10年ひとむかし                       宮原亜友子

(2007/03/29)

イメージ 1.jpg先日、我が家でホームパーティたるものをしました。
名古屋に縁のある人で集まる、その名も「ランチパーティ・
名古屋会!」。
日曜日のちょっと遅めのランチだったのですが、ホストである私は大忙し。気がつけば、お開きは午後9時過ぎとなる、
盛況ぶり?でした。



イメージ 2.jpg大学を卒業して、名古屋のテレビ局に就職したのは、今から
11年前のこと。
名古屋に縁もゆかりもなかった私。
慣れない土地で、慣れない仕事にくじけそうになったときもありましたが、10数人の同期にも支えられ、5年余の名古屋生活を満喫しました。



イメージ 3.jpgそして、気がつけば、5年半もの間、初志である「今を伝える
仕事」をし、すっかり「夜の女」として定着したのでした?
毎日がブレイキングで、ドキドキだった麹町時代が、とっても
懐かしいです。

10年なんてあっという間。
40歳を過ぎた私も、こうやって、昔を懐かしむのでしょうか。


投稿者 宮原亜友子


長崎、雲仙の旅                       宮原亜友子

(2007/03/01)

イメージ 1.jpg休みを利用して、九州へ行ってきました。
今回は、「長崎・雲仙の旅」。
羽田から朝一番の飛行機で長崎へ飛んで、長崎市内を観光し、雲仙のホテルで京都の両親と落ち合う計画です!

長崎は、高校の卒業旅行以来でしたが、なかなか新鮮で、
楽しめました。
お天気もよく、路面電車やバスをフル活用!
オランダ坂・大浦天主堂・グラバー園界隈、新地と、定番の
コースを散策しました。

イメージ 2.jpgお昼は、もちろん「長崎ちゃんぽん」。
白濁した濃厚なスープに極太の麺、その上には、野菜や魚介類などのふんだんな具。
中華街にはたくさんのお店があって、どこに入ろうか迷いましたが、地元の人が多く入っていそうなお店に入店。正解でした!
おいしかったな~


イメージ 3.jpg遅めのお昼を終え、電車で諫早まで行き、そこからバスに乗ること
2時間弱。
島原半島の西側、雲仙の温泉町が見えてきました。
硫黄の匂い漂う雲仙地獄を巡り、最終目的地のホテルに到着。
1935年に外国人避暑客のために建てられたクラッシックなホテルは、素敵でした。
優雅な雰囲気を漂わせたホテルでのフランス料理も、
これまた、おいしかったな~


投稿者 宮原亜友子


ひと味違う!?2007                    宮原亜友子

(2007/02/01)

①.jpg2007年になったかと思えば、もう2月。
ほんと、時がたつのは早いですね~
今年は、年越しが会社ではなく、三が日も仕事ではありませんでした。
ここ数年は年末年始が仕事だったので、ちょっと拍子抜け・・・
今年は海外に行くこともなく、ゆっくりと日本のお正月を満喫しました♪


②.jpgここ数年続いていた、厄年。
(といっても、気にせず、厄払いもしていませんが)
前厄・本厄・後厄がやっと終わり、今年はなんだかいい年になりそうな気がします。
それに、あの、ズバリ言っちゃう先生の占いによると、今年は、最も運気の高まる3年のスタートの年、絶好のチャンスらしいです。
う~ん、いいことは信じるタチです!

③.jpgそれを後押しする出来事が!?
今まで、大凶や凶は出たことがあっても、大吉はめったにひかない「おみくじ」で、なんと、今年は、大吉!
今年はいいことが起きそうな・・・
なにか準備をしなければと、とりあえず、髪の毛を切ってみました。
果たして、吉とでるか、凶とでるか、楽しみな1年であります!


投稿者 宮原亜友子


マイブーム                          宮原亜友子

(2007/01/04)

イメージ 1.jpgあけましておめでとうございます!

