13年ぶりのニューヨーク

(2018/11/12)

高校3年間をニューヨーク郊外で過ごしましたが、
それ以降初めてとなるNYをこの秋訪れました。

まず、必ず訪れたかったワールド・トレード・センターの跡地。
2001年の同時多発テロで崩壊した2つのビルがあった場所には
大きな滝状の慰霊碑があり、テロなどで亡くなった約3000人もの方の名前が
彫られています。
毎日ボランティア団体が誕生日を迎える犠牲者に白いバラを贈っているそうで、
黒色の慰霊碑に静かに映えていました。


201811121.jpg


201811122.jpg


犠牲になった方々を弔う厳かな場所と想像していたのですが、
良い意味で期待を裏切られました。
一大観光地化されているのです。巨大なショッピングモールや壁面アートが施された
一角などがあり、慰霊碑の前では近代的な建物を背景に笑顔で記念撮影をする
観光客が大勢いました。犠牲者を悼みながらも、「私たちはテロに屈しない」という
メッセージの発信場所としての脆さと強さが共存するような不思議な空気が流れて
いました。


201811123.jpg


そして、隣にあるミュージアムは圧巻でした。
当日の詳細な出来事を映像とともに時系列に紹介しているほか、
ハイジャックされた飛行機の通信記録や亡くなった方の最後のメッセージ、
跡地に残った骨組み、目撃した人の証言を公開するなど、この事件の悲惨さを
あらゆる手段を使って後世の人に届けようという信念が伝わってくる展示でした。
悲劇を繰り返さないためにどうしたらいいのかという問いへの解は簡単なものではない
ですが、ここで感じたことを多くの人と共感することは決して無駄ではないと感じました。


さて、もうひとつの今回の目的は、ブロードウェイで上演中の「ハミルトン」!
2016年トニー賞で、史上最多の全部門ノミネートを果たした大ヒット作品です。


201811124.jpg


一度は孤児になりながらも、文才と商才、そして飽くなき探求心で地位を得て、
アメリカ合衆国憲法の草案に携わり、建国の父のひとりとなった
アレクサンダー・ハミルトン。彼の生涯を、なんとヒップホップ音楽に乗せて見せるという
これまでにない歴史ミュージカルです。
ハミルトン役を白人ではない俳優が演じるなど、キャストの多様性にも注目が集まって
いました。観る前は、ラップでよく理解できずに終わってしまうのでは...と不安に感じて
いたのですが、アルバムでの予習が功を奏したのか、そして何よりもリズムの勢いと
演出に魅せられ、最後は涙のスタンディングオベーションでした。


201811126.jpeg


トランプ政権となり街の雰囲気は変わったのかと気になり決めたNY旅行。
そのほかの場所も訪れましたが、1週間の滞在では断片的な印象で終わってしまい
ました。ただ、この街の魅力の源である多様性が失われてはならないと強く感じる
旅となりました。

投稿者 若林理紗


スポーツの秋!!

(2018/11/05)

先日開幕したTリーグ!!
開幕戦を観に両国国技館へ行ってきました♪


201811051.jpeg


実は卓球の生観戦は初めて!!
ラリーのスピード感や迫力に圧倒されっぱなしで、
すっかり卓球のファンになりました。
ニュースなどで見ていた張本選手の生チョレイを聞けて大興奮!!
やはりスポーツの生観戦は格別ですね!!

東京オリンピックパラリンピックに向けて、これまで観たことのないスポーツも
沢山観て知識も増やしていきたいなと感じました。

そんな中、同じスポーツでも「ゆるスポーツ」というものをご存知ですか?!
先日のthe SOCIALゲストは、そのゆるスポーツ協会代表の澤田さんでした✨

http://www.news24.jp/sp/articles/2018/10/24/07407521.html

障害があっても、スポーツが苦手でも、どんな方でも楽しめる「ゆるスポーツ」
思考を凝らしたユニークな競技が沢山!!
最近は働く女性の運動離れというのも問題になっていますが、
ゆるスポーツなら例えばお子さんと一緒に競技を遊び感覚で楽しめたり、
無理なく身体を動かすことでストレス発散になったりと、運動とうまく向き合えそうです。

冬になると外に出るのも身体を動かすのも億劫になりがちですよね(>_<)
スポーツの秋、今のうちにスポーツを自分自身がする習慣も身につけたいなと
感じます!!

投稿者 山田幸美


ミネラルウォーターから始まった、意識カラダ改革

(2018/10/29)

夏休みを頂いて、フィジー共和国という国に行って参りました。
周りから「なんでフィジーなの?」とよく聞かれましたが、
『フィジーウォーター』という名前のミネラルウォーターが好きだから、
なんとなく。(適当!)


