芸術の秋、満喫                       舟橋明恵

(2006/11/30)

先日、劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。
日テレ社屋から歩いて5分くらいの劇場で公演されています。
祝日ということも関係しているのか、遠方から観光バスでたくさんの観客達が
訪れていました。

「オペラ座の怪人」は、ニューヨークのブロードウェイで2回、映画で1度観ています。
今回は初めての“日本語”上演!
CDで聴いている曲とは雰囲気が違うようで、初めは馴染めませんでしたが・・・
このストーリーは本当に切ないので、結局すぐに引き込まれてしまいました。
私がNYで初めて観たときは、時差でヘトヘト、内容の勉強もしていないので、英語の細かい
ニュアンスが分からないという最悪な状況にもかかわらず、本当に感動して涙が溢れたものです。

今回一緒に行った友人は、オペラも劇団四季も初体験ということだったので、私がミュージカルで
一番感動した「オペラ座の怪人」を選びました。
友人は「初めてで難しいことは分からないけれど、片時も目を離せなかった!!」と感激している
様子でした。

私にとってこのお話は切ないラブストーリーで、ミュージカルでも映画でも、怪人はとてももの悲しげに
クリスティーヌを包み込んでいて、最後は怪人とハッピーエンドになって欲しいのに・・・
といつも思っていました。
しかし、今回のラウル役はとても爽やかでかっこよく、怪人がねばくていやらしい動きなので、最後、
悲恋に終わってしまうのも分かる気がしました(泣)


さて、初めて触れる芸術は、演目選びが大切ですよね!!
歌舞伎では難しい演目を最初に観てしまったので、2回目はいまだに企画出来ていません。

私は大学時代からオペラを観始めましたが、初めてオペラを観る方にお薦めしているのは、
プッチーニの
「ラ・ボエーム(La Boheme)」
「蝶々夫人(Madamebutterfly)」です。
ストーリーが分かりやすくて切なくて、曲もダイナミックで入りやすいと思います。

143126.jpg以前、メトロポリタン・オペラを観た時、演目を失敗し、勿体ないことに
ほとんど眠り続けてしまったことがあります。(何のオペラだったのかも、忘れてしまいました。。。)
とりあえず、入り口にズラリと並ぶリムジンや、フォーマルドレスの観客達という、独特の豪華な光景をしっかりと目に焼き付け、写真だけやたらに撮って帰ってきました。

皆さんはこの秋、どのような芸術に触れられましたか?
「オペラ座の怪人」
ミュージカル好きな方、そして映画のほうが好きな方、それぞれ賛否両論あるようですが、まだミュージカルに触れたことがないという方にも是非観て頂きたいです!


投稿者 舟橋明恵