2007年を迎えました。
今年はどんな年になるのでしょうか。
中南米に、NYにスペインにも行きたいなぁ~なんて、
旅夢物語を描きつつ、凝り性であり飽き性である、
私の最近のマイブームを紹介しま~す。


①柚子こしょうと黒七味

イメージ 2.jpg日本橋を散歩していたら、「にほんばし島根館」を発見!
島根県の特産がたくさん販売してあり、その中から「柚子こしょう」を購入しました。
お豆腐にちょっとのせても、お吸い物に少し入れても、
肉団子に入れても、美味であります!
そして、私のオススメは、私の地元京都の「祇園原了郭」の「黒七味」。
唐辛子と山椒粉、白ごま、黒ごま、けしの実、麻の実、
青のりが入っていて、風味が良く、舌にぴりっと刺激を感じる
美味しさです。
お肉につけても、うどんに入れてもよし。
黒七味に出会ってからは、もう、七味だけでは物足りません・・・


②御抹茶で一服

イメージ 3.jpg中学3年間と大学4年間、茶道部に入っていましたが、
それ以来、疎遠になっていたお茶。
着物の着付けのお稽古の後に、先生が点ててくれる御抹茶を飲みだしてからというもの、和菓子には必ずといっていいほど、御抹茶をいただきます。
ほっこりするには、御抹茶が一番です!


投稿者 宮原亜友子


お誕生日会                          宮原亜友子

(2006/12/07)

1.jpg先月はお誕生日月ということで、なかなか忙しい11月でした♪
誕生日当日は、仕事で、しかも泊まり勤務だったのですが、みなさんに祝ってもらい、ケーキまでご馳走になりました。
ホールのお誕生日ケーキは久しぶり!しかも、私の一番好きなイチゴつき!やっぱり大勢で食べると美味しいですね~
音信不通だった友達からお誕生日メールをもらって、久しぶりに連絡をとったり、家族や友達に祝ってもらって、おいしいものを食べたりと、歳をとるのは、いいモンだと、改めて実感したのでありました。

あと、楽しみといえば、私の場合、買い物です!
お誕生日だから・・・と、買う言い訳が出来るので(誰に?!)
自分へのプレゼントをするわ、するわ。
2.jpgしかも、お誕生日月は「ポイント倍増」とか「20%オフ」という
葉書まできちゃうので、ついつい、お店に足を運ぶことになるんです。
誘惑には勝てないわ・・・

今年もあと少しで終わりとなりますが、今月は、今年1年頑張った自分へのご褒美が増えそうな予感。
それに、カードの請求書も来るんだった・・・


投稿者 宮原亜友子


いつか銀座を・・・                      宮原亜友子

(2006/11/09)

123.jpg「着物を自分サイズに直すには、お金がかかるなぁ~。だったら自分で直そう!!」と思い立ち、和裁をはじめて、はや1年半。肌襦袢やうそつき、ねまき、浴衣を縫い終わり、最近、やっと単衣の着物を縫い始めました。

小学校時代に通っていた公文以来に出会った「寺子屋」式のお教室。正座でのお稽古はなかなか大変です。そして、80歳になる先生は、日本一の仕立て屋とも言われている先生で、かなり厳しいんです。怒られない日はありません。宿題(これまた懐かしい響きですが)で、縫ってきた箇所を必ずといっていいほど、鋏でずばーーっと切られ、はい、やり直し。しかも、それぞれやり方を覚えるように、5反ずつ縫うので、なかなか前に進めません。正直、5反縫っても、やり方が覚えられないのですが。で、1年半かかって、やっとの思いで単衣までたどり着きました。

125.jpg単衣とは、6月から9月に着る夏物の着物のことです。たぶん、来年の夏には、自分が縫った着物が着られると思うのですが・・・これまた、私のガンバリ次第です。
正確さや丁寧さ、集中力を技術とともに問われる和裁は、勉強になることも多く、いろいろな年代の人とも知りあうことができ、今の私にとって必要な時間となっています。改めて、昔の人はすごいなぁと思わずにいられません。

着物 004.jpg
近頃、私の周りでは、第4次?結婚ブームで、パーティーにお呼ばれすることが多く、着物を着る機会も増えてきました。まだまだではありますが、いつか自分の縫った着物でパーティーなどに出席したいものです。う、これは、かなり遠い夢・・・。
まずは、銀座を、自分で縫った着物姿で闊歩できることを夢見て、日々
お稽古を続けています。初志である、着物を自分サイズに直す以上の
お金がかかっていますが・・・。