201810291.jpeg


という、理由なので...
「フィジーってどこにあるんだろう?」
から旅の計画が始まりました。

現地では8月と9月に、比較的大きな地震が起こり、少し怯えつつ...

職場の方から頂いた
●ラグビーが強いんだよ。
●イギリスの植民地だったんだよ。
という情報を握りしめて...(2つだけ)

いざ!


201810292.jpeg


情報通り、
国旗の左上にはユニオンジャックが。


201810293.jpeg


食べ物が不安でしたが...
ガイドさんによると、国民の半分くらいはインド人
(植民地時代の労働者として来たのが始まりだとか)という事で、
カレーが美味しい!


201810294.jpeg


そして、フィジー人の主食というタロイモを使った、
タロイモチップスが美味しい!


201810295.png


また、現地フィジー人ガイドさん曰く。
「フィジー人は、みんな絶対音感があるから、教えて貰わなくてもギターが弾ける!
そして、歌がうまくてハモれる!」らしく。(本当かは?)
いつでもどこでも歌い出す。


201810296.jpeg


昼夜問わず、いきなり歌って踊る。


201810297.jpeg


なんと愉快で陽気な国!!!
と思っていたら、ホテルの部屋にこんなオモチャが。


201810298.png


付属のカードに書かれていたのは、

『フィジー人口の半分以上は農村地域に暮らしていて、貧困に苦しんでいます。
その救済策として、このような伝統工芸を利用した市場性の高い商品を作り、
リゾートの店舗で販売しているのです』

というような内容でした。
遠隔地のコミュニティの価値を創造する事が目的なんだそうです。

観光客の私がお土産を購入する事で、フィジーの社会問題に貢献できるならば、
とても嬉しい!
しかも、〝市場性の高い〟がポイントで、デザインがかわいいのです。

こちらも、その作品。


201810299.jpeg


カゴのバッグも購入。


2018102910.jpeg


思いがけず出会った、フィジーでのソーシャルイノベーションに感動しました。

帰国して、フィジーウォーターを調べてみたら...
利益は、フィジーの教育プログラムや奨学金制度などに使用されているそうです。

日本からも、がぶがぶ飲んで応援したいと思います。

個人で大きな事をするのは難しいかもしれないけれど、
目の前にいる1人の人の力になれたら...
というささやかな気持ちで。
皆さんもぜひ、簡単なことから社会貢献に一歩踏み出してみて下さいね!

ちなみに、今ちょっとムキムキです。


2018102911.jpeg


投稿者 榎本麗美


西日本豪雨から3か月

(2018/09/24)

西日本豪雨から、まもなく3ヶ月が経とうとしています。

私が9年間を過ごし、故郷のように思っている岡山も、大きな被害を受けました。

変わり果てた町の姿を見るたび、
そのニュースをスタジオで読むたび、
悲しみも無力さも心配も募っていきました。

3週間が経った頃、
やっと岡山に行くことができました。
倉敷市真備町の災害ボランティア。
今回はその時のことを振り返りたいと思います。


201809241.jpg


現地に入り、一番最初に驚いたのは、
道の端に山積みにされていた
災害ゴミを見た瞬間でした。

2メートル程の高さまで積まれ、
どこまでもどこまでも続いていく...
想像していた以上の量でした。

ここにあるのは、
きっと皆さんの大事にしていたものばかり。
生活の証。
そう思うと、言葉が見つかりません。

自販機や洗濯機など...
こんなに重いものが流れてきたということに
水の力への恐怖も感じました。


201809242.jpg


派遣された場所はご年配のご夫婦のお宅。
二階まで浸水したそうで、
今は骨組みだけになってしまっていました。

床下に溜まった汚泥をかきだし、
土嚢袋に詰めるお手伝いをさせていただきました。

到着すると家のご主人が
真夏のうだるような暑さの中、クーラーもなく作業されていました。
すっかり疲れ切った表情。
時折体を休ませながら、
無言で宙をじっと見つめるその姿に、
背負ってきた悲しみやご苦労を感じました。

ボランティアの時間は数時間だけでも、
被災者の皆様にとっては、
暑さも大変さも、毎日続いているのだと
当たり前のことを、実感します。

築60年。沢山の思い出が詰まった
お二人の努力の結晶のご自宅。

心の傷も癒えない状況なのに。
お二人は、
笑顔で何度もお礼を言ってくださり。
お水沢山飲んでね、疲れてない?大丈夫?
こっちきて扇風機の前で涼んでね。
と、気遣ってくださりました。
...どうしてそんなに優しいのだろう。
大変な中。逆にご配慮くださるその心に、
頭が下がります。

