東京電力、避難住民への補償金仮払いを開始

東京電力、避難住民への補償金仮払いを開始

最新ニュース

東京電力、避難住民への補償金仮払いを開始

< 2011年4月26日 15:41 >


 海江田経産相は26日の閣議後会見で、福島第一原子力発電所の事故で避難している住民に対する「東京電力」の補償金の仮払いが26日から始まったことを明らかにした。仮払い補償金は一世帯あたり100万円、単身世帯は75万円で、26日は112世帯の口座に振り込まれる。

 また、仮払いの対象となる約5万世帯のうち、25日夜までに約4700世帯の申請を受理し、1300世帯の事務処理が完了しているという。振り込みはほぼ連日行われる。

注目ワード
海江田経産相 仮払い補償金 補償金仮払い 原子力発電所 世帯あたり

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2011.05.04 17:57
東京電力社長 福島の避難所で住民に謝罪
2011.05.01 08:44
東電副社長、福島・飯舘村の村民に直接謝罪
2011.04.29 13:31
避難に向け、福島・飯舘村で住民説明会
2011.04.23 17:16
原発賠償、農林漁業など幅広く検討~経産相
2011.04.21 20:44
菅首相、避難住民に警戒区域への理解求める

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告