釣りを通して

(2019/02/25)

今回は"釣り"について綴ります。
前回の日記でも、今後も様々なことにチャレンジし刺激を受けていきたいと、
締めくくっていました。

あれから3ヶ月。
有言実行。私は"ピラニア釣り"に挑戦していました。

もともと釣り好きではあります。

東京で開かれたピラニア釣りのイベントは、
擬似餌と本物の餌(生き餌)を使って2回体験できます。
1回のピラニア釣りの制限時間は3分。

釣りの開始とともに、
本物の餌を水の中に入れると・・・
餌をめがけてピラニアが力強く食らいついてきます。
その光景に目を見張りました。

そして3分の制限時間で3匹も釣れました!


201902251.jpg


水槽に3匹入れると、かなり活力があります。
この時点で、イベントで釣れたピラニアの数量は最多記録だったそうです。笑

イベントの担当者によると、
ピラニアは、実は臆病な性格だそうで、
単体で行動はせず群れで行動するとのこと。


201902252.jpg


獰猛な魚と思いきや、可愛いらしい一面もあると知り、
ピラニアへの恐怖心が和らぎました。
その後、私のプチ自慢として、
「アマゾン川から来日したピラニアを3匹釣った」と高らかに公言しています。


201502253.jpg


そんな私が先日、
前職場の同僚たちと三浦半島に海釣りに行ってきました。

久しぶりに海が見えた瞬間、
故郷を思い出し興奮しました。

ピラニアを釣って鼻が高くなっていた私は
普通の魚は簡単に釣れると侮っていました。

そして予想通り、釣りを始めてから10分たらずで、竿が揺れます。


201502254.jpg


リールを回しながら、針付近を見ると。
赤い魚・カサゴが見えます。

が・・釣り上げきれず。
姿は確認出来ましたが、途中で海の中に帰って行きました。

考えてみると、
場所や時間帯にもよりますが、
冬に釣れる魚は少ないとも聞いたこともありました。

しかし、しばらくすると、
周りにいる同僚たちが次々に魚を釣っていきます。
なかには、ウツボやカニも。

私の竿は、一向に揺れません。
ピラニア釣りで自信をつけただけに、鼻を折られた気分で悲しくなりました。

結果、1時間半で釣りを終えます。
私は一匹も釣れませんでした。

海の遠くを見つめながら、
『釣りの醍醐味は釣ることじゃない、時間の流れを楽しむことだ。』
と、心の中でつぶやき、
自分を過信するのは気を付けようと感じた久しぶりの磯釣りでした。


201902255.jpg

投稿者 名切万里菜


初めて尽くしの旅

(2018/11/26)

10月下旬に夏休みを頂いてメキシコ・カンクンに行ってきました。
約8年ぶりの海外で、"初めて"づくしの旅になりました。

その一つが、スキューバダイビング。
ダイビング用のスーツを着用し、酸素ボンベを担いで海に潜ります。

しかし、酸素ボンベを口にしているものの
"息が出来なくなるかもしれない・・?"
そういった、不安な気持ちとの戦いで、なかなか潜れませんでした。


201811261.jpg


インストラクターに助けられ、
15分後、ようやく海の世界へ・・・・・

そこは、


201811262.jpg


見たことのない魚や鮮やかな赤いエビ、そして大きなエイなど、
白い砂浜と透明度の高い海の中に生きる生物の
ありのままの世界が広がっていました。

ただただ感動です。
地上では見られない世界をゆっくりと眺め、心に留めました。


続いての初めては、遺跡を目にしたこと。


201811263.jpg


こちらの遺跡はチチェン・イッツァです。
メキシコ・ユカタン半島に残された後古典期マヤの最大の遺跡で
世界遺産にも登録されています。

実際に遺跡を目にしてみると、
その存在感に圧倒され、一方で神秘さも感じられました。

"人間"が持つ知恵をめぐらし、作り上げた巨大な遺跡。
人の凄さを実感しました。


そして、
3つ目の初めてが"かぼちゃのランタン作り"。

今回、メキシコを訪れた時期がハロウィーンと重なり、
滞在中のホテルで"かぼちゃのランタン作り"のイベントが開かれました。

このイベントへの参加は想定外で、メキシコ人に促されるまま参加。
(実はスペイン語が分からず・・・
気づくと、かぼちゃのくりぬき作業が始まっていました。)

ナイフ1本で、大きなかぼちゃをくり抜きます。
が、かぼちゃの皮が分厚く、なかなかくり抜けないのです!


