春が来た!

(2019/03/18)

毎年この時期になると思うことですが...1年は、あっという間ですね。
日テレNEWS24のキャスターを担当するようになって、この4月で1年。
局アナ時代はあまり挑戦したことのなかった「実況」という分野の洗礼を受け、
伝えることの難しさを今更ながら痛感し、何度へこんだことか。
でもその一方で、一歩一歩学び進む楽しさを、久しぶりに体感した1年でもありました。
まさに、〝初心に返る吸収の年〟でした。 

そんな私の密かな楽しみは、スタジオの大画面で見る情報カメラからの景色!
「はぁ~生放送が終わったぁ~」とほっとして、ふと横の画面を見た瞬間...
不意打ちのその美しさに、衝撃を受けることがありました。
そんな時は、「ちょっとまった~!」とスマホを取りに席までダッシュし、
アングルや光が変わらないうちに、急いでカメラに納めます。

こちらが、私の情報カメラコレクション。
狙い目は、やはり日の出と日の入りの頃ですね!
雲が少ない日も綺麗なのですが、
厚めの雲の間から滲み出る光の色の美しさは、格別だなと思います。


201903191.jpeg


201903194.jpeg


201903192.jpeg


当たり前なのですが、同じ情報カメラから見る景色でも、毎日違っていて。
様々な表情を見せてくれます。

そして、時に出会う最高の景色には、その日の悩みや疲れすら吹き飛ばす力がある。

情報カメラからの景色を毎日撮りためたら、
写真集や絵はがきセットができそうですね。

お気に入りは、やはり初日の出!
今年の元旦は、ちょうど勤務だったので、
タイミングが合えば見られるかも!と、期待してはいましたが、
予想を遙かに超えるビューティフォー!な、見事な初日の出を拝むことができました。


201903195.jpeg


あ。これは、情報カメラからではなかった!
ヘリコプターからの生映像を流していたものです。

雲海の向こうから、ゆっくりと、堂々と上がってくる2019年の始まりを告げる光!
まぶしくて、神々しくて。富士山の真上に輝くと、宝石のようでした。

スタジオで見ていた私は思わず、画面に向かって一人合掌。
「ありがたや」とつぶやきました。

ニュースに触れ続けた1年で感じたことは、
「毎日、めまぐるしく世界は変わっている」ということでした。
4月からも、その流れに常に敏感に。しっかりと伝えていきたいと思います。

そして、情報カメラから教えてもらったこと。
一見、変わっていないような自分の日常も、1日1日少しずつ変化しているということ。
また、その中で、時にものすごく美しい景色にであえるということ。
そのハッとする瞬間を求めて、毎日の小さな変化を積み重ねるのかな...ということです。

年度末のこの季節は、1年を振り返る良いチャンスですね!
気持ちも新たに、来年度もどうぞよろしくお願い致します!!


201903196.jpeg

投稿者 神谷文乃


まだ、8年。

(2019/03/11)

「復興には、きっと...30年はかかると思います。
僕たちが復興するのに最低でも10年はかかりました。
東日本大震災は本当に広い範囲で被害にあってしまったから...」

この言葉は、震災当時、宮城県南三陸町にボランティアで来ていた方が
南三陸町立志津川中学校の当時の校長先生に伝えた言葉です。
何をもって復興とするのか、人によって違うと思うので一概には言えませんが、
ボランティアの方自身も阪神淡路大震災で被災した経験があり、
いてもたってもいられなくてボランティアで南三陸町に来たと話していました。
そして、この言葉を受けて、校長先生は取材で南三陸町に来ていた私に
「鈴木さん、30年後、どんな町になっているのか見に来て」と仰いました。


201903111.jpg


私は青森のテレビ局に在籍していた頃、アナウンサー兼記者として
東日本大震災では、青森や宮城など東北各地へ赴き、
自らカメラを回して番組を制作、ニュースで伝えてきました。
その時、現場で出会った方々とは今でも連絡を取り合うことがあり、
心の支えになっています。


201903112.jpg


校長先生が仰った「30年後」とは言わず、
この8年、震災を通して出会った人たちに会いに、
事あるごとに、南三陸町を訪れています。

学校の先生をしている友人が「南三陸に行きたい!」というので一緒に訪れたり、


201903113.jpg


復興支援自転車イベント「ツール・ド・東北」に参加する友人を応援しに行ったり、


201903114.jpg

201903115.jpg

201903116.jpg


先日は、震災の取材をしていた時に出会った、当時小学生だった子が
上京し働いていると連絡があり、彼女が働くレストランへ友人と行ってきました。


201903117.jpg


今は奨学金を貰いながら大学へ行き、アルバイトをしているということです。
皆さんと会った際に、震災のことを具体的に話すわけではありません。
ちょっとした世間話をしに、また、皆さんに会いに行きたいと思います。

投稿者 鈴木理香子


ニャンとまぁ!

