中、自然あふれる南アルプスに行ってきました。


201808201.jpg


201808202.jpg


初めての南アルプス。
山道を歩いて川に到着すると、別世界です。
たっぷりのマイナスイオンにあっという間に癒やされました。

去年に引き続き、今年もイワナ釣り。
今年はフライに挑戦したのですが、技術が未熟な私はまったくあたらず...。
最後のエサ釣りでこの子が釣れましたが、
来年こそはフライでという願いを込めてリリースをしました。


201808203.jpg


渓流釣りでもうひとつの楽しみは、お昼ごはん。
この日は、カレーです。


201808204.jpg


201808205.jpg


一緒に行った方が準備してくださったのですが、
最後にスパイスを加えるという本格的なもの!
美味しい空気にごはん、幸せなひとときでした。

自然の雄大さや美しさに触れると、
いつも感動するとともに、少しの増水で身体を持って行かれそうになる
自然の怖さも同時に痛感するようになりました。

ここ数ヶ月の内にいくつもの自然災害が続いています。
日々24でもお伝えしていますが、早くも風化の懸念も出ています。
被災された方々にお悔やみとお見舞いを改めて申し上げますとともに、
引き続きくれぐれもお身体を大切に過ごされてください。

投稿者 若林理紗