201811264.jpg


ほかの参加者に目を向けると、
ハロウィーンの文化が浅い日本人の私とは違い、
慣れた手つきで作業をすすめていました。
「負けたくない」その一心で、私もくり抜きました。

その作品がこちらです。


201811265.jpg


作業が終わり、
周囲の人が作ったランタンを見てみると、
ランタンの顔が個性豊かで目をひきます・・・感嘆し、完敗です。


201811266.jpg


出来上がった私のかぼちゃを見た方が、
「初めてにしては上出来だったよ!夜のハロウィーンパーティーにおいで」
と、声をかけて下さいました。

その夜、
ハロウィーンパーティーに足を運び、見たものは・・・


201811267.jpg


外国の方を前に、日本人の私が作ったランタンが灯りをともしています。


201811268.jpg


なんとも・・
少し奇妙な光景だなと感じつつ、
約8年ぶりの海外で、
パーティーの飾りに貢献出来たことが嬉しくなりました。

初めて目にするもの・経験したことが多かった夏休み。
改めて、今後も様々なことにチャレンジし、
刺激を受けていきたいと心に決めた夏休みでした。

投稿者 名切万里菜


スマホ写真を振り返って

(2018/09/03)

厳しい暑さが続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年の夏は、本当に暑かったですね・・・
私の家ではエアコンが壊れ、
どれほどエアコンが大切な電化製品なのか、身をもって体験しました。

さて、平成30年度も半ば、
上半期を振り替えようとスマートフォンに保存している写真を見たところ、
私はよくカフェに出かけては、ラテアートを撮影しているなと、改めて感じました。

暦の上では秋。
秋と言えば「芸術」ということで、上半期に撮影したラテアートを紹介しますので、
"芸術の秋"を少しでも感じて頂けたらと思います。

こちらは帰省先の長崎で撮影した写真。
「坂本龍馬」のラテアート。


201809031.jpg


とても技術が高いラテアートです。
もはや飲むことによって作品が崩れることを考えると・・・
飲む気力がそがれてしまうほど。
店員さんが持ってきた際は、思わず驚きの声が出てしまいました。

また、都内の店でもラテアートを頼むと、


201809032.jpg


可愛いうさぎのラテアートが出てきました。
ちなみに、「うさぎ」のラテアートを自ら注文したわけではありません。
こちらのお店では、店員さん次第で絵柄が変わってくるそうです。
またまた、飲むのに勇気がいるものでした。

こんなラテアートもあります。


201809033.jpg


そう!ジュラシックワールドのラテアート。
恐竜のラテアートからは、小さい絵柄ですが迫力が感じられ、
味はカフェラテなのでまろやかなんですが、口にする度に、
エネルギーが身体に取り込まれている気になりました。
恐竜が好きな方には、嬉しいカフェですね。

最後は、今年度の上半期、私が最もオススメするラテアート。


201809035.jpg


そうです!
ペンギンのラテアートになります。
この作品を提供するカフェは都内にあります。
私はうさぎも好きですが、ペンギン好きでもあります。
これまで、うさぎをはじめ、熊や猫、ハートなどのラテアートは見てきましたが、
ペンギンのラテアートを初めて見ました。おそらく、こちらのラテアートは、
キングペンギンの子どものアートだと思われます。

飲み物からも芸術を感じられるな〜っと、実感。

また、こうしてスマートフォンを眺めると、
上半期だけでも様々な写真を撮ってきました。

時には、スマートフォンに保存し続けている写真を振り返って
楽しむのも良いものだと思いました。


201809034.jpg


投稿者 名切万里菜


私のテンション上げグッズ

(2018/06/11)

最近、あることにはまっています。
それは、"うさぎのグッズ"を集めることです。

うさぎの飼い主でもある私は、
普段使っている物も、うさぎをあしらったモノにしてみようと思いました!

