EVの二重ブレーキ設置、補助金を検討

EVの二重ブレーキ設置、補助金を検討

最新ニュース

EVの二重ブレーキ設置、補助金を検討

< 2011年1月27日 17:12 >


 安全対策が不十分とされる全国約70万台のエレベーターについて、国交省は、対策を進めるための補助金の必要性などを検討している。

 06年に起きた東京・港区のマンションで扉が開いたまま上昇したエレベーターに挟まれ、高校生が死亡した事故を受けて、国交省は09年9月から、新設するエレベーターに二重ブレーキをつけることを義務づけている。

 しかし、すでに設置されているエレベーターのうち、約70万台には二重ブレーキがないことから、国交省は27日、有識者やメーカーの担当者らを集め、対策を検討した。二重ブレーキの設置には約500万~約1000万円の費用がかかることから、会議では、設置を進めるための補助金の必要性についても意見を交わした。

 夏頃までには、対策についてとりまとめる方針。

注目ワード
国交省 エレベーター 必要性 補助金 港区

※「注目ワード」はシステムによって自動的に抽出されたものです。

【関連記事】
2011.01.07 21:36
遺族が馬淵国交相に要望 エレベーター事故
2010.10.20 14:18
年金型生保の二重課税、還付手続き開始
2010.10.01 16:11
生保二重課税 過去10年分まで還付へ
2010.07.06 18:10
年金型生保の二重課税は違法~最高裁
2010.03.27 00:07
5つの補助ダムに補助金交付へ~前原国交相

News24トップへ戻る

日テレ24最新ニュース

PR広告

スポンサー広告