投稿者 宮原亜友子


オランダの地を訪れる                    宮原亜友子

(2006/10/13)

PICT0034.JPG構想2年―念願の旅!夏休みを利用して、友達が住んでいるオランダに遊びに行ってきました♪
オランダ王国は、ヨーロッパの立憲君主制の小国で、日本の九州くらいの面積に総勢1600万人が住んでいる、かなり人口密度の高い国です。国土のおよそ4分の1が海面下にあるんですが、うまく土地を利用していて、河川や運河が街と解け合い、美しい自然が残されています。


PICT0123.JPGオランダ到着後、ビックリしたのが、まず、空港です。スキポール空港は、別名エアポートシティとも言われていて、ロビーは扇状に広がり、その中にレストランやカフェ、バー、(寿司バーまでありました!)お店、お土産物やさん、休憩所、両替所、カジノ、子供達の遊び場やイスラム教徒の為の礼拝所まであるんです!空港といったイメージではなく、まるでショッピングモールに来ているような充実ぶりです。また、窓が大きく、どこからでも飛行場が見渡せ、見せる演出が凝らされています。機能はもちろんのこと、安全、見せる、楽しむといった、いつまでも飽きのこない盛りだくさんの空港でした。


PICT0048.JPGお次のビックリ。街を歩いていると、なんだか私達、小さいんです。オランダ人は、で・か・い!なんでも、男子の平均身長は、180センチ、女子は、166.7センチ。子供サイズの私、ガリバー旅行記を思い出してしまいました・・・

チューリップ・風車・木靴の国、オランダ。しかし、大麻・売春が指定された場所に限り合法な国でもあります。Coffee Shopは、大麻を販売している小売店。アムステルダムの至るところにあり、足早に前を通る私でした。また、夜は、友達に連れられ、旧教会近くの飾り窓地区を見学。飾り窓とは、商品を陳列するための大きな窓。家族連れや観光客が行き交う狭い道の両側には、飾り窓がずらりと並んでいて、ウインドーを覗くと下着姿の女性がウインクして手招き。かなり衝撃的でした。本当に教会の隣にも飾り窓があるんです。


PICT0013.JPGオランダは、寛容な大人の国。麻薬も売春も合法。同性同士の結婚も世界で最初に認められた国。今まで抱いていたイメージとは違ったオランダを学んだ気がします。
女3人旅は、オランダをあとにし、ビールにワッフルにチョコと食べまくりの、隣国ベルギーへと続くのでした。





投稿者 宮原亜友子


東京グルメ紀行                       宮原亜友子

(2006/09/14)

2006.07.30誕生日会 014.jpgずーっと気になっていたお店、シャネル銀座ビルの最上階にあるレストラン「ベージュ東京」。
オートクチュールの「シャネル」と三ツ星シェフの「アラン・デュカス」によるレストラン。
ランチ6000円のコースから、ディナーは17000円から。
・・・自腹で行くには勇気がいる値段設定です。
ということで、母の誕生日会にかこつけて、行って来ました!



2006.07.30誕生日会 001.jpg
マロニエ通り沿いにある直通エレベーターでレストランへ。
エレベーター内のボタンが、シャネルマーク!
内装は、お店の名前通り、ベージュで統一されていて、
とっても落ち着きます。

2006.07.30誕生日会 005.jpg

トイレに行ってみると、店名が刺繍されたタオル。
そして、ココシャネルの石鹸。使っていいものか、迷います・・・シャネルのスーツのようなツイード生地の椅子も座り心地
満点。
シャネルの世界に浸りながら、フランス料理をいただきました。



2006.07.30誕生日会 013.jpgシャンパーニュで乾杯し、野菜・魚介類・肉類のフルコース。
赤ワインのボトルを開け、デザート「カレ・シャネル」を食べる頃には、おなかがパンパン。う、、もう食べられない。
シャネルマーク入りのチョコレートやマカロンまで手が届かず、無念。こっそりお土産に持って帰ろうか、ずいぶん悩みました・・・
シャネルのブランド・ファッション・食をたっぷり味わうことができる、納得のレストランでした♪