まずは文房具から探したのですが・・・
あるのは犬や猫のグッズばかり。
こちらもとても可愛いのですが、うさぎのグッズは見当たりませんでした。

そんな中、ふと昔の記憶がよみがえりました。
大学生の頃にうさぎのペンを買ったような気が・・

さっそくリビングに行き、部屋の中を見渡すと、
そこにはペン立てに埋もれたうさぎのペンが!!
さらには、
いつも使っているお香に使う皿、箸置き、キーチェーンもうさぎ!


201806111.jpg


買いそろえる前に、家にあるという奇跡。
うっかりもここまでくると奇跡。

まるで、
うさぎをいつか飼うことが分かっていたかのような偶然。
(大げさですみません。)

ですが、
やはりもっと集めたいと思っていたところ・・・

新宿の駅構内で、期間限定の店が出ていました。
そこには、犬や猫、鳥・・・そして"うさぎ"のグッズが売られていたんです。
こんな偶然はあるのでしょうか・・・
さっそく、うさぎのファイルやバッグを購入。
特にお気に入りは
こちらの写真で私が身に着けているバッグ。
一見、普通のトートバッグですが・・


201806112.jpg


蓋をしめると。


201806113.jpg


うさぎが・・・・じーっと、見つめてくるんです。
そばにあると、つい可愛がってしまうバッグですね。

そして最近は、ネットでうさぎのグッズを販売する店も見つけました。
こちらの花瓶・・・


201806114.jpg


よくみると、花瓶を抱えているのは2羽のうさぎです。
花をひきたてようと頑張っているうさぎたちの姿に癒されます。
様々な"うさぎグッズ"に囲まれ、幸せ者です。


201806115.jpg


まもなく関東も梅雨入りの時期。
じめじめした雰囲気が苦手な私も、うさぎグッズで乗り切られそうです。笑

でも、
一番の喜びはムーンと一緒にいることでしょうか?


201806116.jpg

(抱っこが嫌いな我が家のうさぎ。相変わらず、抱っこされるとフリーズします)

投稿者 名切万里菜


くらしに彩りを

(2018/03/19)

皆さん、こんにちは!

私事になりますが、
去年の暮れからフラワーアレンジメントにはまっています。
自己流でのアレンジとなり、
未熟な部分が多々ありますが、いくつか紹介させてください。


2018031911.jpg


こちらは正月前に作った作品です。
新年を祝うにふさわしい松や菊、桃てまりを使って作りました。


2018031922.jpg


続いての作品は、本格的な春が早く来てほしいという思いを込めて、
黄色いガーベラとかすみ草を使ったフラワーアレンジメント。

フラワーアレンジメントをする中で気づいたことは、
想像を現実のものに出来る良さがあることです。
また、どう作っていけばイメージ通りにできるのか考える過程も面白いです。

さて3月に作ったフラワーアレンジメントがこちら・・・


2018031933.jpg

2018031944.jpg


ピンク色と薄紫色の花はスイートピーです。
淡いピンク色の小さい花は桜小町(サクラコマチ)。
そして白色の花はカーネーションです。この3つの花を使って作りました。

スイートピーの花言葉は『門出』や『優しい思い出』とのこと。
卒業式や入学式のシーズンにぴったりの花ですね。
ただし、花の色によって花言葉も変わるようです。

また桜小町は、春から夏に咲く花で、
花言葉は、青春の愛や未練、裏切り・・・・
可愛らしい小花を咲かせるわりに、花言葉は・・・裏切りますね。

フラワーアレンジメントを始め、花屋の店員さんと話をする機会も増えました。
コミュニケーションの場を新たに開拓し、お花の知識をストックしています。

これからも花屋さんを巡り、新しい花との出会いを楽しみたいです。
そして自分でアレンジした作品で生活に彩りを加えていきたいと思います。

ただし、きちんとした彩りになるように、
まずは自分のアレンジメント技術を向上させたいものです。


2018031955.jpg

投稿者 名切万里菜


うさぎがいる生活

(2017/12/25)

