人生初の挑戦

(2018/12/17)

先月、人生で初めての挑戦をしました。
"フルマラソン"です。


201812173.jpeg


運動不足・運動音痴なくせに、勢いで応募してしまった私。
にもかかわらず、ろくに練習もできないまま、
気づけば本番1週間前を迎えていました。
もはや後悔と恐怖で眠れぬ日々。

絶望の中、藁をも掴む思いでネット検索したのは
「練習不足」「フルマラソン」「なんとかなる」の3ワード。
我ながら呆れます。
すると奇跡のヒットが!!!!
「準備は3日間だけ!
練習ゼロで完走できる非常識フルマラソン術」という本でした。
24時間テレビのマラソンプロデューサー中村博行さんの著書です。
え~~本当ですか!?と思いつつも、通販サイトで、即購入。
なんとか5日前にゲットして、熟読です。

筋力が無い人にお勧めの走り方から、テーピングの仕方...
揃えておくべきグッズまで、細かく書かれていて、
まるで初心者のためのバイブル。希望の光が見えました。

こうしてなんとか不安な心をつなぎ止めた私は、
出ることに意味がある!!と自分に言い聞かせ、
本を握りしめて、走りきると決意したのです...。

11月11日。いよいよ本番!


201812175.jpeg


第二の故郷、岡山で毎年開催されている「おかやまマラソン」です。
故郷の皆様の前で醜態をさらすリスクはかなり高いですが、
もうやるしかありません。

〝スタートからわずか3分後に足の裏がつる〟という
小さな恐怖を体験したものの、なんとか持ち直し、
10キロまでは周りと会話する余裕もありました。

20~30キロは、言葉数が激減したものの、まだ足は動いています。


201812171.jpeg


それがどうでしょう。
30キロを超えた辺りから、急激に足が重く...
体中が痛くて苦しいではありませんか。
なんだこれは。想像以上にきつい...。
それでも、歩みを止めてしまうと二度と動けなくなる気がして、
なんとか走っては歩き、走っては歩きを繰り返していました。
1キロ1キロが果てしなく遠い...。
1歩が遅くなった分、色々なことが頭や心を駆け巡っていきます。
「あぁもっと練習するべきだった」「なんて私は愚かなのだ」
情けなさに心はもう今にも折れそう。
私、なげだしちゃうのかなぁ。這ってでもゴールしたかったなぁ。
あぁ...足が止まる。そう思った瞬間、沿道の人が掲げる横断幕が
目に入ってきました。

「その足が痛いのは、気のせいさ」

えぇ~!?それは絶対違うと思うな!
と全力で突っ込みたくなりましたが、笑ったら不思議と心が軽くなりました。
苦しくて周りを見る余裕が無くなっていましたが、顔を上げてみると、
沢山の人が声をかけ続けてくれていることにも気が付きます。
「がんばれ!」「自分に勝て!」声に押されるように足が動き出します。
そして、前を走る人のゼッケンに書かれた文字にもハッとしました。
「豪雨災害、復興のために祈ります」「走れることに感謝」「頑張ろう岡山」
その日は、快晴で、雲一つないような気持ちの良いお天気でした。
橋から見下ろした旭川の水面がきらきらと輝いて、空気がおいしくて。
紅葉が美しかった。岡山の良さを詰め込んだような天気と景色。
本当に泣けるほど美しく見えました。
夏の辛い記憶を思い起こしながら、復興を祈りながら。
きっとみんな走っていました。
あぁ、当たり前の日々に感謝をしないといけないな、
そう心から思いました。
今この瞬間のひとときの平和に感謝して。走れる今の健康にも。

その後は、不思議と元気が戻ってきて、制限時間ぎりぎりではありましたが、
なんとかゴールすることができました。5時間52分。
ゴールの瞬間も最高でしたが、私はあのとき見た旭川のキラキラが
胸に焼き付いています。無い筋力の代わりに体を支えてくれたのは、
沿道の皆さんの応援と岡山の景色でした。

なぜマラソンの人気があるのか。
かろうじてゴールして、少しだけ分かった気がしました。
自分の息づかいを感じ、痛みを感じて、生きていると実感する。
自分自身と対話しながら向き合える。
そういうスポーツなのではないかなと感じたのです。
体験できて本当によかった。 
またいつか走ってみたいと思います。今度はちゃんと練習して。

そして、いつか中村博行さんにお会いできたら、心からの感謝を伝えなくては!!
マラソン初心者の方は是非参考にしてみて下さい!!
でも、これだけは言い切れます。やっぱり練習は大事~~~!!


