東京~パリを2時間半 超音速旅客機開発へ

東京~パリを2時間半 超音速旅客機開発へ

最新ニュース

東京~パリを2時間半 超音速旅客機開発へ

< 2011年6月21日 8:14 >
ブックマーク この記事をはてなブックマークに追加 この記事をYahoo!ブックマークに登録 この記事をBuzzurlに登録 この記事をlivedoorクリップに登録 この記事をdel.icio.usに登録 この記事をtwitterでつぶやく

 ジェット機で12時間かかる東京とフランス・パリの間を2時間半で結ぶ超音速旅客機の開発計画を、航空機製造大手「エアバス」の親会社「EADS」が発表した。

 この旅客機は、50人から100人を乗せ、海藻から作ったバイオ燃料を使って離陸。途中からはロケットエンジンに切り替えて高度3万2000メートルを時速5000キロで飛行する。

 早ければ20年にも試作機を完成、50年頃の実用化を目指す、としている。

注目ワード
超音速旅客機開発 航空機製造大手 試作機 開発計画 実用化

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2011.01.02 08:40
ロシアで旅客機爆発、3人死亡 43人ケガ
2010.12.07 08:46
コンコルド墜落 コンチネンタル航空に有罪
2010.11.04 13:59
シンガポール発のカンタス機が緊急着陸
2009.09.13 13:57
高さ50mの空中で一流料理を 仏・パリ
2009.04.02 11:26
20年ぶりに新型旅客機を開発 ロシア

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告