(2019/03/04)

こんにちは、キャスターの土谷映未です。
次第に暖かい日も増えきて、春の予感がしてきましたね。
そんなポカポカ陽気の日に外を散歩していたら、見つけました!
...猫。
とは言え春夏秋冬いつでも猫は見掛けます。
ただ気のせいか、ここ数日は日向で寝転がっている猫が多くなってきたように
感じるのです。
私はそんな姿を見て、
「わかるよその気持ち...」といつも心の中で思っています。
日向ぼっこをしながらのお昼寝、これ以上ない至福のひとときです。
何を隠そう、私が一番幸せを感じるのはお昼寝なんですから。
特に、窓から射し込む日の光を浴びながら眠る昼下がりは、格別です。

さて、話はお昼寝にだいぶそれてしまいましたが、
以前、猫を飼っている友人の家に遊びに行きました。
長らく犬は飼っていましたが、猫に触れ合うのはこれがほとんど初めて。
最初は警戒心を持たれ、遠くからただ見つめられる状況でした。
これぞキャッツアイと言った、吸い込まれそうな瞳を見ながら、
様子を窺って数十分が経過。
あまりこちらから触ろうとせず努めて自然にしていたところ、
徐々に向こうから距離を詰めてきてくれました。
すると...


201903041.jpg


ニャンとまぁ!
こんなに身を委ねてくれるなんて、
こんなに気を許して甘えてくれるなんて、驚きでした。
私の撫で方こそぎこちない感じがしますが、もうとても仲良し。
日向で寝転ぶ姿を見ては自分と通じるものがあるなぁと思いつつ、
どこか近寄りがたいイメージがあった猫。
こうして近くで触れ合ってみると、何とも言えない親近感が湧いたのです。

ニャンとまぁ!愛くるしい寝顔。


201903042.jpg


間もなく春の到来。
暖かな日差しを浴びながら、一緒にお昼寝をしたい今日この頃です。


投稿者 土谷映未


釣りを通して

(2019/02/25)

今回は"釣り"について綴ります。
前回の日記でも、今後も様々なことにチャレンジし刺激を受けていきたいと、
締めくくっていました。

あれから3ヶ月。
有言実行。私は"ピラニア釣り"に挑戦していました。

もともと釣り好きではあります。

東京で開かれたピラニア釣りのイベントは、
擬似餌と本物の餌(生き餌)を使って2回体験できます。
1回のピラニア釣りの制限時間は3分。

釣りの開始とともに、
本物の餌を水の中に入れると・・・
餌をめがけてピラニアが力強く食らいついてきます。
その光景に目を見張りました。

そして3分の制限時間で3匹も釣れました!


201902251.jpg


水槽に3匹入れると、かなり活力があります。
この時点で、イベントで釣れたピラニアの数量は最多記録だったそうです。笑

イベントの担当者によると、
ピラニアは、実は臆病な性格だそうで、
単体で行動はせず群れで行動するとのこと。


201902252.jpg


獰猛な魚と思いきや、可愛いらしい一面もあると知り、
ピラニアへの恐怖心が和らぎました。
その後、私のプチ自慢として、
「アマゾン川から来日したピラニアを3匹釣った」と高らかに公言しています。


201502253.jpg


そんな私が先日、
前職場の同僚たちと三浦半島に海釣りに行ってきました。

久しぶりに海が見えた瞬間、
故郷を思い出し興奮しました。

ピラニアを釣って鼻が高くなっていた私は
普通の魚は簡単に釣れると侮っていました。

そして予想通り、釣りを始めてから10分たらずで、竿が揺れます。


201502254.jpg


リールを回しながら、針付近を見ると。
赤い魚・カサゴが見えます。

が・・釣り上げきれず。
姿は確認出来ましたが、途中で海の中に帰って行きました。

考えてみると、
場所や時間帯にもよりますが、
冬に釣れる魚は少ないとも聞いたこともありました。

しかし、しばらくすると、
周りにいる同僚たちが次々に魚を釣っていきます。
なかには、ウツボやカニも。

私の竿は、一向に揺れません。
ピラニア釣りで自信をつけただけに、鼻を折られた気分で悲しくなりました。

結果、1時間半で釣りを終えます。
私は一匹も釣れませんでした。

海の遠くを見つめながら、
『釣りの醍醐味は釣ることじゃない、時間の流れを楽しむことだ。』
と、心の中でつぶやき、
自分を過信するのは気を付けようと感じた久しぶりの磯釣りでした。


201902255.jpg

投稿者 名切万里菜


寒さに強い花

(2019/02/18)

みなさん、こんにちは。
まだまだ寒い日は続いていますが、暦の上では春ですね。

先日、桜の開花予想が発表され、3月が待ち遠しい今日この頃です。
春の桜もいいですが、冬の寒い日に凛と咲いている花にも惹かれます。

去年11月、冬の花である"パンジー"を購入しました。
最初は4輪ほどでしたが、


201902181.jpeg


毎日水をあげていると、1ヶ月ほどで
鉢から溢れんばかりにたくさんの花が咲きました!
あまりの嬉しさに、寒さも忘れてしばらく外で眺めていました。


201902182.jpeg


どんなに寒い日でも風が強い日でも力強く咲いている姿に、
私も寒さに負けずに頑張ろうと元気をもらっています。
そして育ててから3ヶ月経った今、枯れたものもありますが、
また蕾をいくつかつけました。


201902183.jpeg


新たな命を見つけるとすごく嬉しい気持ちになります!
この花が咲く日がとても楽しみで、毎朝パンジーを眺め「頑張れー」と
声をかけています。これからも大事に育てていきます!

投稿者 加田晶子