「水害の保険には入っていなかったから、
全然保険金がでないんよ。
この歳でしょう?
この先どうしたらいいんかな。
お金借りても返せないよ。途方にくれとる。
家は諦めるしかないんかな。」
と話してくれたお母さん。

火災保険や地震保険は入ってたけど、
水害は入っていなかった。
保険が出ないと、国からの補助が出ても
全壊の家を立て直すには
あまりにも足りないのが現状です。

お二人のような方は
きっと沢山いらっしゃるんだと思います。

少しの額だとしても。
募金に協力することも
大切な一つなのかもしれません。

少しずつが沢山集まれば力にきっとなる。
そう思って、微力ながら、
募金も引き続きしていきたいと感じました。

被災地に入って一番強く感じたのは、
金銭的にも精神的にも、
ボランティア活動でも、
とにかく長期的な支援が必要だということ。

あれから3ヶ月を迎えようとしていますが、
避難している人々の日常は戻っていません。
なくした家は返ってきていません。

毎日、
そこで生活している皆さんのご苦労が
続いていることを忘れないこと。
いつもどこかで思っていること。
それを大切にしたいと、心から思いました。

そして、こうした災害が起きた時、
私たちメディアは、どう呼びかけるのが的確なのか。
どうしたら命を守る報道ができるのか。
もっともっと勉強していきます。


最後に。
この写真はボランティア活動のグループでご一緒した皆さんです。


201809243.jpg


活動後、倉敷で観光したいと
言ってくださったのでご案内しました。
その気持ちも、とても嬉しかったです。

今回の災害が観光へ与えた打撃も
相当なものになりました。

秋の倉敷美観地区は、とても素敵です。

旅行の場所を迷っている方は、
ぜひ行ってみてくださいね!


201809244.jpg


少しでも早く、
被災者の皆さんの日常が
穏やかさを取り戻しますように。
心からお祈りしています。

投稿者 神谷文乃


湯けむり紀行♪草津編

(2018/09/17)

秋の虫の声も聞こえるようになりました。
皆さん、いかがお過ごしですか?
厳しい暑さとなった今年の夏、疲れがどっと出やすい時期でもあります。
そこで、身体を癒やしに先日、草津へ行ってきました!


201809171.jpg


青森のテレビ局に勤めていた際に温泉の魅力にはまり、
時間があれば、車を自ら運転して東北の温泉地を巡り
温泉ソムリエの資格を取得するほど温泉好きなんですが、
実は"初"草津温泉!


201809172.jpg


浴衣を着て、湯巡りをすると、様々なサービスが受けられるということで
旅館の浴衣を着用しました。


201809173.jpg


ちなみに、
このようなかわいらしい浴衣を借りられるところもありましたよ!


201809174.jpg


さて、まず訪れたのは温泉図書館です。
温泉に入る前に、その土地の成り立ちや歴史を知りたいので行ってきました。


201809175.jpg


一般書も置いてありましたが、温泉に関する本も沢山。


201809176.jpg


そして、図書館の一角には草津温泉の歴史に関する資料が展示してありました。
資料には草津温泉の源泉は古くから皮膚病や傷病等に効果が高いといわれ、
多くの湯治客が訪れたことや泉質はもちろん、湯量も豊富で温泉地の中心には
「湯畑」があり、温泉街の各宿のお風呂に掛け流しされていて、楽しめると
書いてありました♪

また、草津温泉の源泉は大変熱く、刺激の強い酸性泉であるため、
湧きたての熱い湯を「湯もみ」をすることで温度を下げ、3分単位で入浴する
『時間湯』という独自の入浴習慣が江戸時代から行われるようになったことも
分かりました。


201809177.jpg


その「湯もみ」は見学、体験することもできます!


201809178.jpg


草津温泉の歴史や入浴方法を学び終えたところで、いざ温泉へ♪


201809179.jpg


やはり、お湯は酸性が強く浸かると少しピリッとしましたが
私にはそれが気持ち良かったです。
そして、湯上がりは...やはりこれですよね!


2018091710.jpg


「湯けむりサイダー」を手に宿へ戻ると、女将さんが話しかけて下さいました。

『草津は初めてですか?』

「はい、そうです!草津は以前、噴火があって、人が少ないかと思いましたが
焼き鳥も並んで買いましたし、想像以上に人が多くてほっとしました!」

とお伝えすると

『いえ、観光客の方、まだまだ少ないんです。
いつもの草津は"原宿の竹下通り"くらいになるんですよ!
でも、商売ができるのも自然のおかげ。今は仕方ない。
こうやって来て下さることが嬉しいよ!』

と、仰っていました。


2018091711.jpg


自然のお湯と、そこに暮らす人たちの気持ちに、
少しですが触れられた旅となりました。


投稿者 鈴木理香子