積雪25センチ、都心で45年ぶりの大雪

積雪25センチ、都心で45年ぶりの大雪

最新ニュース

積雪25センチ、都心で45年ぶりの大雪

< 2014年2月8日 21:40 >


 発達中の低気圧の影響で首都圏を中心に大雪となっている。東京都心では8日午後9時までの積雪が25センチに達し、45年ぶりの記録的な大雪となった。

 気象庁の観測によると、急速に発達中の低気圧の影響で、首都圏を中心に大雪になり、夜になっても各地で雪が降り続いている。東京都心でも雪が降り続いていて、午後9時の積雪は25センチに達した。東京都心では30センチの積雪を記録した1969年以来、45年ぶりの記録的大雪になった。

 気象庁は13年ぶりに首都圏・1都3県のほぼ全域に大雪警報を発表した。午後9時の積雪は、神奈川・横浜市で16センチ、東京都心で25センチ、千葉市で30センチ、などとなっている。

 関東地方では、夜遅くにかけて強い風を伴った雪が降り続くもようで、引き続き警戒が必要となっている。

注目ワード
東京都心 首都圏 低気圧 気象庁 大雪警報

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2014.02.09 08:06
首都圏で45年ぶりの大雪 路面凍結に注意
2014.02.09 00:39
都心で積雪27センチ 45年ぶりの大雪
2014.02.08 18:09
16年ぶり積雪10センチ超 東京都心
2014.02.08 16:07
東京都心、16年ぶり積雪10センチ超える
2014.02.08 15:11
東海道新幹線、最大2時間遅れ(14時)

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告