こんにちは。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
寒い日が続いていますので、どうぞお体には気をつけてお過ごし下さい。

今日はタイトルの通り、
私が飼っているうさぎとの甘い生活について話をさせて下さい。

まずは紹介します。
名前はムーンです。
ネザーランドドワーフのオスで1歳です。


201712251.jpg


名前の由来は言わずもがな。うさぎと言えば月。
うさぎを飼うきっかけとなったのは、
友人と行ったウサギカフェでの衝撃的な出会いです。
その可愛さと癒しの効果にビビっとやられ、絶対に飼う!!と決断しました。

ムーンを飼い始めたことしの4月頃は、警戒心もありケージの端にいましたが、
今では私の手からご飯を食べてくれるようになりました。
距離が縮まったと思います。
そして最近は横たわる姿も見せてくれるようになりました。
一瞬、ひやっとしてしまう倒れ方をしていますが・・・


201712253.jpg


これは、リラックスしている姿だそうです(目が少し怖いですよね。笑)。

ただ、うさぎは夜行性です。
正確にいえば、薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)の動物です。
明け方(薄明)と夕方(薄暮)など、昼や夜ではないこれらの時間帯に
行動が活発になる生き物です。

ムーンは、夜中も元気です。
深夜0時のムーンは、"かまってちゃん"な為、ついつい相手をしていると、
深夜2時過ぎになり、夜更かししてしまいます・・・

そんなムーンに、この寒い冬を乗り越えてもらおうと、
暖かい生地のソファーを買ってあげました。クリスマスプレゼントです。
とてもお気に入りのようで、よく座っています。
そしてよく噛んでいます。
プレゼントして一週間も経たずに中の綿ががっつり出てます・・。


201712255.jpg


また先日にはムーンの健康診断でうさぎの専門店に行きました。
健康診断では体重測定や、爪のカット、そして体のどこかに異常がないかを診断します。
ムーンの体重は10月時点より、90グラム増えて870グラム。太りました。
それでもお米1キロに満たない体重ですね。
うさぎも人間と同じで食欲の秋だったなのかな~と思います。


201712252.jpg


ちなみに来年は戌年です・・・
かなり先にはなりますが、
5年後の卯年にムーンの写真を年賀状に載せるためにも
写真を撮り溜めておこうと思います。
(何枚になるのやら・・・また、そこから選べるのだろうか・・・不安はあります)

とりあえず先は長いので、
今は可愛い犬が書かれた年賀状を買いに行ってきます!

今年も大変お世話になりました。
皆さま良いお年をお過ごしください。


201712254.jpg

投稿者 名切万里菜


ジブリ満喫

(2017/09/19)

先日、三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。

実は、7年ぶりの訪問で、
外観を見るだけで、わくわくしました。


201709181.jpg


思い返すと、5歳の頃だったでしょうか。
私が初めて見たジブリの作品は"風の谷のナウシカ"でした。

風の谷のナウシカの内容の深さに気づいたのは少し大人になってからでしたが、
幼いながらも、耳に残る音楽と美しいアニメーション、キャラクターなど、
作品のすべてに心を奪われたのを覚えています。

