ガラス工芸体験                       舟橋明恵

(2008/05/29)

先日ガラスの“箸置き”が作れる体験教室に行って来ました。
以前からガラスが大好きで、綺麗なコップ等があると
すぐに購入してしまいます。
部屋にある置物はガラス製品ばっかり・・・。
吹きガラスなど、いつか体験してみたいと思っていました。

142901.jpg

今回体験したのは“パート・ド・ヴェール”という技法で作るもので、
粘土やワックスを原型にして石膏で型を作り、その中に
砕いた色ガラス糊を混ぜた物を詰めて焼くものです。
吹きガラスとは違い、熱く溶けたガラスを扱わないので
火傷や重たい・・・ということがなく、
ゆったりと制作する事が出来ました☆

141958.jpg

こちらは私が粘土で作った箸置きの原型です。
おたまじゃくしのようなものは八分音符。
もうひとつは・・・もっとおかしな事になっていますが、
ヘ音記号です。(ト音記号は難しそうなのでやめました。。)

142059.jpg

ガラスを詰めた所で今回は終了、次回は焼き上がったものを磨きます。
集中して何かを作り上げるのは、
感覚が研ぎ澄まされるようで大変有意義な時間を過ごしました♪
(何コレ?と言われそうな物を作っておきながら、
「研ぎ澄まされた」とは少々大袈裟ですが・・・)


投稿者 舟橋明恵