墜落か、情報錯綜…マレーシア航空機不明

墜落か、情報錯綜…マレーシア航空機不明

最新ニュース

墜落か、情報錯綜…マレーシア航空機不明

< 2014年3月8日 17:28 >


 8日、マレーシアのクアラルンプールから中国・北京に向かっていた239人乗りのマレーシア航空機が消息を絶った。救難当局などが、旅客機の行方を捜している。

 マレーシア航空などによると、消息を絶ったのはクアラルンプールから北京に向かっていた乗客・乗員239人乗りのマレーシア航空機、ボーイング777。旅客機は、現地時間午前0時40分頃にクアラルンプールを離陸、約2時間後にマレーシア東部コタバルの沖合220キロの南シナ海上で交信が途絶えたという。

 ロイター通信は、ベトナム国営メディアの情報として、旅客機は、ベトナムの南西にある「トーチュー島近くの海域に墜落した」と伝えているが、マレーシアの運輸相はこの情報を否定していて、救難当局などが情報収集と行方の捜索を急いでいる。

 マレーシア航空によると、旅客機には15の国と地域の乗客が搭乗している。中国人が153人と最も多く、北京の空港には、乗客の家族らが駆けつけた。乗客には日本人は含まれていないという。

注目ワード
北京 救難当局 旅客機 乗客 クアラルンプール

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2014.03.28 02:36
日本の衛星が漂流物発見 マレーシア機不明
2014.03.25 00:47
マレーシア首相「インド洋に墜落」の見方
2014.03.23 01:34
中国が「物体発見」と発表 航空機不明
2014.03.17 07:32
衛星データ提供を…各国大使に協力求める
2014.03.16 01:20
ナジブ首相、ハイジャックの可能性に言及

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告