投稿者 宮原亜友子


ゴルフが一転!?                      宮原亜友子

(2006/08/18)

最近の運動不足を解消するため、久しぶりにゴルフに行こうと、友人達を誘って軽井沢に行って来ま
した。
いつものごとく、私は、泊まり勤務明け。早朝から1人ハイテンションの私!
午前中は、お決まりのコース、軽井沢のアウトレットで、とりあえずお買い物。
バーゲン中ということもあり、朝から買いまくりでした。寝ていないと人は平常心を失いますね・・・。

0409軽井沢 003.jpgその後オススメのおそばやさんで舌鼓。やっぱ信州の蕎麦は違うねぇ~と話しつつ、今度は、これまた、お決まりの温泉へ。
向かったのは、最近話題の星野温泉。芸能人がお忍びで泊まりにくるロハスな旅館「星のや」を始め、軽井沢で自然を満喫し、のんびりと鳥の声に耳を傾けられる、私の大好きな場所でもあるんです。


露天風呂で長々とおしゃべりをして、リラックスしたところで、暇つぶしに地元御用達スーパーの「つるや」へ。まるで外国にあるような大きいスーパーで、品揃えは紀ノ国屋にも負けないくらいなんです!
ジャムやジュースなどをお土産に購入しつつ、今度は、晩ご飯。
5時半から8時までしか開店せず、予約が必至というこのお店は、地物温野菜の盛り合わせやクアットゥフォルマッジという4種類のチーズピザが絶品!!一度食べたらやみつきになるおいしさです!

2006.0716~0717 013.jpg食後、小雨が降る中、「つるや」で購入した花火を決行し、夜はトランプ“大富豪”で大盛り上がりと、まるで学生の頃のようでした・・・
深夜、爆睡中の私を起こしたのは、屋根を打ちつける大雨の音。ゴルフ大丈夫かな~ともうろうとしつつ、また眠りにつき、翌朝目が覚めると、窓の外は嵐!でした!
早朝から「雨女探し」がはじまり、もちろん、ゴルフは中止に。
結局、旧軽井沢銀座でお土産を大量に買いつつ、試食をいっぱいし、そして蕎麦を食し、少し足をのばして、小諸市内にある地元の温泉センターでのんびりと湯に浸かり、湯上がりの一杯に瓶コーヒー牛乳なんぞを飲み、大都会・東京へと向かったのでした。

2006.0716~0717 029.jpg
目的であるゴルフはできませんでしたが、緑に癒やされ、美味しいものを食べ、温泉に浸かり、デトックスな旅!
ゴルフ、リベンジはいつにしようかな~。






投稿者 宮原亜友子


熱かった夏・・・                                宮原亜友子

(2006/07/21)

1 003.jpg熱かった夏・・・
と言っても、これからが夏本番!
私にとっての第一陣の夏は、「サッカーW杯」でした。

以前から、サッカーの試合を見に行ったりしていたものの、それほどサッカーに興味がなかった私。
南米に行ったからか、サッカー特番の為ワールドカップの勉強をしたからか、今年のW杯は、私にとって、一味違うものになりました!

画像 002.jpg思い起こせば、南米の旅から私のサッカー熱が始まっていたのかも。
アルゼンチンの空港からブエノスアイレスに向かう高速道路。
その両脇には、スラム。
家とも小屋とも言えないものがある中、暗闇に動く影。
目を凝らしてみると、サッカーをしている子供!?
街灯が一つもない真っ暗な所で、明らかにサッカーボールよりも小さな何かを蹴っている。
画像 001.jpgこのスラムから、スーパースターと呼ばれるサッカー選手がでて活躍している、という話を聞き、日本にはないサッカー文化・土壌にビックリしたのでした。
その日に見た試合は忘れることができません。
そんなわけで、ここからW杯へと、私の中では繋がっていたのかもしれません。


画像 003.jpg今年のW杯は、スーパースターが活躍し、力のあるチームが順当に勝ち、おもしろい大会でしたネ。
今後ますます、我ら日本が勝つことは、難しいのかもしれません。
だけど、いつか、あの強豪国の中に混じってプレーする日本を見てみたいなと思うのであります。
4年後の南アフリカ、8年後の南米。
是非、ナマでW杯を感じてみたいものです。
はぁ、行きたいなぁ~