201812174.jpeg

投稿者 神谷文乃


家族との時間

(2018/12/10)

「オーストラリアへ行く!」
と決めた母と先日、行ってきました!オーストラリア。
母が今年の1月1日に脳出血で倒れてから、もうすぐ1年。
母は倒れてから唯一、オーストラリアで暮らす弟だけ会っていなかったので、
どうしても会いたかったのでしょう。
倒れてすぐ、弟が「日本に戻る!」といっていたのですが
母はあえて「私がオーストラリアに行く!これが目標」といい
運動や食事制限をして海外に行けるまで回復!
そして、今回、無事に会うことができました。

「母よ!」「息子よ!」

なんて絵に描いたような感動的な再会ではありませんでしたが(笑)
娘として、姉としては、会えただけで、ほっとしました。
だって、知らない土地で、また、倒れたら...病院は?お金は?
と、そりゃあ、考えます。
こうして無事に帰って来られたからこそ、今、キャスター日記に書いて
いるわけですから!


201812101.jpg


そもそも、なぜ我が弟がオーストラリアにいるのかといいますと、
青森で津軽三味線奏者を目指して修行中だった時に外国人観光客の人と
出会う機会が多く英語を勉強したいとオーストラリアへ渡ったのです。
今回の旅、弟は弟なりに、親孝行をしようと車を借りてくれて、
歩くのがしんどいけれど、あちこち行きたい母を車に乗せて案内してくれました。


201812102.jpg


弟がオーストラリアと日本の交流イベントに参加した時の公園を訪れたり、


201812103.jpg


201812104.jpg


カンガルーに会わせに連れて行ってくれたり、


201812105.jpg


弟が頑張った時に自分へのご褒美として食べるというハンバーガーショップで
語らいました。姉として、一回りも二回りも大きくなった弟に会えて嬉しかったです。
母は尚更、そう思ったことだと想像します。


201812106.jpg


それにしても...オーストラリアはなんと物価の高いこと!!
ハンバーガー1つ約1300円、お水はなんと500ミリリットルのペットボトル1本約300円!!
国土が広いためや輸送費がかかったり、人件費が高いためだそう。
ちなみに、シドニーの1LDKのお家賃は30万から40万くらいほどだとか!
だからシェアハウスは当たり前なんですって!ひ~
そして、もう一つ驚いたことが!
なんと、ほとんどのお店が"大体夕方には閉まる"ということ。
「お姉ちゃん、欲しいものがあるなら早めにお店に行った方がいいよ、閉まるから。」
と弟にいわれ、行きたかった本屋に慌てて行くと
営業していましたが、夕方にはご覧のように閉まりました。


201812107.jpg


201812108.jpg


なぜ、こんなに早く閉まるのか聞いてみると
「オーストラリアでは家族との時間を大切にする伝統があるみたいで、
みんな、早く家に帰るんだよ」と。


201812109.jpg


家族との時間。
実は、オーストラリアに来る直前、
私と母はお互いに疲れが溜まっていたせいか、意見がぶつかりがちになっていました。
母はやはり、出来ていたことが出来なくなってしまったこともあり、ストレスを抱え
私も、今まで通りに接していても、うまく母と折り合いがつかなくなっていくことに困惑...
お互いに心に余裕が持てなくなっていました。


2018121010.jpg


こんな気持ちと状況で海外旅行なんて行けるのか?と心配でしたが
異国の文化や風土の違いに触れ、なにより、ぼーっとすることができて
家族それぞれが心のゆとりを取り戻すことができた気がします。


2018121011.jpg


海を眺めながら母の口癖を思い出しました。
「病気は何かのお知らせ!軌道修正!軌道修正!」
そして、海を眺めながら母は、「次はハワイに行きたいな~♪」と一言。
ん?なぜ、ハワイ?と思いましたが
場所はどこであれ、「家族との時間」が軌道修正ってことなのかも(笑)

投稿者 鈴木理香子


1年間の目標

(2018/12/03)

こんにちは、キャスターの土谷映未です。
12月に入り、今年ももう終わってしまうと思うと、少し焦りを感じています。
思えば、今年の初めに設定した自分の目標は何だったか、
忘れてしまっていることに気がつきました。

3つほど設定した中の一つ「体作り」は、休み休みではありますが、
なんとか今も続けています。
筋肉をムキムキに鍛えるというほどではありませんが、
少しでも筋肉をつけたいという思いで始めました。

もともと冷え性で、夏でも手先が冷たいくらいの私は、
これまで暖かい服装などで対処していました。
ただ根本的な解決にはならないため、筋肉量を増やすことから変えなければと思い立ち、
日常生活のちょっとした場面で実践しています。

簡単なことから・・・
出来るだけ階段を使う、歯ブラシをしながらかかとの上下運動をする、
ある程度の距離は車や電車を使わずに自転車や歩きで向かう、
帰り道に時々スキップする(何か良いことでもあったのかなぁと思われているかも)など、
私の身の丈に合ったいつでも出来ることを取り入れています。

そしてこの秋からはテニスにも通いはじめ、
しっかりと汗を流すくらいの運動も始めました。

1年間の目標を設定することで、
去年よりも今年、今年よりも来年、と
色んな面で少しずつでも成長していけたらと思っています。


201812031.jpg


空いた時間には握力を鍛えながら、残りの今年を駆け抜けます!