幼い頃はメーヴェに乗るナウシカにひかれ、
いつかメーヴェに乗って、空から故郷を見ようと思ったほど、
ジブリの作品は、私に強い影響を与えました。

美術館には、ジブリに限らずアニメーション映画が登場するまでの歴史や
作品を創作する現場の様子などを見ることができます。

特に私が驚いたのは、作品で使われた膨大な量の絵具(色)です。

展示の中に、これまで使ってきた色の見本があり、
思えば、自然風景や乗り物、街にリアル感があるのは多彩な色を使っている
からだと実感しました。

ただ今はもうパソコンなどで書けるのでセル画なども使ってないそうです。

また、宮崎監督の部屋を再現したブースには、たくさんの本があり、
日本を代表する監督であっても、様々なところが知識を得て、
映画が完成している こと。
なにより、
作品は一人で完成するのではなく、
仲間と一緒に作り上げてきたんだと実感しました。

映画で使われた絵コンテや装飾品の一つ一つを鑑賞しながら、
物語を思い出すとともに、幼い頃、ジブリ作品を集中して見ていた自分の姿や、
見ていた環境、その時抱いた気持ちがよみがえりました。
(まるで、名切万里菜の「おもひでぽろぽろ」ようだなと思う時間になりました。)

さて、私が特に好きな作品は、
風の谷のナウシカや天空の城ラピュタ、もののけ姫、紅の豚です。
どうも、自然の映像や空の風景に懐かしさを感じ、
登場人物を通して周りの背景や思いを感じる面白さがあると思います。


201709182.jpg


今回の美術館訪問で、
改めて、ジブリ作品の魅力に触れたことに加え
幼い頃の自分とゆっくり向き合う時間になりました。

投稿者 名切万里菜


願い事は!?

(2017/06/26)

みなさん。こんにちは!

日テレNEWS24に仲間入りしてから、気づけば約3ヶ月が過ぎました。
時の早さを感じます!

先日、
日本テレビの2階総合受付近くに季節を感じる飾り物を見つけました。


201706261.jpg


そう!七夕の飾りです。

社内でも、季節を感じることが出来る場所があるんだな~と、思いました。

さて、七夕飾りの短冊を見ていると・・・
ついつい"今年は何を願おうかな~"と、考えてしまう自分がいます。
欲深いですね。笑

ただ、日本テレビにある七夕飾りは、短冊に願い事が書けないようですので、
心の中に短冊を思い浮かべて、願おうと思います!
(心穏やかな日々が送れますように・・・と。)

ちなみに、
七夕飾りをバックに日本テレビのダベアも撮影できることに気づきました。
七夕とダベアのコラボ写真は、この時期ならではの写真になりそうですね。


201706262.jpg

投稿者 名切万里菜


はじめまして

(2017/04/04)

皆様、はじめまして。
4月から日テレNEWS24のキャスターに仲間入りさせて頂きました、
名切万里菜(なきり・まりな)です。

長崎市出身で海が一望できる町で育ちました。
休日は、海に出かけて釣りをして過ごすのが好きでした。
また大の生き物好きで、今後は関東の様々な動物園や水族館に
出かけてみようと思います。

さて、私はこれまで地元の長崎県と福島県でキャスターの仕事をしてきました。
長崎では情報番組を担当し、地域の話題や生活情報に加え、
若い世代の活動について取材し紹介してきました。
中でも、高校生平和大使の活動に関心を持ち、核廃絶と平和を願う長崎の被爆者や
その後継者である若い世代の切なる思いを取り上げてきました。
 
その後、震災という重大なテーマを持つ福島では、主にニュース番組を担当しました。
番組では、震災による地域の現状、原発や避難区域の問題などを放送してきました。
また長崎とも繋がりが深い放射線を研究する方を取材し、今の福島の現状や研究に
いたる思いを放射線を懸念する方に向けて伝えてきました。
長崎・福島の体験を通して学んだことは、新しいニュースはもちろん、過去の出来事も
伝え続けることの大切さです。

このような思いを胸にとどめ、これからは日テレNEWS24のキャスターとして
「日テレNEWS24を見れば安心」と皆様に思ってもらえるように、ニュースを分かり
やすく、正確にお伝えできるよう、日々精進したいと強く思います。
これからどうぞ宜しくお願い致します!


201704032.jpeg

投稿者 名切万里菜