投稿者 宮原亜友子


とうとう買っちゃった・・・

(2006/06/22)

今年は5月からアメの日が多く、梅雨入りしたようなお天気が続き、とうとう梅雨本番!
アメは嫌いじゃないけど、続くとお洗濯物がたまっちゃうし、なんだかジメジメ家の中までするようで、
意外とやっかいだ。
掃除するのが大好きな私であるが、一つ触れられない場所があった。
開けると、ガックリするからだ。
ほんと、どう手をつけていいのかわからない。
開けると、・・・毎度のことながら、期待を裏切らない。

             image001.jpg

所狭しと詰められているのは、着物の数々。
実家から少しずつ送ってもらっていたんだけど、とうとうこのエリアが崩壊気味・・・
梅雨で着物がどうにかなっちゃう前に何とかしようと、一大プロジェクトの決行を決意。。。
とはいうものの、どうしよう。
まずはインターネットで検索開始。で、見つけた♪
長年買おうか、買うまいか、かなり迷ってたけど、いいや、買っちゃえ~
首をなが~くして待つこと2週間、とうとうやってきました!「桐たんす!!」

image002.jpg
急いで梱包をといて、まずはすりすり。
我が家へようこそ・・・
お次は、記念撮影でパチリ。
ひととおりの儀式を終えたところで、今度は移動。
しかし、これが重い(><)
image003.jpg


20キロ近くあり、隣の部屋まで引きずるにも、フローリングに傷がつく。
そこで、四方の隅にスリッパをかませ、ズルズルと押し、なんとも情けない格好。
ようやく定位置にはめ込み、完成!



image004.jpgひと仕事終えた満足そうな顔。しかし、どこかビミョウ~
そう、着物が全部入らず、もう1セットお買い上げしなければ、無理だな~と、計画をしっかり練らない
浅はかな私の顔である・・・
まあ、当分はこれでいっか。
適当な私の顔でもあった。。。



投稿者 宮原亜友子


ビーズ作り

(2006/05/19)

集中して遊びすぎたか、はたまた歳なのか、風邪を引いた。ここ10年こんな風邪を引いたことがないというほど、ひどい風邪だった。ベッドから起き上がることができず、寝ていると、3Dのような感覚が襲ってくる。うなされながら、もう死んでしまうかと思った。無理はしないほうがいい。結局、調子が戻らず、GWは寝GW。家で過ごすのも、結構好きな私。勉強したり、掃除したり、ビーズ作りをしたりと、なかなか充実した黄金週間だったような~・・・負け惜しみである。

01.jpg趣味の一つである「ビーズ作り」。最近は、月に1回ほど、ビーズ仲間と「ビーズ会」たるものをしている。ビーズの問屋街である浅草橋に材料を買い出しにいき、近所の友達の家で、お菓子を食べながら、黙々とビーズ作り。雑誌などを見て、イメージを膨らませながら、頭の中で組み立てていく。後は、糸にビーズを入れていくだけなのだが、それがなかなかうまくいかない。で~きたと思って、持ち上げると、ビーズの重みで留め金が外れて、ばーーっとばらばらに飛び散ったりする。これまた、掃除が大変。しかし、色のバランス、デザイン、どれをとっても考えるのは面白い。

02.jpg結局、GW期間中、3つほどを完成。GWが明け、どこにも行けず、ちょっぴり悲しんでいた私のもとに、友達から朗報が!かねてから行きたいと思っていたけど、なかなか予約が取れないお店の予約が取れたらしい。これは、行かねば。。神様ありがとう!

03.jpg広尾の天現寺にあるこのお店は、有名芸能人のお好み焼き店で、飛び込みではそう入れない。実際に、何組か断られていた。しかも、芸能人のお好み焼き店、昔からあるもんじゃ焼きのお店が並び、結構な鉄板焼き激戦区である。
噂のお店はどんなものかと、ワクワクしながら、GW中に作ったビーズをつけ、いざお店に向かうのであった。

投稿者 宮原亜友子