投稿者 土谷映未


初めて尽くしの旅

(2018/11/26)

10月下旬に夏休みを頂いてメキシコ・カンクンに行ってきました。
約8年ぶりの海外で、"初めて"づくしの旅になりました。

その一つが、スキューバダイビング。
ダイビング用のスーツを着用し、酸素ボンベを担いで海に潜ります。

しかし、酸素ボンベを口にしているものの
"息が出来なくなるかもしれない・・?"
そういった、不安な気持ちとの戦いで、なかなか潜れませんでした。


201811261.jpg


インストラクターに助けられ、
15分後、ようやく海の世界へ・・・・・

そこは、


201811262.jpg


見たことのない魚や鮮やかな赤いエビ、そして大きなエイなど、
白い砂浜と透明度の高い海の中に生きる生物の
ありのままの世界が広がっていました。

ただただ感動です。
地上では見られない世界をゆっくりと眺め、心に留めました。


続いての初めては、遺跡を目にしたこと。


201811263.jpg


こちらの遺跡はチチェン・イッツァです。
メキシコ・ユカタン半島に残された後古典期マヤの最大の遺跡で
世界遺産にも登録されています。

実際に遺跡を目にしてみると、
その存在感に圧倒され、一方で神秘さも感じられました。

"人間"が持つ知恵をめぐらし、作り上げた巨大な遺跡。
人の凄さを実感しました。


そして、
3つ目の初めてが"かぼちゃのランタン作り"。

今回、メキシコを訪れた時期がハロウィーンと重なり、
滞在中のホテルで"かぼちゃのランタン作り"のイベントが開かれました。

このイベントへの参加は想定外で、メキシコ人に促されるまま参加。
(実はスペイン語が分からず・・・
気づくと、かぼちゃのくりぬき作業が始まっていました。)

ナイフ1本で、大きなかぼちゃをくり抜きます。
が、かぼちゃの皮が分厚く、なかなかくり抜けないのです!


201811264.jpg


ほかの参加者に目を向けると、
ハロウィーンの文化が浅い日本人の私とは違い、
慣れた手つきで作業をすすめていました。
「負けたくない」その一心で、私もくり抜きました。

その作品がこちらです。


201811265.jpg


作業が終わり、
周囲の人が作ったランタンを見てみると、
ランタンの顔が個性豊かで目をひきます・・・感嘆し、完敗です。


201811266.jpg


出来上がった私のかぼちゃを見た方が、
「初めてにしては上出来だったよ!夜のハロウィーンパーティーにおいで」
と、声をかけて下さいました。

その夜、
ハロウィーンパーティーに足を運び、見たものは・・・


201811267.jpg


外国の方を前に、日本人の私が作ったランタンが灯りをともしています。


201811268.jpg


なんとも・・
少し奇妙な光景だなと感じつつ、
約8年ぶりの海外で、
パーティーの飾りに貢献出来たことが嬉しくなりました。

初めて目にするもの・経験したことが多かった夏休み。
改めて、今後も様々なことにチャレンジし、
刺激を受けていきたいと心に決めた夏休みでした。

投稿者 名切万里菜


ハロウィーンスイーツ

(2018/11/19)

みなさん、こんにちは。
気付けば今年も残すところ一ヶ月ほどとなってしまいました。
ハロウィーンが終わるとあっという間にクリスマスシーズンですね。
秋が1番好きなので、もう少し秋を堪能したかった気もします...

季節は進んでいますが、話は少し戻って、
ハロウィーンイベントが年々盛り上がっていますね。
みなさんは仮装などしましたか?
私は仮装しませんが、ハロウィーンの時期に出るスイーツが好きなんです。
今年もハロウィーンスイーツを求めていろんなお店に行きましたよ!


201811191.jpeg


201811192.jpeg


201811193.jpeg


食べるのが勿体ないくらいすごく可愛いですよね。
あまりの可愛さに、思わず何枚も写真に納めてしまいました。
スイーツにはカボチャやサツマイモなど秋の味覚がふんだんに使われています。
カボチャ好きの私にとってこれほど幸せなことはありません!


201811194.jpeg


全てぺろりと食べてしましましたが、
可愛いお化けの部分は食べるのに少しためらってしまいました(笑)
また来年のハロウィーンが楽しみです。

投稿者 加田晶子